三月のパンタシア、みあ初の長編小説の主題歌「夜行」をストレイテナー・ホリエアツシが書き下ろし

■三月のパンタシア、7thシングル「101 / 夜光」のジャケットアートワーク解禁!期間限定盤にはTVアニメ『魔法科高校の優等生』描き下ろしイラストを採用

三月のパンタシアの新曲「夜光」をストレイテナーのホリエアツシが書き下ろしていることがわかった。

「夜光」は、高校生ロックバンドをテーマに繊細な季節で揺れる少年少女を描いた、みあ初の長編小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』の主題歌。小説の登場人物たちに寄り添い、青くて熱い衝動的な思いを形にしたという楽曲は、エモーション溢れる夏のロックナンバーに仕上がっている。歌詞はホリエとみあが共作した。

「夜光」は、7月より放送が開始するTVアニメ『魔法科高校の優等生』のオープニングテーマ「101」との両A面シングル「101 / 夜行」として7月21日にリリース。このシングルのジャケット写真も解禁となった。

デジパック仕様の期間生産限定盤のジャケットには『魔法科高校の優等生』の描き下ろしイラストを使用。

オリジナルトールケース&スリーブケース仕様の初回生産限定盤には、『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』のサイドストーリー『パインアメは溶けきらない』を収載した歌詞ブックレットが付属する。

また、全形態にカップリング曲として『パインアメは溶けきらない』をテーマに制作した「パインドロップ」が収録される。こちらの楽曲の作詞はみあ、作曲・編曲はいよわが手がけた。

なお、本日6月19日に公開された『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』のプロモーションビデオでは、「夜行」の一部を聴くことができる。


リリース情報

2021.07.21 ON SALE
SINGLE「101 / 夜光」


書籍情報

小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』
著者:みあ(三月のパンタシア)
価格:1,400円(税抜)
発売:2021年7月19日
発売元:幻冬舎

【あらすじ】
高校3年生の5月、父の仕事の都合で隣町へと引っ越してきた心音。人付き合いが苦手で言葉がつっかえやすいことから、転入先でも孤独な日々を送っていた。ある日海辺で、亡き母が大好きだった曲「やさしさに包まれたなら」をギター片手にひとりで歌っていると、突然、男性から「俺と、歌ってくれんか!」と声をかけられる。慌てて逃げだした心音の前に、翌日、制服姿で現れた彼は、強引に心音の手をとって駆けだす。連れていかれた先は、彼がギターを務めるバンドの練習場で――!? 友情、初恋、家族、夢……。“言いたくても言えない”思春期特有の甘くて切ない気持ちを、瑞々しい筆致で描き切った、青春音楽グラフィティ。


小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた」特設サイト』
https://www.gentosha.co.jp/sayohana/

『魔法科高校の優等生』番組サイト
https://mahouka-yuutousei.jp/

三月のパンタシア OFFICIAL WEBSITE
http://www.phantasia.jp


小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』

[初回生産限定盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]

[期間生産限定盤/CD+DVD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人