映画『東京リベンジャーズ』キャラクターPV、第4弾はタケミチ(北村匠海)×マイキー(吉沢亮)×ドラケン(山田裕貴)!

■タケミチ(北村匠海)×マイキー(吉沢亮)×ドラケン(山田裕貴)の青春を映し出す新場面写真も解禁!

3月に累計発行部数1,000万部を突破したばかりにも関わらず、重版に重版を重ね累計発行部数2,000万部超!『週刊少年マガジン』で連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、人生にリベンジするため過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公・タケミチの姿、共に力を合わせ立ち向かう熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス『東京卍リベンジャーズ』。

その実写映画である『東京リベンジャーズ』が、7月9日に公開、2021年の夏を熱く盛り上げる。

そしてこのたび、劇中に登場するキャラクターたちの関係性を描いたPV第4弾として、主人公ぼタケミチ(北村匠海)と“東京卍會”(トーマン)無敵の総長・マイキー(吉沢亮)、熱き副総長・ドラケン(山田裕貴)の映像が解禁された。

フリーターとしてどん底の生活を送っていたタケミチは、人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)が事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘することになる。

10年前に戻ったタケミチは、ヒナタの死の原因がヤクザさえ恐れる一大巨悪組織“東京卍會”(トーマン)にあることを知り、トーマンを消滅させるため、総長であるマイキーとの接触を試みる。そして出会ったのは現代のトーマンを統べる男とは思えない、穏やかなマイキーと副総長のドラケン。ひょんなことから2人に気に入られたタケミチは一緒に行動を共にするようになり、あることで彼らと揉めたヒナタに手を上げない姿や、トーマンを熱い絆でまとめ上げ、仲間のために必死になる姿を目の当たりにすることで、タケミチの心は揺れ動く。なぜトーマンは一大巨悪組織となってしまったのか? マイキー、ドラケンとの熱い絆、そしてふたりとの出会いによってタケミチの運命がどう変化するのかは映画館で確かめよう。

またこのたび、タケミチ、マイキー、ドラケンの新規場面写真もあわせて解禁。マイキーが夢を語り、それを見つめ想いを馳せる、3人の青春を象徴するような1枚となっている。

今回が第4弾となる、劇中に登場するキャラクターたちの魅力に迫るPVは、7週連続、全7回AM7時に解禁予定(曜日は未定)。次は誰に注目した映像が解禁となるのか期待が高まる。


映画情報

『東京リベンジャーズ』
7月9日(金)全国公開
原作:和久井健「東京卍リベンジャーズ」(講談社「週刊少年マガジン」連載中)
監督:英勉
脚本:高橋泉
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」
配給:ワーナー・ブラザース映画
※「高橋泉」の「高」は、はしごだかが正式表記。
(C)和久井健/講談社  (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

■ストーリー
「これは、オレの人生のリベンジだ!」
ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女・ヒナタを救うため、熱い仲間と共に現在を変える!!
人生唯一の彼女だったヒナタが、事故に巻き込まれ命を落とした――。
不良だった高校までの絶頂期から一変、今はどん底生活を送るタケミチが、高校時代へタイムリープし、警察も手に負えない最凶の組織“東京卍會”へ潜入。
出会った熱い仲間たちと共に、彼らの暴走を止められるのか!?
ヒナタを救い、逃げ続けた人生を変えるタケミチのリベンジが今、始まる!


映画『東京リベンジャーズ』作品サイト
tokyo-revengers.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人