サンボマスター、自身初のホールツアー初日公演で新曲「ヒューマニティ!」を初披露

■「まさか朝の情報番組のテーマを担当することになるなんて、バンドやり始めた当時は思ってもみなかった」(サンボマスター)

新曲「ヒューマニティ!」(TBS系『ラヴィット!』テーマソング)を配信リリースしたばかりのサンボマスターが東京・千葉・栃木・大阪・愛知の5都市をめぐるホールツアー『サンボマスター 真 感謝祭 ~ホール&レスポンス~』を6月11日小山市立文化センター・大ホール(栃木県)からスタートした。

感染防止ガイドラインを遵守しソーシャルディスタンスを保ったうえで多くの人にサンボマスターのライブを届けたいという思いから、行われた今回のツアー。バンドにとってもホールツアーは初の試みとなる。

ライブは昨年発表された「忘れないで 忘れないで」よりスタート。感染予防対策から声を出せない中ではあるが、あっという間に会場のボルテージが高まっていく。大音量のライブを待ちわびていたバンドと観客が、その思いを楽曲ごとに確かめ合うようにライブは進んでいく。序盤のハイライトは「まさか朝の情報番組のテーマを担当することになるなんて、バンドやり始めた当時は思ってもみなかった。」と新曲「ヒューマニティ!」を披露。楽曲のもつメッセージ性をしっかりと受け止めながらバンドが紡ぎだす一音一音をかみしめるようにフロアは揺れた。さらに19年末に障がい者スポーツ普及啓発映像「Be The HERO」の為に書き下ろした楽曲「その景色を」も披露。立て続けての新曲披露に会場は大きくわいた。栃木県といえばベース近藤洋一の生まれ故郷ということで、ふるさとエピソードも交えながら、その後も最新楽曲を中心にライブを披露。「花束」では、声を出せない状況下での奇跡的な観客とバンドのコール&レスポンスが行われ、どんな状況下でもロックを鳴らすサンボマスターの面目躍如の一夜となった。

ぎっちりと詰まったライブハウスでの圧倒的な重量感のライブももちろん魅力だが、ホールだからこそ改めて体感できるサンボマスターの歌心と大音量サウンドに酔いしれた一夜であった。

サンボマスターは今後もホールツアー『サンボマスター 真 感謝祭 ~ホール&レスポンス~』を敢行。今後の精力的な活動に注目だ。

PHOTO BY 浜野カズシ


リリース情報

2021.06.09 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ヒューマニティ!」


『サンボマスター 真 感謝祭』特設サイト
https://www.sambomaster.com/special/20th/

サンボマスター OFFICIAL WEBSITE
http://www.sambomaster.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人