米津玄師、ニューシングル発売を記念して東京スカイツリー(R)が“Pale Blue”に!MV上映イベントも決定

■東京スカイツリー(R)は、米津玄師「Pale Blue」が主題歌に採用されているドラマ『リコカツ』ゆかりの場所

米津玄師が、6月16日にニューシングル「Pale Blue」をリリース。

これを記念して東京スカイツリー(R)の特別ライティング点灯が決定。加えて東京スカイツリー天望デッキ「SKYTREE ROUND THEATER(R)」にて「Pale Blue」のミュージックビデオが上映される。

「Pale Blue」はTBS系金曜ドラマ『リコカツ』の主題歌。東京スカイツリー(R)は、同ドラマの第1話で、その足元にある東京ソラマチで“咲”(北川景子)と“鉱一”(永山瑛太)が初めてデートし、鉱一からのプロポーズで結婚を決めたドラマゆかりの場所。

その後、ふたりは離婚という道を選ぶものの、6月11日に放送されたの第9話では、自分の心に嘘をつきすれ違いばかりだった咲と紘一がソラマチで再会。咲からのプロポーズにより互いの正直な想いを確かめ合った。そしてお互いの想いを届け合うふたりの姿に、主題歌の「Pale Blue」が鳴り響き、非常にドラマチックかつメモリアルな映像となった。

東京スカイツリーの特別ライティングは、6月12日、6月15日、6月22日の3日か限定で実施。19時15分から20時までの45分間、離れては近づくふたつの球体や、恋のトキメキを表現した繊細な点滅、ダブルレインボーなど、「Pale Blue」をイメージした淡く青い世界を堪能できる。

また、地上350メートルの東京スカイツリー天望デッキでは、6月1日から6月30日の平日の夜、窓ガラスを巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」において「Pale Blue」ミュージックビデオを上映。255度をぐるりと囲む超パノラマスクリーンに、夜景とともに映し出されるミュージックビデオは圧巻で、高音質のスピーカーにより、臨場感のある体験ができる。

『リコカツ』の“咲”と“紘一”を祝福するかのように、ペールブルー色に光る東京スカイツリーとミュージックビデオ上映を楽しめる機会をお見逃しなく。


イベント情報

米津玄師「Pale Blue」東京スカイツリー特別ライティング
点灯日時:
06/12(土)19:15~20:00
06/15(火)19:15~20:00
06/22(火)19:15~20:00

※新型コロナウイルス感染症の状況により、日程や内容などの変更が生じる可能性があります。

米津玄師「Pale Blue」MV上映 in SKYTREE ROUND THEATER
上映期間:06/14(月)~06/30(水)の平日のみ
上映時間:19:45~(約5分)
料金:無料

※天望デッキへの入場でご覧いただけます。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、日程や内容などの変更が生じる可能性があります。


リリース情報

2021.05.31 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Pale Blue」

2021.06.16 ON SALE
SINGLE「Pale Blue」


「Pale Blue」配信リンク
https://lnk.to/Pale_Blue

ドラマ『リコカツ』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

「Pale Blue」特設サイト
https://reissuerecords.net/paleblue/

米津玄師 OFFICIAL WEBSITE
http://reissuerecords.net/


(c)TBS

Illustration by 米津玄師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人