希代の才能・佐藤伸治について真摯に語るミュージシャンたち。『映画:フィッシュマンズ』新予告編解禁!

■原田郁子(クラムボン)、ハナレグミ、UA、YO-KING(真心ブラザーズ)、こだま和文、そして茂木欣一を始めとする、フィッシュマンズのオリジナルメンバーたち。豪華オールキャスト出演の予告編がついに完成!

今年デビュー30周年を迎えた孤高のバンド、FISHMANS(フィッシュマンズ)のドキュメンタリー映画『映画:フィッシュマンズ』が、7月9日より新宿バルト9、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開となる。

フィッシュマンズは1987年に結成され、1991年4月21日にシングル「ひこうき」でヴァージン・ジャパンよりメジャーデビュー。

楽曲のほぼすべての作詞・作曲を担当していたボーカル・佐藤伸治が1999年に急逝してから今年で22年。現在も活動を続け、音楽シーンに多大なる影響を与えており、海外での評価も高まっている。

本作は、2019年2月の『闘魂2019』のリハーサルから撮影を開始し、明治学院大学ソング・ライツ部室、渋谷La.mama、渋谷クラブクアトロ、三軒茶屋クロスロードスタジオ、VIVID SOUND STUDIO、日比谷野外音楽堂などメンバーのゆかりの地を訪れ、インタビューを敢行。今まで多くを語ることがなかった現・旧メンバーがカメラの前で当時のことを振り返り、貴重な話がライブシーンとともに織り交ぜられていく。

また関係者が大切に保管していた100本以上のVHSなどの素材をデジタイズ化した、本邦初の映像を多数収録。音楽ドキュメンタリーとしては異例の、172分におよぶ渾身の作品となっている。

監督は、近年、般若の音楽ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』で撮影監督を務め、映画のみならずコマーシャルフィルム、ミュージックビデオ、海外コンテンツなど多岐にわたるジャンルで演出・撮影を手がけている手嶋悠貴。本作にて、長編映画デビューを果たした。

公開1ヵ月前となる本日6月9日、デビュ―曲「ひこうき」のメロディにのせて、原田郁子(クラムボン)、ハナレグミ、UA、YO-KING(真心ブラザーズ)、こだま和文など豪華出演者たちとフィッシュマンズのメンバーが、佐藤伸治との出会いや人柄や才能について語るインタビュー映像が盛り込まれた予告が、ついに解禁となった。それぞれの心に宿っている佐藤伸治と過ごしたかけがえのない時間を感じられる内容になっている。

6月18日より、各上映劇場ならびにメイジャーにてムビチケカードの販売もスタート。当日一般2,500円のところ、ムビチケカードは2,000円にて提供される。

また、30周年を記念した「フィッシュマンズ」のタイアップや関連商品が、続々と登場。

ジャーナルスタンダード、CA4LAなどのファッションブランドと『映画:フィッシュマンズ』のタイアップの決定にとどまらず、5月26日には2枚組ライブCD『若いながらも歴史あり96.3.2@新宿LIQUID ROOm』リリースや、ele-king bookより「別冊エレキング『永遠のフィッシュマンズ』」が販売されており、ベストセラーとなっている。

今後も、6月17日にはイースト・プレスより『僕と魚のブルーズ 評伝フィッシュマンズ』の発売が決定しており、6月18日には、HMV限定にて「いかれたBaby」アナログ盤にムビチケがプラスされ発売がスタートする。6月28日には河出書房新社より『ロングシーズン増補版 佐藤伸治詩集』が出版を予定しており、また8月4日には『Chappie, Don’t Cry』『King Master George』『Neo Yankees’ Holiday』の3タイトルアナログ盤が180gの重量盤にて発売される。

国内外にて加熱するフィッシュマンズ愛。映画、音楽、出版にて、さらに多角的に拡散していくこと必至だ。


映画情報

『映画:フィッシュマンズ』
7月9日(金)より新宿バルト9、渋谷シネクイント他にて公開
出演:佐藤伸治
茂木欣一 小嶋謙介 柏原譲 HAKASE-SUN
HONZI 関口“dARTs”道生 木暮晋也 小宮山聖 ZAK
UA ハナレグミ YO-KING(真心ブラザーズ)
原田郁子(クラムボン) こだま和文

監督:手嶋悠貴
企画・製作:坂井利帆
配給:ACTV JAPAN/イハフィルムズ
(C)2021 THE FISHMANS MOVIE

■あらすじ
90年代の東京に、ただ純粋に音楽を追い求めた青年たちがいた。彼らの名前は、フィッシュマンズ。プライベートスタジオで制作された世田谷三部作、ライブ盤『98.12.28 男達の別れ』をはじめ、その作品は今も国内外で高く評価されている。
だが、その道のりは平坦ではなかった。セールスの不調。レコード会社移籍。相次ぐメンバー脱退。1999年、ボーカリスト佐藤伸治の突然の死……。
ひとり残された茂木欣一は、バンドを解散せずに佐藤の楽曲を鳴らし続ける道を選ぶ。その想いに仲間たちが共鳴し、活動再開。そして2019年、佐藤が世を去ってから20年目の春、フィッシュマンズはある特別な覚悟を持ってステージへと向かう――。過去の映像と現在のライブ映像、佐藤が遺した言葉とメンバー、関係者の証言を繋ぎ、デビュー30周年を迎えたフィッシュマンズの軌跡をたどる。


メイジャー
https://www.major-j.com

フィッシュマンズチャンネル【公式】FISHMANS OFFICIAL CHANNEL
https://www.youtube.com/channel/UCidxrkly1E665xDoTkaHNaw

『映画:フィッシュマンズ』作品サイト
https://fishmans-movie.com/

フィッシュマンズ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fishmans.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人