三月のパンタシア、7thシングル「101/夜光」&みあ初の長編小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』発売決定

■三月のパンタシア、7thシングルは『魔法科高校の優等生』OP曲「101」と、小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』主題歌「夜光」の両A面!「小説と楽曲あわせて、はやく届けたいです」

ボーカリスト“みあ”による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシアが、7月21日に両A面シングル「101/夜光」をリリースする。本日6月1日に開催されたメジャーデビュー5周年を記念したオンラインライブ『5th Anniversary Live もう一度、物語ははじまる』のライブ中に、みあの口から解禁された。

「101」(ヨミ:ワンオーワン)は、7月3日よりTOKYO MXほかにて放送開始となるTVアニメ『魔法科高校の優等生』のオープニングテーマ。三月のパンタシアとしては初めてタッグを組む、じん書き下ろしの楽曲になっており、逆風のなかでも、強く真っすぐに突き進む少女の姿を描いた、攻撃的なポップチューンに仕上がっている。

また、7月19日に、みあ初の長編小説の出版も決定した。タイトルは『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』。「音楽×小説×イラスト」を掛け合わせて活動してきた三月のパンタシア、みあだが、長編小説は初めての挑戦となる。

そして、この小説の主題歌「夜光」と「101」を表題曲とした7枚目となるシングルを7月21日に発売。夏に向けて加速する、三月のパンタシアの活動から目が離せない。

■みあ コメント
『魔法科高校の優等生』のオープニングテーマとして書き下ろした「101」。
三パシ史上、もっともクールで攻撃的な楽曲が完成しました。凛とした少女が秘める、溶け出すほど熱い想い。激しいサウンドに引っ張られるように、またのみこまれないように必死に叫びました。めちゃくちゃかっこいいです。
そして、初めての小説の出版。今からどきどきしています。
小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』は、高校生ロックバンドをひとつのテーマに、繊細に揺らめく季節のなかにいる少年少女が、葛藤したり苦しみながらも自分の未来を“選択”する、その姿を描きました。
その小説の主題歌となる「夜光」。歌詞も音づくりも、小説のキャラクターに寄り添い、青くて熱くて衝動的な思いをもとに制作したのですが、すさまじくエモーション溢れる曲が出来てしまいました……! 小説のタイトルに「さよなら」という言葉があるように、そんな情緒的な切なさも滲む、夏のロックナンバー。小説と楽曲あわせて、はやく届けたいです。
今年の三パシの夏、期待して待っていてください!


リリース情報

2021.07.21 ON SALE
SINGLE「101 / 夜光」


書籍情報

小説『さよならの空はあの青い花の輝きとよく似ていた』
著者:みあ(三月のパンタシア)
価格:1,400円(税抜)
発売:2021年7月19日
発売元:幻冬舎

【あらすじ】
高校3年生の5月、父の仕事の都合で隣町へと引っ越してきた心音。人付き合いが苦手で言葉がつっかえやすいことから、転入先でも孤独な日々を送っていた。ある日海辺で、亡き母が大好きだった曲「やさしさに包まれたなら」をギター片手にひとりで歌っていると、突然、男性から「俺と、歌ってくれんか!」と声をかけられる。慌てて逃げだした心音の前に、翌日、制服姿で現れた彼は、強引に心音の手をとって駆けだす。連れていかれた先は、彼がギターを務めるバンドの練習場で――!? 友情、初恋、家族、夢……。“言いたくても言えない”思春期特有の甘くて切ない気持ちを、瑞々しい筆致で描き切った、青春音楽グラフィティ。


『魔法科高校の優等生』番組サイト
https://mahouka-yuutousei.jp/

三月のパンタシア OFFICIAL WEBSITE
http://www.phantasia.jp


(C)2021 佐島 勤/森 夕/KADOKAWA/魔法科高校の優等生製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人