サザンオールスターズ、映画『稲村ジェーン』劇中歌「愛は花のように(Ole!)」ライブ映像公開

■サザンは、昨年末の『ほぼほぼ年越しライブ』で、実に24年ぶりに「愛は花のように(Ole!)」をライブ演奏!

6月25日に約30年越しにBlu-ray&DVDでリリースされる、桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』(1990年公開)。映画のリリースを記念して、その劇中歌として生まれた「愛は花のように(Ole!)」のサザンオールスターズによるライブ映像が、公式YouTubeチャンネルで公開された。
※「Ole!」の「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

「真夏の果実」や「希望の轍」といった、日本音楽史に刻まれた稀代の大名曲たちを生み出した、究極の音楽映画『稲村ジェーン』。桑田佳祐が監督・音楽を担当し、1990年に公開されるやたちまち全国で350万人を動員し、大ヒット作となった青春群像劇だ。1991年にレーザーディスク、VHSとして発売されて以降、一切パッケージ化されて来なかった幻の作品が、30年の時を経て待望のBlu-ray&DVD化! デジタルリマスタリングされ、サザンオールスターズのデビュー43周年記念日となる、2021年6月25日にリリースされる。

この映画のために数多くの楽曲が桑田により書き下ろされ、それをまとめた同名のサウンドトラックも大ヒットしたことからもわかるように、この映画では音楽が重要な役割を果たしている。特に名場面のひとつとして呼び声の高い、桑田自身が“盲目のシンガー”として出演し、歌唱するライブシーンで演奏されている劇中歌が、本日公開されたライブ映像でサザンオールスターズが披露している「愛は花のように(Ole!)」だ。

『稲村ジェーン』のBlu-ray&DVD化を記念して公開されたこのライブ映像は、昨年12月31日に無観客配信ライブの形で開催された『サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’ 〜皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!〜」supported by SOMPOグループ』のもの。

“音楽の聖地”横浜アリーナにて、6年ぶりに実施された、サザン恒例の「年越しライブ」ということで大きな話題を呼び、コロナ禍の困難な状況において、「音楽の力」「エンターテインメントの底力」を通して、医療従事者やエッセンシャルワーカーの皆さんをはじめ、ファンやスタッフ等関係者などすべての人に、感謝と労いの想いを届けたライブだ。

「愛は花のように(Ole!)」をライブで演奏したのは、1996年に開催されたサザンオールスターズのツアー『ザ・ガールズ 万座ビーチ』以来、実に24年ぶり。全編スペイン語の歌詞を情熱的に歌い上げる桑田とメンバーによるグルーヴィーな演奏が、無観客とは思えないほどの熱量を生み出した『ほぼほぼ年越しライブ』の中でも印象的なシーンだ。

完全生産限定版・通常版の共通特典として、映画のドキュメンタリー映像を含めた60分を超えるDISCが同梱されることも明らかに。『稲村ジェーン』にますます注目が集まっている。


リリース情報

2021.06.25 ON SALE
Blu-ray&DVD『稲村ジェーン』


Blu-ray&DVD『稲村ジェーン』特設サイト
https://special.southernallstars.jp/inamurajane/

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE
https://southernallstars.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人