LUNA SEA、東京ガーデンシアター3daysであらたな幕開けを宣言! 6月より結成30周年記念の全国ツアーも再開

■「僕ら、そしてみんなには音楽が必要。今決められたルールをしっかり守りながら、これからもしっかりと思いを共有していきましょう」(LUNA SEA・RYUICHI)

LUNA SEAが、1年間延期となっていた東京ガーデンシアター(有明)の振替公演を、5月28・29・30日の3日間にわたり有観客で開催。政府・自治体の指示・要請によるイベント開催ガイドラインを遵守し、感染防止対策を十分に行ったうえで、さらに途中換気のインターバルを設けた2部構成で行われた。

あらたに『THE DAWN』というサブタイトルを掲げ、またここから“あらたな幕開けを”という希望と願いが込められた本公演は、コロナ禍の影響で来場者にも様々な制限や感染防止対策への協力をお願いする中、メンバーとファンが熱い思いを通わせる素晴らしいライブが展開された。

第1部は最新アルバム『CROSS』収録曲を中心に、最新型のLUNA SEAを存分に披露。第2部では30周年の軌跡を辿るようなヒットメドレーで、圧倒的なLUNA SEAワールドを見せつけた。

アンコールでは、オーディエンスがブルーフィルムの貼られたスマートフォンライトを頭上にかざし、会場全体が青い光に包まれるなか、再びステージにメンバーが登場すると、RYUICHIから「世界中の医療従事者の方々、フロントワーカーの方々、エッセンシャルワーカーの方々が、日々今の僕らの生活を支えてくれています。そんな皆さんに、感謝の思いをしっかり届けたいと思います。思いをひとつに」との言葉に続き、昨年4月にコロナ禍の中制作された最新曲「Make a vow」が披露され、ライブ配信を通じて全世界に向け、感謝の思いを発信した。

約1年4ヵ月振りのツアー再開を告げた初日5月28日、バンド結成記念日を祝った5月29日、そして最終日となった5月30日の模様は、全世界にストリーミング生中継。また全国の映画館でライブビューイングも同時開催され、未だ緊急事態宣言が続くなか、やむを得ず来場することがかなわなかった全国のファンに対しても、それぞれの場所から参加できるよう配慮がなされ、会場と画面の向こうが熱くひとつに繋がった。

このストリーミング配信の模様は、6月2日23:59までの期間でアーカイブ視聴が可能だ。

そして、RYUICHIの「僕ら、そしてみんなには音楽が必要。今決められたルールをしっかり守りながら、これからもしっかりと思いを共有していきましょう」との言葉のとおり、2020年2月より延期・再延期となっていた結成30周年を記念した全国ツアー『LUNA SEA 30th Anniversary Tour 2020 -CROSS THE UNIVERSE-』も、6月12日の福岡公演より再開されることが決定。

未だコロナ禍の影響で不安定な情勢は続いているが、与えられたルールの中で、成功実績を一つひとつ積み上げ、LUNA SEAが希望あるエンターテイメントの未来を切り開いてくれることを大いに期待し、今後の活動にも注目しよう。

PHOTO BY 田辺佳子


配信情報

LUNA SEA 30th Anniversary
CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN-
05/28(金) 東京ガーデンシアター(有明)
05/29(土) 東京ガーデンシアター(有明)
05/30(日) 東京ガーデンシアター(有明)

※アーカイブ配信:6月2日(水)23:59まで

【配信チケットはこちら】
Streaming +
https://eplus.jp/lunasea-s/
ZAIKO(全世界対応)
https://lunasea.zaiko.io/e/THEDAWN


全国ツアーに関する詳細はこちら
https://www.lunasea.jp/news/LUN_news_crosstour2021

LUNA SEA OFFICIAL WEBSITE
https://www.lunasea.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人