『日比谷音楽祭2021』ついに開催!「きっと未来に希望が繋がっていくことを信じています」(亀田誠治)

■桜井和寿「Sign」、GLAY「誘惑」など計160曲を超える楽曲が披露された『日比谷音楽祭2021』。いきものがかりは、亀田誠治との共作曲「今日から、ここから」を熱唱!

5月29日・30日に『日比谷音楽祭2021』が開催された。今年は緊急事態宣言の延長を受け、有観客での開催を中止。無観客のオンライン生配信にて届けられた。

『日比谷音楽祭』は、音楽の新しい循環をみんなでつくる、フリーでボーダーレスな音楽祭として、2019年に初開催。初年度は2日間で延べ約10万人が日比谷公園に訪れ、昨年は新型コロナウイルスの影響により開催中止を決断。そして今年は、昨年の中止を経て、会場に来ることができない多くの方々とも、リアルタイムで音楽の喜びを共有したいという想いから、当初リアルとオンラインのハイブリッド開催を予定していたが、緊急事態宣言の延長を受け、公園内で予想される人流の増加や、未だ新型コロナウイルスの感染状況が芳しくないことを考慮し、無観客でのオンライン生配信による開催となった。

開会に先立ち、実行委員長を務める亀田誠治は「日比谷音楽祭は無料開催ということで、様々なアーティストと出会い、その中で新しいジャンルの音楽を取り込んで、気に入ったらそのアーティストを応援してもらえればと思います。そして、日比谷音楽祭をきっかけにお金の循環を作ってもらいたいと思っています」と、コロナ禍における音楽体験の重要性を語っていた。

今年の日比谷音楽祭は配信プラットフォーム「U-NEXT」によって、複数のチャンネルによる同時視聴が可能となり、桜井和寿やGLAY、Little Glee Monster、いきものがかりといった豪華アーティストによるステージライブを配信。桜井和寿「Sign」、GLAY「誘惑」、アイナ・ジ・エンド「金木犀」など、計160曲を越えるジャンルを超えた数々の名曲が披露された。

初日のHibiya Dream Session 1に登場したLittle Glee Monsterは、「この気持ちの良い最高のステージに立つことができてうれしい」と参加のよろこびをコメント。

この『日比谷音楽祭』をきっかけに、コロナ禍で亀田誠治と共作した新曲「今日から、ここから」をライブ初披露したいきものがかりは、「ここからスタートして、長く歌い継がれる曲になるといい」と思いを語った。

2日目のHibiya Dream Session 2に登場したアイナ・ジ・エンドは、コロナ禍で初めてのソロアルバムを亀田氏とともに制作していたと話し、ステージに立つうれしさをにじませた。

また、Session 2のトリを務めたGLAYは、「なかなか音楽活動がままならない状況が続いているが、たくさんの人に笑顔を届けたい」と意気込みを話した。

日比谷音楽祭を締めくくるHibiya Dream Session 3に登場した桜井和寿は、一昨年の『日比谷音楽祭』に出演したGAKU-MCから話を聞き、亀田誠治に『日比谷音楽祭』への出演を直訴したというエピソードを明かした。そして、このコロナ禍での音楽活動について「多くのミュージシャンは曲を制作したり、練習したりしているが、なかなか発表する機会がなく、苦労している」「大変なことやつらいことがたくさんあると思うが、これもきっと何か良い意味があるんじゃないかという発想を持って、続けていければいい」と話し、最後の曲「Sign」に多くのミュージシャンの想いを込めて歌った。

『日比谷音楽祭2021』は、ライブステージだけでなく、音楽体験ができるワークショップやトークショーも実施されるなど、まさにイベントのコンセプトである“親子孫3世代が楽しめる”様々なコンテンツが配信。2日間で延べ視聴者数15万人、総再生回数51万7,000回となり、終始大盛況のイベントとなった。

最後に、視聴者に向けてコメントを述べた実行委員長の亀田誠治は「きっと生の音楽を聴きたいと思っている方も多くいるはずですが、みんなが屈託なく楽しめる日が来るまで、もう少し我慢が必要です。今年の『日比谷音楽祭』の開催を通じて、きっと未来に希望が繋がっていくことを信じています」と、今後に向けた希望を語り、本イベントを締めくくった。


『日比谷音楽祭2021』イベントサイト
www.hibiyamusicfes.jp


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人