春ねむり、新曲「セブンス・ヘブン」MV完成! 渋谷パルコのビル館内で、縦横無尽にパフォーマンス

■春ねむり、新曲「セブンス・ヘブン」は、話題の映画『猿楽町で会いましょう』主題歌!

2021年1月に「bang」、3月に「祈りだけがある」と立て続けにリリースし、その創作意欲はコロナ禍でも変わらず、作品ごとにフレキシブルな創造性を披露している、春ねむり。

本日5月28日にリリースされた「セブンス・ヘブン」は映画『猿楽町で会いましょう』の主題歌として描き下ろされた楽曲。

楽曲の制作時期は2019年11月と、今年リリースされた2作よりも古く、2020年リリースの最新アルバム『LOVETHEISM』と同時期にレコーディングが行われている。

コロナウイルスの影響で、映画の公開がまるまる一年間ずれ込み、奇しくも、サビとなっている“ここが天国だって思った”というフレーズが、パンデミック後の今になって、全世界の人間に対しての共通の言語となり、コロナ以前と現在が繋がる作品となった。

「セブンス・ヘブン」のマスタリングは、もはや説明不要のトップマスタリングエンジニアである、スターリングサウンドのクリス・ゲーリンジャー。

今年で言えば、デュア・リパやセレーナ・ゴメス、リル・ナズ・ Xなど世界的な名作を手がけ、世に送り出してきた名エンジニアが、日本のインディーミュージシャンを手掛けるのは非常に稀なこととなる。

そして、同時に公開されたミュージックビデオは、渋谷の街と共存する、あらたなカルチャーの発信地「渋谷パルコ」にて撮影を敢行。2019年のリニューアルオープン後、渋谷パルコがビル館内全域を使ってミュージックビデオの撮影地となったのは、今回の春ねむりが初だ。

ミュージックビデオのディレクターは、Official髭男dism、フジファブリック、平井 堅など数多くの作品を手掛ける田辺秀伸。撮影は『リリイ・シュシュのすべて』や『リップヴァンウィンクルの花嫁』『花とアリス殺人事件』などで知られる神戸千木。没入感の強いカメラワークに、全編ワンカットに見えるシームレスな編集も見どころだ。

映画『猿楽町で会いましょう』は、6月4日より渋谷ホワイトシネクイント、シネ・リーブル池袋ほか、全国にて順次公開される。

そして、11月1日に行われるニューヨーク州ブルックリン公演を皮切りに、度重なる延期を強いられてきた、待望の北米ツアーを開催。春ねむりの話題はまだまだ尽きることがない。


リリース情報

2021.05.28 ON SALE
DIGITAL SINGLE「セブンス・ヘブン」


北米ツアーの詳細はこちら
https://www.bandsintown.com/a/15465086-haru-nemuri

映画『猿楽町で会いましょう』作品サイト
http://sarugakuchode.com

春ねむり OFFICIAL WEBSITE
http://ねむいっす.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人