『FFXIV ファンフェスティバル』がオンラインで開催! 初日はピアニスト・Keikoが登場

■『ファイナルファンタジーXIV デジタルファンフェスティバル 2021』Day1レポート

5月15日・16日の2日間にわたって、『ファイナルファンタジーXIV デジタルファンフェスティバル 2021』が開催された。

2013年のサービス開始以降、現在は累計プレイヤー数が2,200万人(※日本・北米・欧州・中国・韓国の5リージョンの累計アカウント数。フリートライアル版のアカウントを含む)を突破し、いまもなお全世界のゲームファンを魅了し続けているオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下『FFXIV』)。『FFXIV ファンフェスティバル』(以下、ファンフェス)は、2014年から開催されている同作最大のファンイベント。4回目となる今回は、これまでのリージョン別(日本/北米/欧州)でのリアルイベントとは異なり、世界中のプレイヤーが同時に参加できる初のオンライン形式での開催となった。

『FFXIV デジタルファンフェスティバル 2021』1日目のプログラムでは、2021年11月23日発売予定の拡張パッケージ『暁月のフィナーレ』の最新情報の発表や、『FFXIV』プレイヤーの俳優・神木隆之介が出演するトークイベントをはじめとしたステージプログラムを、すべて無料でストリーミング配信。また、プレイヤーがゲーム内で実際にプレイして楽しめるデジタルアクティビティも多数用意され、コメントのタイムラインには様々な国の言語が飛び交い、SNSには“FF14”というタイトルのみでなく、関連ワードが続々とトレンド入りを果たしていた。

イベント初日を締め括ったのは、『FFXIV』の人気楽曲を集めた公式アレンジアルバムにも参加しているピアニスト、Keikoによるピアノコンサートだ。スタート時間になると、『FFXIV』サウンドディレクターの祖堅正慶と、『FFXIV』グローバルコミュニティプロデューサーの室内俊夫がステージに登場。今回のファンフェスは、東京都に緊急事態宣言が発出されたことなどを鑑みて、無観客公演に急遽変更されたこともあり、無人の客席を前に「どうなるのか、楽しみ半分、緊張半分」と話す祖堅。そして、「今日はお祭りなので、コンサートといっても堅苦しい感じではなく、みんな好きなようにコメントをして盛り上がっていただきたい」と、ユーザーに呼びかけていた。

この日の演目は、『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』の楽曲であり、先日発売された公式アレンジアルバム『Scions & Sinners: FINAL FANTASY XIV 〜Arrangement Album〜』の収録曲をメインに構成。グランドピアノの前に座ったKeikoがまず披露したのは、「冥き水底 〜テンペスト:深部〜」。ゆったりと奏でられる美しい旋律が、瞬く間に視聴者を幻想的な世界に引きずり込んでいく。また、「目覚めの御使い 〜ティターニア討滅戦〜」や「忘却の此方 〜希望の園エデン:共鳴編〜」では、コンサート会場にはいないアメリカ在住のシンガー・Amanda Achenの歌声と歌唱映像をクロスフェードさせるという、オンラインならではの手法で視聴者を魅了した。

“お祭り”という言葉のとおり、様々な趣向を凝らした演目で楽しませてくれるのが、『FFXIVファンフェス』のコンサートだ。美麗な演奏が続いていくなか、突如、オタマトーンを持った祖堅が登場。舞台中央に用意されたマイクスタンドの前に立つと、始まったのは「シヴィライゼーションズ 〜ラケティカ大森林:昼〜」。本来、この曲は女性が主旋律を歌っていることもあり、男性が原曲キーで歌うのはかなり難しい。それなのにも関わらず、無謀にも高音を搾り出そうとする祖堅の歪な歌声と、彼が奏でる2台のオタマトーンが織りなす強烈なハーモニーは、良く言えばサイケデリック。そうでなければ、なんともカオスかつシュールな光景で、曲を終えて逃げるようにステージを去っていく彼の姿に、コメントのタイムラインは大盛り上がり。そんな様子を静かに見守っていたKeikoは、ポップな旋律が耳に残る「Pa-paya」を披露。身体を揺らしながら軽快にピアノを弾いていると、ニワトリのかぶりものをした祖堅に連れられて、ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みのキャラクター・チョコボ(※『FFXIV』ではアルファという名前をもつ)とモーグリが登場。軽やかな音色に合わせて、ひとりと2匹がダンスを繰り広げる、和やかなひと幕となった。

そんな笑顔の溢れるステージが、「砕けぬ思い 〜ハーデス討滅戦〜」で重厚な世界に一変する。めまぐるしい勢いで指を走らせていく圧倒的なスキルと、鬼気迫る熱量でもって、ラストまで一気に駆け抜けていく圧巻の演奏に、タイムラインには賛辞の声が流れていた。そして、Keikoが「もう一曲行くよ!」と叫ぶと、歓喜に沸くタイムライン。本編最後の曲として、『漆黒のヴィランズ』の代表曲のひとつである「Tomorrow and Tomorrow」が披露された。まばゆい光に照らされる中、Keikoの奏でる柔らかなピアノの音色と、Amandaの歌声と歌唱映像、そして涙なしでは語れないゲームの名シーンを見事に融合させたドラマチックな演奏と演出に、タイムラインは感動の声で溢れかえっていた。

流れ続けるアンコールの文字に応え、Keikoと祖堅の2人がステージに再び登場。「笑って終わるから安心して」と、最後は「ロングフォール 〜異界遺構 シルクス・ツイニング〜」を連弾することに。ちなみにこの曲は、祖堅を中心に結成されたFFXIVオフィシャルバンド、THE PRIMALSもアレンジ/カバーしていて、ミュージックビデオではダンスパフォーマンスを披露している。それを受けて「弾きながら踊ってくださるんですよね?」と、祖堅にKeikoが無茶振りをしていたのだが、開始早々、空いているほうの手で振りを披露し、ユーザーを喜ばせていた。息のあったコンビネーションで繰り広げられる躍動感たっぷりの演奏は、まさにフェスティバルという名にふさわしいパフォーマンス。ファンフェス初日は、そんなお祭りモードの賑やかな空気の中で幕を下ろしたのだった。

<セットリスト>
1. 冥き水底 ~テンペスト:深部~
2. 影なき影 ~創造機関 アナイダアカデミア~
3. 目覚めの御使い ~ティターニア討滅戦~
4. 忘却の此方 ~希望の園エデン:共鳴編~
5. シヴィライゼーションズ 〜ラケティカ大森林:昼〜
6. Pa-paya
7. 砕けぬ思い ~ハーデス討滅戦~
8. Tomorrow and Tomorrow
-アンコール-
9. ロングフォール ~異界遺構 シルクス・ツイニング~

TEXT BY 山口 哲生
PHOTO BY 築地孝典、大谷ZUN純一朗、千葉美珠々

■Keiko(Piano)コメント
無観客のコンサートって、現場の空気感がどうしても少しさみしくなってしまうことがあるんですよね。だけど、『FFXIV』チームの皆さんは、温かくて、現場も愛が溢れていますし、配信を観てくださっている方々のコメントを見ることもできて、会場にたくさんの方々がいるような気持ちで演奏できました。
いまは世界的に大変な状況ですが、『FFXIV』というゲームや、その音楽が、心の栄養になっていたらうれしいなと思います。
新しい発表もあって、冒険はまだまだ続いていくと思います。祖堅さんには長生きしていただいて(笑)、いい曲を作っていただきつつ、私はそれをピアノで表現できたらいいなと思います。
みなさんも健康で笑顔でお過ごしください!

■祖堅正慶(サウンドディレクター)コメント
演奏しているKeikoさんの感情と、それを聴きながら文字で会話をしている世界中の人たちの感情が、ひとつの画面に収まっている感じがしたところは、すごく新しい感覚があって面白かったです。Amanda Achenさんとも配信ならではの共演ができたと思いますが、演奏していたKeikoさんも、裏で頑張ってくれたテクニカルチームも大変だっただろうなと(苦笑)。
いまはパンデミックで大変なこともあるけれども、我々ゲーマーは、オンライン上でお祭りを楽しむことに慣れているし、得意な人たちだと思います。落ち着いたらまた世界をまわりたいですが、機会があればまたこういうイベントを開催するのも、ありなんじゃないかなと思いました。
あと、『暁月のフィナーレ』の作業はまだ全然進んでいないので、これから精一杯頑張りたいと思います……! Keikoさん、また力を貸してください!


リリース情報

2021.03.24 ON SALE
ALBUM『Scions & Sinners: FINAL FANTASY XIV ~Arrangement Album ~』

2021.08.31 ON SALE
LP BOX『FINAL FANTASY XIV Vinyl LP Box』


イベントサイト
https://fanfest.finalfantasyxiv.com/2021/jp/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人