噂の「MAISONdes(メゾンデ)」から、新曲「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」が本日公開

2021.05.19

■「MAISONdes(メゾンデ)」は、様々なアーティスト、クリエイターたちを、“どこかにある架空のアパート”の“入居者”に見立て、彼らをフィーチャリングした楽曲を次々と発表!

今年2月に突如YouTubeチャンネルが立ち上がり、yamaや泣き虫▼、くじらやさとうもか、堂村璃羽や、ヒップホップシーンからも変態紳士クラブのGeGなど、音楽シーンを牽引するアーティスト、クリエイターたちを、自身のコンセプトである“どこかにある架空のアパート”の“入居者”と見立て、次々に彼らをフィーチャリングした楽曲を連続して発表している「MAISONdes(メゾンデ)」。
※「泣き虫▼」の「▼」は傘マークが正式表記

最新作として、TikTokで1億回以上の再生回数を記録し、LINE MUSICやSpotifyバイラルチャートなど、サブスクのランキングを席捲する和ぬかと、大阪在住で『十代白書2020』でグランプリを獲得したシンガーソングライター、asmiをフィーチャリングした「ヨワネハキ」を、本日5月19日に配信リリース。ミュージックビデオも公開された。

「MAISONdes」はどこかにあるアパートであるということ、それぞれの部屋は六畳半のつくりになっていて、各部屋の住人の歌を様々なアーティスト、クリエイターとコラボレーションによって表現することのみが明かされているが、その他の全貌は未だ明らかにされていない。

101号室の歌として「Hello/Hello feat. yama, 泣き虫▼」、310号室の歌として「For ten minutes, for a hundred yen feat. さとうもか, くじら」、000号室の歌として「本当は夜の端まで、 feat. おおお, くじら」、301号室の歌として「いえない feat. 堂村璃羽, 301, GeG」と、立て続けに楽曲を発表してきたMASIONdesの“新しい部屋”は102号室。

作詞・作曲は和ぬかが手がけ、asmiのボーカルにあわせて和ぬかがコーラスも務めている。アレンジは、ずっと真夜中でいいのに。のアレンジの他、ボカロPとしても活躍する100回嘔吐が担当。

そして、楽曲のイメージをつかさどるイラストは、これまでの作品に引き続きNAKAKI PANTZが手がけた。

SNSで様々なユーザーから「豪華すぎ」「ハズレがない」と称されるアーティストが次々と参加するMAISONdes。引き続き注目したい。


リリース情報

2021.05.19 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」


「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」配信リンク
https://smr.lnk.to/yowanehakiWN

MAISONdes オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCgRgH7nHGEV7q0QrtIuWoUA

MAISONdes 公式Twiiter(@MAISONdes_6half)
https://twitter.com/MAISONdes_6half

MAISONdes 公式Instagram(@maisondes_6half)
https://www.instagram.com/maisondes_6half

和ぬか 公式Twitter(@wanuka__)
https://twitter.com/wanuka__

和ぬか 公式Instagram(@wanuka__)
https://www.instagram.com/wanuka__/

asmi 公式Twitter(@asmi__official)
https://twitter.com/asmi__official

asmi 公式Instagram(@asmi__official)
https://www.instagram.com/asmi__official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人