彼らの何が海外に訴求するのか? MORISAKI WIN&和楽器バンド(WGB)、NHK『SONGS OF TOKYO』に降臨!

■MORISAKI WINは、混乱が続く母国・ミャンマーへの想いをコメント!

日本の最新音楽を世界に発信する音楽番組『SONGS OF TOKYO』に、2021年の要注目アーティスト、MORISAKI WINと和楽器バンド(WGB)が登場。話題の楽曲を世界に向けて初披露する。

ミャンマー出身のMORISAKI WINは、俳優・森崎ウィンとしてスピルバーグ監督の映画で主要キャストを熱演して注目を集め、昨年は映画『蜜蜂と遠雷』で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。さらに主演作『本気のしるし 劇場版』がカンヌ映画祭に選出されるなど、役者としてスターダムを駆け上ってきた。そんななか、昨年、ソロ歌手としてメジャーデビュー。配信チャート1位の快挙を達成し、間もなく発表される1stアルバムに期待が高まっている。

一方の和楽器バンドは、今年4月、日本のゴールデンタイムのドラマ主題歌が話題に。しかし、アーティスト名は“WGB”。それって誰? と話題になっていたが、実は和楽器バンドが名前を隠して演奏していたのだ。今年発表のアニメ主題歌も最速で100万回再生を達成。日本の伝統楽器をフィーチャーしたサウンドが、いまデビュー8年目で完成度を増し、快進撃を続けている。

番組では2組に夢中になっている世界中のファンたちが登場。それぞれのアーティストの何が海外に訴求するのか? 独自の視点で2組の魅力を熱く語る。

そんなインターナショナルファンの熱い思いを受けて、スタジオトークでは、ホストの村上信五とホラン千秋が、2組のキャラに鋭く迫っていく。

さらにパフォーマンスでは、それぞれが話題の楽曲を披露。MORISAKI WINは現在世界中が心配している母国ミャンマーへの想いを語り、故郷への思いを歌詞に込めた最新曲をTV初歌唱。そして和楽器バンドは注目のドラマ主題歌とアニメ主題歌をTV初披露。世界でも注目度急上昇中の2組のアーティストの魅力に迫る『SONGS OF TOKYO』。必見だ。


番組情報

『SONGS OF TOKYO』第22回
◇NHKワールド JAPAN

05/24(月)00:10〜00:38/05:10〜/12:30〜/18:30〜
※放送同時ストリーミングでも見られます
◇NHK総合
05/29(日)23:10〜23:38

<出演ゲスト&楽曲>
MORISAKI WIN「パレード -PARADE」 「Love in the stars -星が巡り逢う夜に-」
WGB(和楽器バンド)「Starlight」 「生命のアリア」

Host:村上信五
Co-Host:ホラン千秋


『SONGS OF TOKYO』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/songsoftokyo/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人