得意技はカカト落とし!プロレス本格参戦のSKE48・荒井優希が、デビュー戦に向けて練習を公開

■「無観客はすごくさびしいですけど、画面の向こうで見てる皆さんに伝わるように、精いっぱいリングに立ちたいと思います」(SKE48・荒井優希)

東京女子プロレスに本格参戦し、5月4日にデビュー戦を迎えるSKE48の荒井優希が本日4月28日、東京・御茶ノ水道場で公開練習を行い、上々の仕上がり具合を披露した。

公開練習には、トレーニングパートナーの山下実優選手、今回アイドルタッグを組むアップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩選手が参加。荒井は山下選手が抱えるミットめがけて、得意技のカカト落としを何度も試し、ボディスラム、ロープワークからショルダータックルをくらった際の受け身などを入念に確認した。

本格デビュー戦は東京都に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、無観客試合となり、インターネットテレビ局「ABEMA」、動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」(英語実況)による生配信が実施されることに。

荒井は「無観客はすごくさびしい。『観に行くよ』って声もたくさんいただいていたので。そんな皆さんが近くにいないのはさびしいんですけど、配信があって大会が開催されるので、そのことに感謝して。画面の向こうで見てる皆さんに伝わるように、精いっぱいリングに立ちたいと思います」とコメント。

荒井の仕上がり具合について、山下選手は「受け身も少しずつ取れるようになって。カカト落としもありますし、当日までしっかり仕上げていければいいなと思います。まだやれることは多くないのですが、無観客でも画面の向こうの皆さんに伝わるようにって、強い気持ちが本人にはあるので、それが伝わればいいなっていうのはあります」話した。

名古屋を拠点にアイドル活動をしているため、毎日都内の道場で練習ができているわけではないが、地元にいるときはジムワークや、自宅で筋トレや倒立に励んでいるという荒井。

「練習がしんどいというより、名古屋と東京を行ったり来たりで、練習する時間がないことっで焦っていて。限られたなかでの活動になっているので、どれくらいの力を出せるのかって」と、やや不安な気持ちを吐露した。

そんな荒井だが、山下選手は「カカト落としもそうですし、エルボーも当て感がすごい。気持ちも強い。限られた練習でも、濃い練習をしてると思います。それでも本人は足りないって思えるストイックさもあるので」と太鼓判。

渡辺選手も「アイドルとして、苦しい顔とか見せにくい部分もあると思うんですけど。そのキラキラではなく、泥臭さというか。頑張る姿とか、実際に人にエルボーを当てるとか、萎縮しちゃうかなって思ってたんですけど、練習してみて、全然そんなことはなくて。本当にプロレスラーとして生きていくんだなっていうのを感じました」とコメントした。

4月21日の記者会見では、対戦相手の伊藤麻希選手から「まだ荒井優希というプロレスラーに、さほど興味は持っていない。いまいちワクワクしていない。現状“SKE48の肩書きに救われてるだけのヤツ”にしか思えない」と辛らつな言葉を投げかけられた。

荒井は「アイドルしてるときなら絶対言われないことだから動揺しました。ファンの方も『悔しいね』って、言ってたから。みんなの気持ちを背負ってリングに立たないといけないなっていうので、すごく燃えています。技とかプロレスの技術ではすごく劣ってると思うので、自分にできることは気持ちで思いっきりぶつかりたいです」と話し、「(伊藤選手と遠藤有栖選手と)どっちを狙いにいくか?」との問いには、「あれだけ言われたので伊藤さんです」とキッパリと言い切った。

(C)東京女子プロレス


東京女子プロレス OFFICIAL WEBSITE
https://www.ddtpro.com/tjpw

SKE48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.ske48.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人