RADWIMPS feat.菅田将暉による主題歌「うたかた歌」の音源が使用された、映画『キネマの神様』最新予告映像公開!

■「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田(将暉)さんと野田(洋次郎)さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」(プロデューサー談)

松竹キネマ合名社の設立、そして数々の名作を創り出した蒲田撮影所の開所を迎えた1920年から、日本映画史を飾る傑作、ヒット作の製作、配給、興行を続け、2020年、松竹映画が100周年を迎えた。

映画『キネマの神様』(8月6日ロードショー)は、そんな松竹映画100周年を記念した作品。監督は、日本映画界を代表する山田洋次、原作はこれまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる『キネマの神様』。

ダブル主演を務めるのは、故・志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と、誰もがその人気と実力を認める俳優・菅田将暉。さらに、日本を代表する名女優・宮本信子、若手人気女優・永野芽郁ら、記念すべき作品にふさわしい豪華キャスト陣が集結した。

2020年3月1日のクランクイン以降、W主演予定だった志村けんの突然の逝去、緊急事態宣言による撮影の長期中断、そして二度の公開延期…と次々と困難が降りかかったが、作品を届けたいと願うすべての人の想いが込められた本作がついに完成し、8月6日に公開を迎える。

さらに先日、映画劇中の撮影所で働く盟友として熱い絆を結んだ、菅田将暉と野田洋次郎が“RADWIMPS feat.菅田将暉”として初タッグを組み、本作の主題歌「うたかた歌(うた)」を歌唱することが発表。ファンのみならず、その歌声を待ち望む多くの人からの期待の声が寄せられた。

そしてこのたび、ついに主題歌「うたかた歌」入りの最新予告映像が初解禁された。

野田が作詞作曲、菅田がゲストボーカルを務め、劇中のゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている本楽曲。元々は主題歌を意識して制作された楽曲ではなく、野田が作品への愛情とリスペクトを込めて「監督にこのデモをお渡しください」と贈ったものだったという。

野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、主題歌に決定。

彼らの強い想いが詰まった「うたかた歌」の音源入りの最新予告映像では、野田と菅田が切なくも力強く歌い上げるノスタルジックなメロディにのせられて、かつて恋に胸焦がれたゴウと淑子の過去から、夫婦となった現在にかけて築かれていくゴウと淑子の深い愛が映し出されている。

映画への夢を諦め、迷惑ばかりかけて後悔しているゴウと、いつもそばで支え、真摯にゴウを愛し続ける淑子。壊れかけた家族の関係も、諦めてしまった夢も、何度だってやり直せる――。様々な困難が降りかかっても決して諦めず、多くの人の想いが繋がり、完成した本作とも重なるように、“映画の神様”を信じ続けたゴウや淑子、その家族や友人たちに、いったいどんな奇跡が待ち受けているのか。

「あの世界が、音としてもこの世にずっと残っていってほしい」という野田の願いが込められた主題歌は、今回の予告の他、映画のエンドロールでも流れるとのこと。撮影の中で生まれた言葉の断片が散りばめられ、映画の登場人物たち、そして志村けんの顔が自然と浮かび、彼らへの想いを馳せながら温かく包まれるような、哀愁と希望に満ち溢れたこの曲を聴きながらのエンドロールは、しみじみと心打たれること間違いないだろう。

“映画”を愛し続け、挫折を味わいながらも夢を追いかけたゴウが、時代を越えて織り成す青春と家族のありようが描かれる『キネマ の神様』。その温かな物語が、2021年8月6日、日本中を夢と感動に包み込む。


映画情報

『キネマの神様』
8月6日(金)ロードショー
監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
出演:沢田研二 菅田将暉
永野芽郁 野田洋次郎 / 北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
主題歌:「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)
配給:松竹
(C)2021「キネマの神様」製作委員会

【STORY】
ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たったひとつだけ愛し
てやまないものがあった。それは「映画」――。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて撮影所で働く仲間だった。若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、また撮影所近くの食堂の娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら、夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。しかしゴウは、初監督作品『キネマの神様』の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。あれから約50年。あの日の『キネマの神様』の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。

これは、”映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる、愛と友情、そして家族の物語。


映画『キネマの神様』作品サイト
https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人