映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』予告編公開! アーティストではなく、ひとりの青年としてジェジュンは何を語るのか?

■予告編には、「過去に活動したグループ」にまつわる今の気持ちを聞かれたジェジュンの表情も!

ジェジュンの真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』の公開日が、7月2日に決定した。

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(原題:『ON THE ROAD an artist’s journey』)は、2004年のデビュー以来、母国・韓国のみならず日本でも圧倒的な人気を誇り、今もトップランナーとして走り続けるアーティスト、ジェジュンが、まっさらなひとりの青年として、その真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画。

『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』の奇才、イ・ジェハンが監督を務め、『梨泰院クラス』を手がけたパク・ソンイルが音楽を担当したことでも注目されるこの作品の日本での公開が、世界で最も早い7月2日に決定した。

さらに、どのような映画となるのか。その手がかりとなるポスタービジュアルと予告編映像も本日解禁となった。

ポスタービジュアルは、ジェジュンが悩んだときに訪れるという草原の中で、華やかなアーティストとしての姿から離れ、自然と一体化するようにたたずむひとりの青年ジェジュンを映し出した、映画を象徴する美しい瞬間をとらえたもの。「彼はどこから来て、どこへ向かっているのか?」というキャッチコピーが示すとおり、ジェジュンの内に秘めた深い想いをも感じさせるポスターとなった。

また、予告編映像では、コンサートや稽古風景から始まり、イ・ジェハン監督を助手席に、自分で車を運転して地元を訪れ笑顔ではしゃぐ様子や、自分の部屋での創作の様子、プライベートについてジェジュン自身の飾らない言葉で語るインタビューの様子などが映し出される。

「心の中の監獄に自分を閉じ込めています」と語る、今まで見せたことのないジェジュンの苦悩や、特に「過去に活動したグループ」にまつわる今の気持ちを聞かれたときのジェジュンの表情など、胸を締め付けられるショットをも切り取った予告編映像となっている。

そして、映画の主題歌はジェジュン自身が作詞・作曲した新曲「We’re」。予告編映像でも、その日本語歌詞ver.が使用され、美しい風景と相まって映画の世界を彩っている。

カメラが映し出したもの―それは、アーティストを超えて初めて見せる、ジェジュンというひとりの人間としての等身大の飾らない姿。ファンならずとも感動を覚えるドキュメンタリー映画となった。この夏いちばんの話題作になることは間違いない。

■数量限定「クリアマルチケース」付きムビチケカード/Loppi限定グッズ付きムビチケコンビニ券
ムビチケカード(前売券)は、2021年4月30日より販売を開始。先着購入特典として「クリアマルチケース」が付く(数量限定)。

他、同日10時よりローソン・ミニストップの店頭にあるマルチメディア端末Loppiにて販売開始となるムビチケコンビニ券(前売券)には、Loppi限定「ジグソーパズル」の引換券付きも。

商品の詳細や購入方法に関しては、映画のオフィシャルサイトをチェックしよう。


映画情報

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』
7月2日(金) ユナイテッド・シネマ豊洲、新宿ピカデリー他にて公開
原題:『ON THE ROAD an artist’s journey』
監督:イ・ジェハン(『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』)
音楽:パク・ソンイル(『梨泰院クラス』)
出演:ジェジュン ほか
上映時間:113分(予定)
配給:ローソンエンタテインメント
(C)STORY WORKS


映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』作品サイト
https://jaefans.com/

ジェジュン OFFICIAL WEBSITE
https://jaefans.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人