豪華コラボも実現!『Creepy Nuts ANN0』番組イベント『日本語ラップ紹介ライブ』が大盛況で幕

■イベントにはRHYMESTER、般若、LibeRtyDoggsがゲスト出演!「Creepy Nutsは公の場で“RHYMESTERに影響を受けた”と話してくれるから良い」(RHYMESTER)

2018年4月にスタートしたニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)』の番組イベント『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 presents 日本語ラップ紹介ライブ in日比谷野音』が本日4月24日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催された。

イベントにはホストのCreepy Nutsのほか、ゲストとしてRHYMESTER、般若、LibeRtyDoggsが出演。Creepy Nutsはライブパフォーマンスはもちろん、トークでも会場を盛り上げ、集まったリスナーやヒップホップファンを熱狂させた。

イベントは、若き漫才師の気持ちを綴ったCreepy Nutsの「板の上の魔物」という、否が応でもテンション上がる楽曲からスタート。集まったリスナーは声は出さずに手拍子と体を大きく揺らすことで、盛り上がりを表現する。「声は出せないけど、手を挙げたり飛び跳ねるのは“合法”らしいぞ!」というR-指定の煽りで始まった2曲目は「合法的トビ方ノススメ」。それに応えるように、リスナーの熱量も絶好調。「飛び跳ねろ!」という煽りに合わせて全力でジャンプするなど、会場を揺らしてみせた。

このイベントのタイトルになっている「日本語ラップ紹介」とは、『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)』内の1コーナー「日本語ラップ紹介のコーナー」から付けられたもの。番組では曲を流すだけだが、この日は実際に本人がステージに登場し、楽曲を披露した。

ここからR-指定の日本語ラップ紹介へ。「見た目も音楽的にもヤンチャ、なのに人懐っこい。それが彼らの魅力」というR-指定の紹介で登場したのは、LibeRtyDoggs。神奈川県大船市を拠点に活動するヒップホップクルーだ。彼らは「LIBERTY SIDE」、「Rolling stoners」、そして番組でも紹介された「柄悪いけど」の3曲をパフォーマンス。

ラジオでR-指定が語った「“柄悪いけどいいやつら”っていうサビが1回聞いたら頭から離れません」というコメントとおり、会場に集まったリスナーもこのフレーズには手を上下に振り、LibeRty Doggsの奏でる楽曲に夢中になっていた。

LibeRtyDoggsのステージが終わると「LibeRtyDoggsありがとうございました!」とCreepy Nutsがステージに再び登場。2組はこの日が初対面だということだが、LibeRtyDoggsから「高校生ラップ選手権で実は会っていた」という貴重なエピソードが明かされ、リスナーだけでなくCreepy Nutsをも驚かせるひと幕があった。この日のステージで“柄悪いけどいいやつら”という認識を得たLibeRtyDoggsは「ありがとうございました!」とていねいに挨拶し、ステージを下りて行った。

続いては、 Creepy Nutsの大先輩である般若のステージ。 Creepy Nutsは初めて野音のステージに立ったのは、般若のライブでのゲスト出演だったということを回顧し、「ついに僕たちが般若さんを野音に呼ぶことができた」と感慨深げ。

般若は「INTRO」「あの頃じゃねえ」というドラマティックな楽曲や、今年1月にリリースした、記念すべき新レーベル立ち上げの第1弾作品「覚えてる」、母親への想いを熱く歌った「シングルマザー」など、ソウルフルで体だけでなく、胸震わせる楽曲を次々と披露した。

そして、「たちがわるい feat. R-指定」では、R-指定との豪華コラボレーションが実現。それまでの曲調で包み込んだ会場の雰囲気が一変し、ファニーでクセのある歌詞にリスナーたちはノリノリで応えていた。また、MCでもその“般若節”は健在。会場の爆笑を誘っていた。

最後のゲストパートで登場したのは、RHYMESTER。DJ松永がヒップホップを始めるきっかけとなったアーティストであり、Creepy Nutsに様々な影響を与えたアーティストでもある。

RHYMESTERは、日が暮れ夕闇に包まれた野音にぴったりな楽曲「Future Is Born」でステージをスタート。ライトもクラブを彷彿とさせるような色とりどりにライトアップされ、一気にRHYMESTERの色へと染まっていき、そのまま会場全体で盛り上がれるパーティーチューン「Back&Forth」へと続いていく。

RHYMESTERは観客の前でライブをするのは、1年以上ぶりだと話し、「Creepy Nutsは公の場で“RHYMESTERに影響を受けた”と話してくれるから良い。他の人は公に話してくれない」といった話題でMCコーナーを盛り上げた。

そんな勢いを残したまま続く3曲目は「K.U.F.U」。こちらもライブを盛り上げるブチアゲ曲だ。曲間に絶えず「ジャンプ!」「手を挙げろ!」という煽りを入れ、ステージ全体を歩き回って、リスナー一人ひとりをRHYMESTERの世界に惹き込んでいた。

そして最後に、代表曲「ONCE AGAIN」をCreepy Nutsとコラボレーション。

このサプライズに、会場に集まったリスナーは大興奮。宇多丸もこのコラボに感激し、曲が終わるとR-指定に対し、「文脈を踏まえまくっている! “文脈魔”」という異名を与えた。

DJ松永もリハーサルでは見せなかったパフォーマンスを見せ、それに対しても「ニクい演出」と称賛し、Creepy Nutsは「エモいことをしたかった」「うまくいった」とニヤケ顔が抑えきれない様子だった。

そしていよいよ、Creepy Nutsのステージへ。「時間が許すまで楽しんでいきましょう!」というR-指定の掛け声で始まったのは、「よふかしのうた」。会場を包む夕闇に合わせ、ステージの色もナイトカラーに染まり、DJ松永の超絶テクニックと、R-指定の巧みなラップにリスナーは酔いしれる。

続くは、『R-1グランプリ2021』のテーマソングとなった「バレる!」。「今日、LibeRtyDoggsの存在が世間にバレてしまった!」というマイクパフォーマンスで会場を沸かせる場面も。さらに、3月にリリースしたばかりの「顔役」や「Bad Orangez」といった勢いのある楽曲が続き、最後に披露されたのは「かつて天才だった俺たちへ」。

ミニアルバムの表題曲となった同曲は、すべての人に贈る応援歌。集まったリスナーに「次のライブではマスクを外して、コール&レスポンスができるライブをやりましょう!」と期待膨らむメッセージを送った。

エンディングでは、ゲスト全員がステージに集結。それぞれがこのライブの感想を語り、『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』のおなじみの挨拶「ここまでのお相手は、Creepy NutsのR-指定と」「俺(DJ松永)」でイベントの幕を閉じた。

ライブ配信視聴チケットは、4月25日21時まで発売中。4月25日23時59分までアーカイブを何度も視聴することが可能になっている。

なお、このイベントは新型コロナウイルス感染症対策を万全に行ったうえで実施された。

■『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 presents 日本語ラップ紹介ライブ in日比谷野音』
2021年4月24日(土)東京・東京・日比谷野外大音楽堂
<セットリスト>
01. 板の上の魔物 / Creepy Nuts
02. 合法的トビ方ノススメ / Creepy Nuts
03. LIBERTY SIDE / LibeRtyDoggs
04. Rolling stoners / LibeRtyDoggs
05. 柄悪いけど / LibeRtyDoggs
06. INTRO / 般若
07. あの頃じゃねえ / 般若
08. 覚えてる / 般若
09. シングルマザー / 般若
10. たちがわるい feat. R-指定 / 般若
11. Future Is Born / RHYMESTER
12. Back & Forth / RHYMESTER
13. K.U.F.U. / RHYMESTER
14. ONCE AGAIN feat. Creepy Nuts / RHYMESTER
15. よふかしのうた / Creepy Nuts
16. バレる! / Creepy Nuts
17. 顔役 / Creepy Nuts
18. Bad Orangez / Creepy Nuts
19. かつて天才だった俺たちへ / Creepy Nuts


リリース情報

2021.04.07 ON SALE
Creepy Nuts
DIGITAL SINGLE「Who am I」


イベント特設サイト
https://event.1242.com/special/creepynuts2021/

Creepy Nuts OFFICIAL WEBSITE
https://creepynuts.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人