48グループ史上最強BODY! ヒョウ柄ビキニのNMB48・横野すみれ、四つんばいで読者を挑発

■『FLASH』最新号は、ゲスの極み乙女。の“ほな・いこか”こと、さとうほなみの最新グラビア、“グラビアもできる演歌歌手”望月琉叶の豊満ボディなど、音楽ファンも見どころ満載!

週刊誌『FLASH』1600号が、本日4月13日に光文社より発売された。

“48グループ史上最強BODY”と評されるNMB48・横野すみれが表紙に登場! また、TBSテレビアナウンサーの宇内梨沙、ゲスの極み乙女。のドラマー、さとうほなみ、民族ハッピー組・望月琉叶のグラビア企画など、今週号も見逃せないラインナップになっている。

■NMB48・横野すみれ「刺激的Leopard!」20歳になって初めてのグラビアで刺激的なヒョウに変身!
「周りのライバルがすごい人ばかりでしたし、まさか優勝できるとは思っていなかったので、ビックリしました」
第1回『FLASH』表紙争奪グラビア「ナンバトル」で、上西怜とW優勝を果たした横野すみれ。“ヒョウ柄すーちゃん”という夢のグラビアが実現した。

「私たちのグループが『LeopAje』(ヒョウという意味の“Leopard”と、宝石という意味の“Jewel”を合わせた造語)という名前だったので、強くてかっこいいイメージのグラビアができればと思っていました。ヒョウ柄水着で撮影したい! と発表したときに、ファンの方から『耳や尻尾もつけてほしい』という声をたくさんいただいたので、喜んでいただけたらうれしいです」

本誌の表紙を飾るのは2回め。「20歳になって初のグラビア。前回よりも少し成長して、大人っぽくなったところも楽しんでいただきたいです!」

■宇内梨沙「ゲームで恋人探し? アリです ナシです」TBSテレビ・宇内梨沙アナウンサーが初グラビアに挑戦!
『ひるおび!』『CDTVライブ!ライブ!』などを担当するTBSテレビアナウンサー、宇内梨沙が初グラビアに挑戦。「『はいチーズ!』くらいなら大丈夫なのですが、長い間カメラを向けられると、途端に恥ずかしくなって…。今日積んだ経験値は、きっと次の撮影では初期化されていると思います。それほど慣れないことをしました(笑)」

昨年11月にTBS公式YouTubeチャンネル『ゲーム実況はじめました。〜女子アナゲーマー宇内e〜』を開設すると、累計再生回数が500万回を突破。eスポーツタイトルとしても人気のバトルロイヤルゲーム『エーペックスレジェンズ』など、ジャンルを問わず様々なゲームをプレイし、その美貌からは想像もできない、感情むき出しの実況スタイルで人気を博している。

「容姿を褒められるよりも、面白いって言われるほうがうれしいです。昔から三枚目キャラでいたい気持ちがあって、ゲーム中に女子アナらしいイメージなども意識せずに過ごしているので、へんなリアクションをとったり、口が悪くなったりしちゃうこともあるんです。アナウンス部の先輩に観られていると考えるとドキッとしますが、たぶん観ていないので大丈夫です(笑)」

その他、幼少期のお宝写真も一挙掲載! 女子アナ界No.1ゲーマーの素顔に迫っている。

■さとうほなみ「ほな、いこか!」本誌初登場! Q&Aで素顔に迫る!
ロックバンド、ゲスの極み乙女。のドラマー(ほな・いこか名義)であるさとうほなみが、本誌のグラビアに初登場。10個のQ&Aで、知られざるプライベートに迫る。

4月15日から配信されるNetflix映画『彼女』では、水原希子とW主演。「水原さんとは、撮影が進むにつれて、いつも一緒にくっついているようになって。『カット!』の声がかかるまで、離れられなくなりました(笑)。水原さんは太陽みたいにキラキラ輝いている人でした」

■民族ハッピー組・望月琉叶「からだも歌声も艶やかに」演歌界もグラビア界も大注目の逸材を撮り下ろし
アイドルユニット“民族ハッピー組”のメンバーとして活動しながら、2020年7月に演歌歌手としてソロデビューを果たした望月琉叶。ソロデビュー曲「失恋慕情」は、オリコン週間演歌・歌謡シングルランキングで1位に輝き、話題となった。そんな彼女には、もうひとつの顔が。抜群のスタイルを武器に、グラビアアイドルとしても大注目の存在なのだ。本誌では、彼女の撮り下ろしグラビアを5ページ掲載。歌声と同様の、艶やかな色気を感じてほしい。

(C)光文社/週刊『FLASH』
PHOTO BY 木村哲夫、Takeo Dec.、唐木貴央


書籍情報

『FLASH』1600号
発売日:4月13日(火)
特別定価:480円(税込み)


公式サイト『Smart FLASH』
https://smart-flash.jp/

会員制サイト『FLASH Prime』
https://flash-prime.jp/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人