『SONGS』筒美京平特集で、郷ひろみ、JUJUらが熱唱!、生田絵梨花(乃木坂46)と斉藤由貴による「卒業」デュエットも

■生田絵梨花(乃木坂46)、郷ひろみ、斉藤由貴、JUJU、NOKKOに加えて、インタビューゲストとして秋元康、酒井政利、武部聡志ら重鎮たちの登場も!

去年10月に亡くなった作曲家・筒美京平。昭和から平成にかけて約2,800曲を作曲。作曲家としてのシングル総売り上げは7,560万枚を超え、歴代1位を記録している。今年3月には、新旧豪華アーティストたちによるトリビュートアルバムが発表されるなど、筒美京平の作品は今改めて大きな話題を集めている。

今回、『SONGS』では、希代のヒットメーカー・筒美京平の世界を特集。まず登場するのは、1972年のデビュー以来、筒美京平の作品を100曲以上歌ってきた、郷ひろみと、トリビュートアルバムに参加しているJUJU。郷ひろみは「よろしく哀愁」などの筒美作品ヒットメドレー、JUJUは稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」を熱唱。筒美と共に数多くの楽曲を作ってきた酒井政利(音楽プロデューサー)や秋元康(作詞家)の貴重な証言を元に、謎に包まれてきたその創作の舞台裏に迫る。

さらに、番組では斉藤由貴が、デビュー曲「卒業」を、トリビュートアルバムでカバーした生田絵梨花(乃木坂46)とデュエット。新旧トップアイドルによる世代を超えたコラボレーションが実現した。

トリビュートアルバム『筒美京平 SONG BOOK』を手がけた武部聡志(音楽プロデューサー)は自身の原点となった「卒業」の誕生秘話を語る。

そしてNOKKOは筒美京平の後期のヒットソング、「人魚」(1994)を披露。1991年のレベッカ解散後ニューヨークへ留学し、ソロ活動を続けていたNOKKOは「人魚」をめぐる知られざるストーリーを語る。

生前、メディアにほとんど登場せず、職業作家として作曲に挑み続けた、筒美京平。その作品を新旧豪華アーティストが歌い継ぎながら、貴重な証言を元にその魅力を描く、『SONGS』「筒美京平スペシャル」。これまでの『SONGS』にはなかったあらたなアプローチで作曲家・筒美京平の世界に迫る。


番組情報

NHK総合 SONGS『筒美京平スペシャル』
04/22(土)22:30〜23:15
再放送:04/26(月)24:53〜25:38
出演:生田絵梨花(乃木坂46)、郷ひろみ、斉藤由貴、JUJU、NOKKO ※50音順
インタビューゲスト:秋元康(作詞家)、酒井政利(音楽プロデューサー)、武部聡志(音楽プロデューサー) ※50音順


『SONGS』番組サイト
http://www6.nhk.or.jp/songs/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人