宇多田ヒカルが歌う、もうひとつのテーマソングにのせて描かれる『シン・エヴァ』キャラクター別映像の連続公開がスタート

■宇多田ヒカルが歌う「Beautiful World (Da Capo Version)」にのせて描かれる、碇シンジ、綾波レイ/アヤナミレイ(仮称)、式波・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアス、渚カヲル、葛城ミサトのキャラクター別映像が6日間連続公開!

1995年のTVシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。

2007年からは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再始動し、『:序』『:破』『:Q』の3作が公開されて大ヒットを記録。つねに新しいファンを獲得し、幅広い層から支持を受けてきた。

そして、『新劇場版』シリーズ最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は現在、全国公開中。春休みシーズンとなり、若い世代を中心にさらなる広がりを見せている。

そして、本日4月5日〜4月10日の6日連続で、新映像を公開。本予告映像などで印象を残している、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のテーマソング、宇多田ヒカル「One Last Kiss」だが、今回は同じく宇多田ヒカルによるもうひとつの本作のテーマソング「Beautiful World (Da Capo Version)」にのせて描かれる、6人のキャラクター別映像、「Character Promotion Reel」となる。

本日4月5日=碇シンジを皮切りに、6日=綾波レイ/アヤナミレイ(仮称)、7日=式波・アスカ・ラングレー、8日=真希波・マリ・イラストリアス、9日=渚カヲル、10日=葛城ミサト。6人のキャラクターたちの、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ『:序』『:破』『:Q』、そして『シン・エヴァ』での印象的なシーン、セリフが詰まった映像となっている。

すべて、カラー公式YouTubeチャンネルでの公開、本日以降の発表については各日の昼12時を予定。詳しくはエヴァンゲリオン公式Twitter(@evangelion_co)をチェックしよう。

そして、春休みシーズンということもあり、若い世代が中心となって、4月3日・4日2日間の成績は、興行収入3億2,054万7,250円、観客動員数19万6,321人を記録。公開初日からの28日間累計で興行収入68億9,861万3,200円、観客動員数451万3,374人となり、興行収入・観客動員ともにシリーズ最高記録を更新中だ。

PHOTO:(C)カラー


リリース情報

2021.01.27 ON SALE
宇多田ヒカル
SINGLE「One Last Kiss」


映画情報

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
全国公開中
総監督:庵野秀明
配給:東宝、東映、カラー
(C)カラー


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』作品サイト
https://www.evangelion.co.jp

宇多田ヒカル OFFICIAL WEBSITE
https://www.utadahikaru.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人