2CELLOS、ボン・ジョヴィの大ヒット曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」の超絶カバー演奏映像を公開

■チェロ×2+ロックドラム! “2本のチェロでロックする” 2CELLOS原点回帰の新曲!

2本のチェロでロックするクロアチア出身の2CELLOS(トゥー・チェロズ)が、本日ボン・ジョヴィの「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」をカバーした新曲を発表した。

「この曲のイントロはミステリアスな雰囲気があって、チェロで演奏するのに本当にぴったりだと思う。でも曲全体をカバーするのはチャレンジだった。いつの日か、僕たちのライブでこの曲を演奏したら――きっとライブ後半の終盤に向かうところでプレイしたら会場はきっとすごく盛り上がるだろうね。みんなが一緒にこの曲を歌ってる姿が想像できるよ」と2CELLOSはコメントしている。

本日公開されたミュージック・ビデオでは、2011年デビューのきっかけとなったマイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」を演奏した動画を思い出させる黒のレザージャケットを着用。まさに“2本のチェロでロックする” 2CELLOS原点回帰の新曲が届けられた。

2CELLOSはクラシック界で将来を有望視されていたチェリスト=ルカ・スーリッチとステファン・ハウザーによるユニット。2011年1月20日、マイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」を2本のチェロで演奏した動画をYouTubeに投稿したことからその快進撃はスタートする。

クロアチア出身、無名の2人が繰り広げるダイナミックなエネルギーに溢れた全身全霊の超絶技巧パフォーマンスは瞬く間に世界中に拡散され、衝撃のデビューを果たすことになった。

以来2人は2CELLOSとして5枚のアルバムをリリース。クラシックからロック、映画音楽までジャンルレスなレパートリーで着実にファンを増やし、世界各国でのツアーもソールドアウトになる人気デュオへと成長を遂げた。

これまで共演したアーティストにはスティーヴン・タイラー、アンドレア・ボチェッリ、レッド・チリ・ホット・ペッパーズ、クイーン、故ジョージ・マイケル等がいる。デビュー直後には、いち早くその才能に注目したサー・エルトン・ジョンの世界ツアーでオープニング・アクトを務めた。

ニューヨークのラジオ・シティ・ホール、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール、シドニー・オペラ・ハウスでのソールドアウト公演を行い、日本にも2012年1月の初来日公演以後たびたび訪日。2016年フジロックフェスティバルにデビュー、2018年11月19日には2CELLOS念願の武道館公演で満員の聴衆を魅了した。

その後ふたりはおのおのクラシック・レパートリーでソロアルバムを発表。2019年10月、ルカ・スーリッチがチェロ用編曲版での『ヴィヴァルディ:四季』世界初録音を、2020年2月にはハウザーがバッハからラフマニノフまで名曲を演奏した『クラシック』をリリース。ふたりが2年ぶりにタッグを組んで奏でる2CELLOSの魅力全開のロックアンセムは、まさにファン待望のシングルとなる。

2CELLOSはこれまでクイーン、レッド・ツェッペリン、AC/DC、アイアン・メイデン、ガンズ・アンド・ローゼズ、ニルヴァーナ等ロック名曲をカバーしてきたが、ボン・ジョヴィのレパートリーをカバーするのはこれが初。「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」はボン・ジョヴィが1986年に発表したアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』からの第2弾シングルで、全米チャート1位を記録した80年代を代表する大ヒットナンバー。

PHOTO BY OLAF HEINE


リリース情報

2021.04.01 ON SALE
2CELLOS
DIGITAL SINGLE「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」


2CELLOS「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」視聴・再生はこちら
https://sonymusicjapan.lnk.to/2C_LivinonaPrayer

2CELLOS OFFICIAL WEBSITE
https://www.sonymusic.co.jp/artist/2cellos/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人