表紙にアンジュルム・上國料萌衣が初登場! 『bis』5月号が4月1日発売

■ 『bis』5月号増刊カバーは、King & Prince・永瀬廉!

『bis』5月号が、明日4月1日に発売される。

■GIRL FOREVER 永遠の女の子へ 
上國料萌衣(アンジュルム)
2019年11月号から『bis』のレギュラーモデルを務めてきた上國料萌衣(アンジュルム)が、ついに『bis』のカバーに登場。

巻頭12ページの特集は“永遠の女の子へ”をテーマにシューティング。インタビューでは、仕事の話から、好きなファッション、生活習慣などプライベートまで語っている。また、アンジュルムのメンバーに対する気持ちやメンバーとの思い出、『bis』読者からの質問にも回答。愛用コスメとお気に入りのポイントも教えてくれた。

■GIRL GIRL GIRL ガールズバイブルAtoZ
与田祐希(乃木坂46)・桃月なしこ・牧野真莉愛(モーニング娘。’21)・中野恵那・本間日陽(NGT48)
女の子が大好きなものをAからZまでずらりとピックアップ。ファッション、カルチャー、ビューティなどあらゆるジャンルのなかから、ずっと好きなものや、今この瞬間にピンときているものを紹介。新生活がスタートするこの時期、ぜひこのバイブルを胸に。

■GO!GRRRLS! 女の子を応援&女の子に勇気を与える大特集
世界には女の子たちの声が尊重されるだけでなく、創造力を発揮し活躍できる舞台がある! 自由と解放を求めるスローガン「ガールパワー」、思いを共有するミニマムな本「ZINE」、“タフ”に生きるガールたちのメッセージなど、様々なアプローチで構成された女の子特集。悩んでいたり弱気でいたとしても、たくさんのエンパワーを受け取って、ひとりじゃないのを感じよう。

■glossy girls 私たちが愛する煌めきビューティ
NANAMI・頓知気さきな・小宮有紗
女の子ってキラキラ煌めくものにときめく生き物。パール、ラメ、ツヤ、グリッター……いろいろなキラキラテクスチャーのアイテムをラインナップ。NANAMI、頓知気さきな、小宮有紗が挑戦した。この春、輝きを纏い、誰よりも煌めく美しさをゲットしよう。

■BOYHOOD 少年と大人の間で
永瀬 廉(King & Prince)
2019年5月号で本誌に初登場して以来、2年ぶりのシューティングとなった永瀬 廉。8ページの特集では、持ち前のスタイルのよさを活かしたスタイリッシュな着こなしを披露。“少年と大人の間で”のテーマにあわせて、様々な表情を見せた。インタビューでは、少年時代の話、最近ハマっていること、さらに“女性たちへのエール”も語っている。

■Girl’s secretfile かわいいあの子が垢抜けた秘密(ハート)
金村美玖(日向坂46)・大谷映美里(=LOVE)・徳本夏恵・山本望叶(NMB48)・兎遊たお(きゅるりんってしてみて)
最近ますますかわいさが増している女の子たち――金村美玖、大谷映美里、徳本夏恵、山本望叶、兎遊たおが登場。ファッションやヘアメイクはもちろん、内面も含めて、冷静に自己分析。努力家の彼女たちが、よりかわいくなった秘密を教えてくれた。

■Spring Skin Care Routines 春のゆらぎ肌取扱い説明書
田村真佑・筒井あやめ(ともに乃木坂46)
肌が揺らぎがちな季節の変わり目。ただでさえ花粉や紫外線で敏感に傾きがちなのに、今年の春はマスク常用でさらに悩んでいる人が増えているようだ。コスメ、サプリ、美容法など、様々なアプローチで健康な肌を取り戻そう。

■多様なメンバーによる連載
佐藤勝利(SexyZone)/えなこ/くっきー!(野性爆弾)/BiSH/水野しず

■一部の書店でポストカード特典あり
セブンネット、HMV&BOOKS、SHIBUYATSUTAYA、HMV&BOOKSSHINSAIBASHI、紀伊國屋書店グランフロント大阪店にて。

■WEBサイト、SNSでも『bis』の世界観を発信中
Webサイト、ツイッター・インスタグラム(@bis_web)、YouTubeチャンネル『bisChannel』では、オリジナルコンテンツも更新中!


書籍情報

『bis』2021年5月号
発売日:4月1日(木)
出版社:光文社
特別定価:700円(税込)
通常版カバー:上國料萌衣(アンジュルム)
増刊カバー:永瀬 廉(King & Prince)
※通常、増刊ともに発売日、定価は同じです。


YouTubeチャンネル『bis Channel』
http://bit.ly/2CgFEzm

『bis』OFFICIAL WEBSITE
https://bisweb.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人