平手友梨奈、櫻坂46、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE……。『ViVi』5月号は音楽ファン必読!

■平手友梨奈、櫻坂46・森田ひかる&藤吉夏鈴&山崎天、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・RIKU&川村壱馬&吉野北人らが『ViVi』5月号(3月23日発売)に集結!

■猫×平手友梨奈。文字どおり、過去最強の組み合わせ!
「お洋服を着るのが楽しくなる春、平手さんで春ファッションの企画をやらせていただきたい! 服が似合う平手さん、とっても素敵なページになるはず」という編集部の熱烈オファーを、平手友梨奈が快諾。ソロとして『ViVi』誌面に登場したここ最近の2回は、クマや犬のぬいぐるみとともに登場して「キャロてち」とファンを沸かせてきた彼女だが、今回は満を持して(!?)ホンモノの猫と一緒に登場! 題して「猫と平手友梨奈」。尊すぎる組み合わせ!

撮影が始まるタイミングで猫と対面すると、「あ、猫と一緒の撮影って今日だったんだ!」とうれしそうな平手。「(猫に限らず)動物全般好きです」というだけあって、猫を抱っこして指先で喉をゴロゴロ上手にあやしながら撮影に臨んだ。撮影の合間には、猫じゃらしのおもちゃを使って猫と遊ぶ姿も。今回の撮影はタイトルどおり、写真のどこかしらに何かの猫が入っている。企画タイトルも平手直筆のものだ。

インタビューは同世代の人たちに向けて、新生活、新学期をテーマに実施。どんな質問に対しても決して軽く流したりせず、一問、一問、じっくり考えて言葉を探している様子。わからないことはわからないと答える。言葉にするのが難しいと返した質問に対し、しばらくたってから、やっぱりさっきの質問、答えていいですか、というひと幕も。言葉数は多くないが、インタビューに対して正直で誠実な感じはずっと変わらない平手だった。今回の撮影の中から、ネコ耳ヘッドアクセをつけた<平手友梨奈のネコ耳チェキ>のプレゼント(1名)も!

■アンコールに応え、櫻坂46センター・森田ひかる&藤吉夏鈴&山崎天が『ViVi』にカムバック!
櫻坂46としてあらたなスタートを切った昨年、『ViVi』2月号で本誌初登場を飾ったセンターの3人=森田ひかる、藤吉夏鈴、山崎天。そのときの天使のようなかわいさが話題となり、「もう一度見たい!」との声が読者&編集部内外から多数寄せられ、今回の企画が実現。天使な雰囲気をさらに盛り上げる、春〜な色を使ったメイクをまとった3人が登場した。

春っぽくかわいくなれるメイクのキーワードは、「ふわふわ」「キラキラ」「うるうる」。それぞれのイメージに沿ったメイクで3人が大変身! 森田はまさに天使すぎる! 2色のチークを主役に、ふわふわムード満点に。藤吉は「『ViVi』でしかこんなメイクできない!」というキラキラな目元で、透明感爆上げ! 山崎はいつにも増してツヤツヤなお肌とリップで、ピュア&ヘルシーな魅力を存分に振りまいた。

インタビューでは、メイクの感想や、プライベートでの美容にまつわる話だけでなく、「この春したいこと」もヒアリング。「櫻」坂46だけあって、「(外出できるようになったら)桜を見に行きたい!」という話がメンバーの口から聞かれた。満開の桜の下で軽やかに踊り、歌う3人を想像するだけで春が感じられる。そんな春気分満載の「櫻坂46の春メイク」を楽しもう。

■THE RAMPAGE from EXILE TRIBEを声で彩るスリーボーカル=RIKU、川村壱馬、吉野北人!
16人で魅せるパフォーマンスは、LDHアーティストの中でもいちだんとパワフルで勢いのあるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。そんなグループの中心に立つのは、そのパワフルさとは裏腹に、繊細でつい耳で追いかけたくなる声色を持つスリーボーカル。ファンから「スリボ」の愛称で親しまれ、本人たちにとっても、いつしか「スリボ」は特別なものになっているそう。

そして、『ViVi』5月号にその「スリボ」が登場! とにかく「カッコイイ!」と思わず声が出るほどバチっとキマった表情から、7年の年月をかけてお互いをリスペクトし、理解し合えたからこそ生まれた絆を感じさせる柔らかい表情まで、余すところなくぎゅっと詰め込んだ。

取材はリモートアンケート記述で対応した3人。ライターの問いに、RIKUがミュートの状態で回答。「あれ? RIKUさん話してますか?」と壱馬のひと声でRIKUの音声が復活したり、リモートならではのプチハプニングも発生。インタビューでは、武者修行時代実はこうだったよね、といった懐かしの昔話から、ライブへの意気込みまで熱く語った。

撮影当日、鮮やかなカラーの衣装に身を包んだ3人がビシッと登場。顔がガッツリ2ページにまたがる扉のカットから撮影がスタートした。かっこよさのあまり、カメラマンのシャッターも止まらない。さすがスリボ! お互い声に出さずとも息ピッタリ。クールなイメージがあったが、3人は撮影中ちょっかいを出し合ったり、打ち合わせなしにコクっと同じ方向に首を傾げたり……。スリボが作り出す空気感は終始周りを和ませ、自然な表情を収めることができた。ファンに喜んでもらえるカットが盛りだくさん!

記事には、ファンへの各メンバー直筆のメッセージも。iPadを使ってメッセージを書いてもらったところ、壱馬は余りの書き心地に購入も検討していた様子。いちばん長い時間をかけて、何度も何度も文字を書いたり消したりしながら、ファンへの想いを綴った。そんなとき、隣には北人が『ViVi』を読みながらニコニコ。そんなふたりを激写!

他にも、ここでしか見られない(!?)スリボのカメラフォルダの写真や、読んでいるこちらまで照れてしまうようなお互いへの熱いメッセージなども詰まった、「スリボに会いたい!」気持ちを加速させる『ViVi』5月号。彼らが誌面で魅せるハーモニーをお見逃しなく!


書籍情報

『ViVi』2021年5月号
発売日:3月23日(火) ※首都圏基準
価格:通常版・特別版共に690円(税込)
※特別版はイニスフリー500円OFFスペシャルクーポン付き
◇通常版表紙:emma
◇特別版表紙:kemio&ジャニーズJr./Travis Japan・松田元太


『ViVi』公式Twitter(@vivi_magazine)
https://twitter.com/vivi_magazine

『ViVi』公式Instagram(@vivi_mag_official)
https://www.instagram.com/vivi_mag_official/?hl=ja

『ViVi』公式サイト「NET ViVi」
http://vivi.tv/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人