高橋優、吉田羊&國村隼W主演ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』OPテーマを書き下ろし

2021.03.20

■「大切な人は、時に誰より憎たらしい存在に変貌します。と同時に、そこまで見せ合える相手とは、なかなか巡り会えないようにも思います」(高橋優)

4月9日深夜24時12分よりスタートする、テレビ東京系 ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』のオープニングテーマに、高橋 優が書き下ろした新曲「ever since」が決定した。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』は、ラジオパーソナリティーやコラムニストなどとして活躍し、女性からの支持を集めるジェーン・スーの同名の著書(新潮社)が原作。愛嬌はあるが自由奔放な70代の父と、父に振り回される40代半ばの中年の娘の、おかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語を描く。

吉田羊・國村隼がW主演を務め、他にも松岡茉優、DJ松永(Creepy Nuts)、オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)、森本晋太郎(トンツカタン)、ヒコロヒーら、多彩な出演者が決定。注目のドラマとなっている。

なお、高橋 優の新曲「ever since」は、4月16日に配信リリースされることが決定。新アーティスト写真も公開された。

2021年第1弾となる新曲のリリースが決定し、5月からは約1年3ヵ月ぶりとなる全国ツアーを開催するなど、精力的に活動する高橋 優に注目だ。

■高橋 優コメント
たとえば「大切な人」の顔を思い浮かべるとき、いくら大切といえど四六時中仲良しでいられるわけでもないのが人の常のように思います。
派手なケンカこそなくても、微妙なすれ違いでイライラしたり、小競り合いになったりした経験は、どなたもお持ちなのではないでしょうか。大切な人は、時に誰より憎たらしい存在に変貌します。
と同時に、そこまで見せ合える相手とはなかなか巡り会えないようにも思います。
弱い自分、恥ずかしい経験、いちばん誰にも見られたくないシーン、、そんな過去を“あれからもう…”と振り返り、語り合える人。いいところだけじゃない部分も見せ合える人。一度の人生の中で、いったいどれくらい巡り会えるものなのでしょう。きっと多くない気がします。
そんな誰かを思い浮かべて聴いていただけたらと思い、この曲を作りました。

■吉田羊コメント
初めて聴かせていただいたとき、「わぁ素敵」と思わず声が出ました。この親子に寄り添い、そっと背中を押すような温かい歌詞とメロディー。覚えやすい旋律も魅力的で、今は毎日口ずさんでいます。高橋さん、素敵な曲をありがとうございました!


リリース情報

2020.09.21 ON SALE
DIGITAL SINGLE「自由が丘」

2020.10.21 ON SALE
ALBUM『PERSONALITY』

2021.04.16 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ever since」


番組情報

テレビ東京系  ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』
4月9日(金)24:12〜 スタート
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜24:00から放送
(テレビ大阪のみ1話・2話の放送が5分拡大で24:05からの放送)
原作:ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫刊)
主演:吉田羊 國村隼
出演:松岡茉優 富田靖子 DJ松永(Creepy Nuts) オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO) 森本晋太郎(トンツカタン) ヒコロヒー
オープニングテーマ:高橋 優「ever since」(unBORDE/Warner Music Japan)
監督:山戸結希 菊地健雄
(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会


『生きるとか死ぬとか父親とか』番組サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/

高橋 優 OFFICIAL WEBSITE
https://www.takahashiyu.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人