誰のためだったら、人を殺せる? 水原希子×さとうほなみ出演、善悪を超えた逃避行を描くNetflix映画『彼女』予告編公開

■「主演おふたりの“女優魂”に圧倒され、音楽を提供したことも忘れて魅入ってしまいました」(細野晴臣)

Netflix映画『彼女』が、4月15日より全世界独占配信される。

原作は、女性ふたりの逃避行を描いた、中村珍の『羣青』(小学館IKKIコミックス)。高校時代から同級生の七恵に恋をしている永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵。レイは七恵を救うために七恵の夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱きつつ、助けを求める七恵と、そんな彼女を救うためすべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあうレイと七恵。正しいことも悪いことも、善も悪も超えた彼女たちの逃避行を描く。

日本の美しい景色を背景に、観る者に「愛」の本質を問うロードムービーのメガホンをとるのは、『ヴァイブレータ』(2003年)、『軽蔑』(2011年)、『彼女の人生は間違いじゃない』(2017年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018年)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一監督。恵まれた人生を送っているかに見えて、実は家族に同性愛者であることを隠していることに悩むレイを水原希子、人生に絶望しながらもレイに救いを求めてしまう七恵をさとうほなみが演じる。

そしてこのたび、本作の予告映像が解禁された。

夫からの暴力で死を口にするほど傷つけられた七恵を前に「旦那が死ぬべきでしょ」と憤るレイ。虚ろな表情で「だったら殺してくれる……?」と七恵。殺人という罪を犯し、帰る場所もなくしてしまったレイは、不安そうな七恵に「もう誰もアンタを殴らない! 蹴らない!」と、あえて軽快に呼びかける。

名曲「CHE.R.RY」を口ずさみながら車を走らせ、すべてから解放されたような笑顔を浮かべながら旅を続けていくふたりの姿から一転、「あんたが殺しちゃったんだから、こうなったんじゃない!」という叫びと共に、どうしようもない気持ちをぶつけ合うレイと七恵。やがて朝日を浴びながら身を寄せ合うふたりは、果たしてどこかにたどり着けたのか――。「誰のためだったら、人を殺せる?」という問いかけが、様々な感情を観る者の中に呼び起こす映像になっている。

あわせて、朝日の中で寄り添うふたりの姿を切り取ったキーアートも解禁。さらに、本作のテーマ曲を制作した細野晴臣からコメントが到着。テーマ曲制作にあたっての思いを語っている。

日本発Netflix映画の2021年第一弾作品でもある、痛いほどの愛を描いたNetflix映画『彼女』は4月15日より、Netflixにて全世界同時配信される。

■Netflix映画『彼女』ストーリー
裕福な家庭に生まれ育ち、何不自由ない生活を送ってきたレイ(水原希子)は、ある日、高校時代に思いを寄せていた七恵(さとうほなみ)から連絡を受け、10年ぶりの再会を果たす。しかし喜びも束の間、夫からのDVで全身あざだらけな姿を目の当たりにし愕然とする。追い詰められ死を口にする七恵に「それならば夫が消えるべきだ」と諭すレイ。そして「だったら殺してくれる?」と呟く七恵。彼女が生きるためにレイは、七恵の夫を殺す。そして行くあても、戻る場所もないふたりは共に逃避行に出る……。

細野晴臣 コメント
昨年は地球規模の災厄により、自分の音楽活動も内にこもる日々でした。そんなときに救われたのが映画音楽で、廣木隆一監督から「テーマになるような音楽を1曲」という、とても魅力的なオファーが届きました。その1曲を分解し使う手法もすごい。主演おふたりの「女優魂」に圧倒され、音楽を提供したことも忘れて魅入ってしまいました。


映画情報

『彼女』
4月15日、Netflixにて全世界同時独占配信
監督:廣木隆一
原作:中村珍「羣青」(小学館IKKIコミックス)
脚本:吉川菜美
出演:水原希子 さとうほなみ
新納慎也 田中俊介 鳥丸せつこ 南 沙良 / 鈴木 杏 田中哲司 / 真木よう子
テーマ曲:細野晴臣
音楽:森山公稀(odol)


Netflix作品ページ
https://www.netflix.com/彼女


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人