松井玲奈、映画単独初主演! 映画『幕が下りたら会いましょう』特報映像公開

■「撮影期間中、ずっと深い穴に落ちたような気持ちでした。演じた麻奈美の心の糸がそれだけ絡まっていたのだと思います」(松井玲奈)

映画単独初主演となる松井玲奈ほか、筧美和子、しゅはまはるみらが出演する、映画『幕が下りたら会いましょう』が2021年11月より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショーが決定。あわせて、特報映像とティザーポスターが公開された。

映画『幕が下りたら会いましょう』は、松井玲奈演じる麻奈美と筧美和子が演じる尚の姉妹が、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもまっすぐ生きる姿を描く、心揺さぶるエンタテインメント作品。コロナ禍で女性の離職率や自殺率が増えている複雑な時代だからこそ、女性が奮闘するさまを描き、観た人の背中をそっと押すような作品だ。

本作が長編映画初挑戦となる前田聖来監督は「孤独感を感じることも多い今、周りの大切な人々へ想いを伝えるきっかけとなる作品にできたらと思っています」とコメント。

主人公の斎藤麻奈美を演じるのは月9ドラマやNHK連続テレビ小説などにレギュラー出演、小説家としても活躍する女優・松井玲奈。脚本の段階から何度も監督と話し合いを重ねたという松井は「撮影期間中、ずっと深い穴に落ちたような気持ちでした。撮影が終わった今も麻奈美や尚のことを思い出します」と本作の撮影を通して考えることが多かったとコメントした。

また、麻奈美の妹・尚にTVドラマほかで著しい成長を見せる筧美和子。麻奈美の母・京子に『カメラを止めるな!』でブレイクした、しゅはまはるみなど、個性豊かな女優たちが、他人にはわかり得ない悩みやトラウマを抱えながらも、力強く生きている女性たちを見事に演じ、物語を彩る。

本日公開された特報映像は、主人公の麻奈美を演じる松井玲奈の衝撃的な映像から始まり、出演者の様々な感情を切りとった予告編となっている。さらに、麻奈美と妹の尚という対象的なふたりを“静と動“で表現した美しく儚いティザーポスターも公開。ふたりの表情にも注目だ。

主題歌を担当するのは、デビュー時から数々のタイアップやラジオ局パワープレイを獲得し、注目を集めているJamFlavor。脚本制作段階から入り、映画に合わせて制作された「CRY~戻りたい夜を~」は、音楽配信代行サービス「BIG UP!」より、世界に向けて秋頃配信予定だ。

<イントロダクション>
妹の死によって心を揺さぶられる、夢敗れたはずの売れない劇作家。
不器用にもまっすぐ生きる女性を描く、心揺さぶるエンタテインメント作品。

実家の美容室を手伝いつつ、なかず とばずな劇団「劇団50%」を主催していた麻奈美(松井玲奈)に、ある日、東京で働いていた妹・尚(筧美和子)が死亡したという知らせが入る。劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎをしていたのと同じ夜、尚は資材置場で亡くなっていた。その日、麻奈美は尚からの着信があったにもかかわらず電話に出なかったのである――。

■松井玲奈 コメント
撮影期間中、ずっと深い穴に落ちたような気持ちでした。演じた麻奈美の心の糸がそれだけ絡まっていたのだと思います。撮影が終わった今も麻奈美や尚のことを思い出します。あのときこうしていれば、そんな局面は人生で誰にでもあって、見終わったあと、自分にとっての「あのとき」に素直な気持ちで触れられる作品になっていると感じています。

■筧美和子 コメント
撮影が終わって日が経った今でも、この作品の1 シーン 1 シーンが色濃く残っています。演技をする上で前田監督がとても繊細な心理描写にこだわってアドバイスをくださりました。改めて人の心の中、頭の中は、とても複雑に様々な感情が混在していて、それを表現することの難しさ、楽しさを感じました。初めてのダンスや泥酔するシーンもあり、とても不安でしたが、周りの方にサポートしていただきながら、今できる精一杯を振り絞りました。完成を楽しみにしています。そして多くの方に届くことを願っています。

■前田聖来監督 コメント
コロナ禍で制作した本作が、まずキャスト・スタッフ陣が健康にここまでこれたということに感謝しています。企画段階から松井さんと打ち合わせを重ね、普段の制作とは違う刺激を受けながら作品を作り上げていくことができました。そうして生まれた多数のキャスト陣が織り成す、人間臭くどこか愛おしいキャラクターにもぜひ注目して頂きたいです。孤独感を感じることも多い今、周りの大切な人々へ想いを伝えるきっかけとなる作品にできたらと思っています。


映画情報

『幕が下りたら会いましょう』
2021年11月 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
キャスト:松井玲奈、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美 他
監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
主題歌: JamFlavor「CRY ~戻りたい夜を~」
(C)avex entertainment Inc


『幕が下りたら会いましょう』作品サイト
http://makuai-movie.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人