ももクロ・百田夏菜子のピアノ演奏を、尾上松也と『すくってごらん』の監督が絶賛!「感動した」「救われた」

2021.03.13

■ももクロ・百田夏菜子、ヒロインを演じた『すくってごらん』主題歌を劇中の役柄で歌唱!「監督から『百田夏菜子の要素を一文字も出すな』とオーダーがあり、どうしたらいいんだろう?と」

世界初(!?)の“金魚すくい映画”『すくってごらん』の公開記念舞台挨拶が本日3月13日に東京・日本橋のTOHOシネマズ日本橋にて開催され、本作で映画初主演を果たした尾上松也、初めてヒロインを務めた百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、共演の柿澤勇人、石田ニコル、真壁幸紀監督がそろって登壇した。

真壁監督は、この日、登壇した4人のキャスティングについて言及。主演に関して「大前提として歌が歌える人で、エリート銀行員を演じられる年齢の人、主演として華があって、コメディができ、情けなくも見える男――この要素を兼ね備えているのは、日本で尾上松也さんしかいなかった」と断言。

これに尾上は「脚本を読ませていただいて、本当にチャレンジングな構成で、歌もあって『これはどうなるんだろう?』と一抹の不安もよぎるようなぶっ飛んだ本だったけど、そのチャレンジングな精神に共鳴しました。これを形にしようという監督、スタッフの心意気に惚れました」と出演を即決したと明かす。

またミステリアスなヒロイン・吉乃を演じた百田について、真壁監督は「劇中でピアノを弾くシーンがあり、事前に百田さんは弾けないと聞いてたんですが、百田さんのお芝居と声を優先しました。主演が松也さんで、強い方が来ないと霞んじゃうので、強い百田夏菜子さんをキャスティングしました」と説明。

百田は「ミステリアスな女性ということで『私でいいのかな?』と不安もあったけど、脚本を読んで想像しきれない部分が多くてワクワクして、そこに私も携わりたいと思いました」と尾上と同じく、作品に強く共鳴し出演を決めたと語る。

柿澤が演じた王寺昇は、尾上演じる香芝の“ライバル”と言える役柄で、真壁監督は「松也さんと百田さんが強すぎて空中分解しかねないので、そのなかでも個性を出せて、松也さんと百田さんの芝居を引き出せる俳優さんが必要でした。歌もピアノもダンスもあり、これも柿澤さんしかいなかった。ふたりの芝居を引き出しつつ、自分の芝居も出すという難しい要求をしたんですが、すべて完璧にやってもらいました」と柿澤を絶賛!

柿澤は「原作を読むと、ミステリアスで中性的でチャーミングで、何よりキラキラした役でした。僕も10年前くらいまではキラキラしてたつもりでしたが、最近はキラキラ要素がなくなってきて(苦笑)、僕で務まるのかな……?という思いもあったんですが、監督とも松也とも相談させてもらって、ナチュラルに楽しく芝居させてもらいました」と充実した表情を見せた。

そして、石田が演じた明日香について真壁監督は「百田さんと対照的な人で、でも負けないくらい強い人を考えていて、石田さんのボーカルの声をいただいたらそれが素晴らしくて、歌手の声ってより、役者さんが素直に歌っているのが素敵でした」と“声”がキャスティングの決め手になったと明かした。

石田は「そう言っていただけてうれしいです。声でこういう映像の仕事をいただくのは初めてで、私にとっても新しい挑戦でしたが、この映画の世界観に入ってみたいという思いがありました」と笑顔を見せた。

百田が吉乃として歌う主題歌「赤い幻夜」が3月19日より配信リリースされることも発表されたが、百田はかなり長時間に及んだという同楽曲のレコーディングを振り返り、「吉乃として歌うので、監督から『百田夏菜子の要素を一文字も出すな』とオーダーがあり、でも私が歌うのでどうしたらいいんだろう? と自分でもわからず……。いかに自分をそぎ落として歌うか? 初めての経験でした」と語り、“大人の声”を出すべく自分なりに研究を重ねたことも明かした。

そんな百田の歌声に尾上は「感動した!」と絶賛。歌に加えて、百田が練習を重ねて撮影に臨んだピアノの演奏についても「その(撮影の)日、僕は撮影がなかったんですが、どうしても見たくて行ってみたんです。ミスしたりするのかな? とか思っていたら、完璧で感動しました。これで一気にみんなの気持ちがひとつになりました」と称賛を送った。

トークでは、それぞれがこの映画を通じて「救われた」エピソードを発表したが、真壁監督は尾上も褒め称えた百田のピアノ演奏により「救われた」と告白。

百田は年末の『ももいろ歌合戦』でも、尾上と共演し生演奏を披露したが、「百田さんのピアノの先生が、(百田が)弾き終わった瞬間に泣き崩れて僕に握手を求めてきたんです。そこで、初めて百田さんの苦しみが見えて胸が苦しくなりました。百田さんには厳しく接してきたけど、感謝の気持ちを言いたい」と語り、これには百田も感激の面持ち。

「撮影中、褒めていただくことが一度もなかったのでうれしいしビックリしています。高いレベルを求めてくださるので、必死で応えたいという思いでいっぱいでしたし、信じていただけていることがとても心強かったです」と笑顔で語った。

映画『すくってごらん』は、全国公開中。


映画情報

『すくってごらん』
全国公開中!
出演:尾上松也 百田夏菜子
柿澤勇人 石田ニコル
矢崎広 大窪人衛 清水みさと 辻本みず希 北山雅康
鴨鈴女 やのぱん 竹井亮介 川野直輝 笑福亭鶴光
監督:真壁幸紀
原作:大谷紀子『すくってごらん』(講談社「BE LOVE」所載)
配給:ギグリーボックス
(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社


リリース情報

2021.03.19 ON SALE
生駒吉乃(Vo.百田夏菜子)
DIGITAL SINGLE「赤い幻夜」


「赤い幻夜」特設サイト
https://mcz-release.com/sound/akai-genya/

映画『すくってごらん』作品サイト
sukuttegoran.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人