『THE FIRST TAKE』記念すべき第100回に、HYが登場! 名曲「366日」を今回限りのアレンジで披露

■「現場はとてもシビアで、たった1回しか歌えないため、緊張感はありましたが、感情をぶつけて自分らしく歌うことができたのでぜひ、皆さんに観てほしいです」(HY・仲宗根泉)

YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』の記念すべき第100回に、昨年結成20周年を迎えたHYが登場する。

2019年11月15日にローンチしたYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』だが、毎週コンスタントに作品を発表し続け、このたび第100回目を迎えた。

『THE FIRST TAKE』は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。一昨年にローンチし、チャンネル登録者が395万人(3月12日時点)を突破、さらに動画総再生数が9億2,000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

これまで出演したアーティストは計77組で、披露された楽曲は130曲(フェスなどを含む)。

最近では、かねてから好評を博していたDISH//(北村匠海)「猫」とLiSA「紅蓮華」の映像が1億回再生を突破。ミュージックビデオではない音楽コンテンツがYouTubeで1億回再生を突破するのは異例の記録となる。

また、J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』とコラボレーションしたラジオのレギュラー番組『THE FIRST TAKE MUSIC』の放送が始まり、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や、次なる才能を探す一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルだ。

そんなチャンネルの記念すべき第100回は、昨年結成20周年で今年2月に14枚目のオリジナルアルバム『HANAEMI』をリリースしたHYが初登場。

昨年はコロナ禍でも、頑張っている多くの人々に自分たちの音楽を届けたいと、沖縄から生配信ライブや5ヵ月連続配信リリースなど精力的に活動してきたHY。

今回は、“恋愛ソング”として今なおランキングの上位に君臨する珠玉のバラード「366日」を披露。恋人だけでなく、大切に思っているすべての人へ贈るというメッセージを込め、バンドアレンジにカルテットストリングスを加えた今回限りの特別なアコースティックアレンジで一発撮りしたパフォーマンスを届ける。

5月から全国39公演のツアーを予定しているHY。ライブで培った表現力が聴く者を魅了する。

HYが出演する『THE FIRST TAKE』第100回は、本日3月12日22時からプレミア公開される。

また、100回を記念して3月15日17時から、ZIP-FM(77.8MHz)にて特別番組『BEATNIK JUNCTION presents THE FIRST TAKE SPECIAL PROGRAM』が放送。

番組では、『THE FIRST TAKE』の音源をオンエア。“サウンドのみ”で出演アーティストと『THE FIRST TAKE』の魅力に迫る。

ゲストとしてライターの柴那典が出演。アイナ・ジ・エンド(BiSH)、HY、DISH//(北村匠海)、miletもコメントゲストとして登場する。

■HY・仲宗根泉 コメント
今回初めて『THE FIRST TAKE』に出させていただき、とても感激でした。
もともと、このチャンネルをよく観ていて、いつか出れたらいいなーっと思っていたので。
現場はとてもシビアで、たった1回しか歌えないため、緊張感はありましたが、感情をぶつけて自分らしく歌うことができたので、ぜひ、皆さんに観てほしいです。貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!


リリース情報

2021.02.24 ON SALE
HY
ALBUM『HANAEMI』


『THE FIRST TAKE』YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

HY OFFICIAL WEBSITE
https://hy-road.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人