RADWIMPS、被災地への想いを込めたアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』を本日リリース

2021.03.11

■震災を見つめ続けた楽曲たちは発表順に収録。10年間の定点観測から生まれた壮大なコンセプトアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』

2011年東日本大震災が発生し、直後に義援金プロジェクト『糸色』を立ち上げたRADWIMPS。ミュージシャン・クリエイター・俳優陣などの共鳴と共に支援へと動き、その後、ほぼ毎年3月11日に被災地へ想いを馳せた新曲を、映像作家・島田大介と制作した映像と共にYouTubeで届けてきたRADWIMPS。

そんな彼らが、10年目となる本日3月11日、これまで発表した楽曲に新曲を加えたアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』をリリースした(iTunes、レコチョクほか主要音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスにて配信もスタート)。

アルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』には、これまで発表した楽曲8曲に加え、先日NHK総合で放送された東日本大震災10年特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』主題歌として書き下ろされた「かくれんぼ」と、さらに本日オフィシャルYouTubeで映像が公開になった新曲「あいたい」の2曲を収録。10年間の定点観測で生まれた壮大なコンセプトアルバム。震災を見つめ続けた楽曲たちは発表順に収録される。

リリース3形態のうちBlu-rayとDVDには、10年間RADWIMPSと想いを共にしてきた島田大介による、YouTubeで公開されてきた映像作品も収録。アートワークも同じく島田大介が手がけ、島田自ら被災地に赴き撮影した、震災当時と10年後の今を鮮明に切り取った写真の数々が収められている。

なお、このアルバムの利益は日本赤十字社、自治体などに全額寄付され、日本全国で起こる自然災害などの支援活動に充てられる(2021年12月31日までの売上金額が寄付の対象となる)。

また、3月13日にはRADWIMPSが震災と寄り添い続けた10年を描いた特集番組『3.11 10年 そしてこれから』がNHK総合で放送。RADWIMPSがこれまで何を感じ、何を思い、何を伝えたのか。この10年間を、バンドのフロントマン野田洋次郎が自身の言葉で語る。対談相手は、NHK『福島をずっと見ているTV』に出演し、震災について強い信念のもと、継続的に活動を続けている福島出身の箭内道彦。

番組内では、これまで、そしてこれからを想い、RADWIMPSが1曲パフォーマンスする。


リリース情報

2021.03.11 ON SALE
ALBUM『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』


番組情報

NHK総合『3.11 10年 そしてこれから』
03/13(土) 22:55~23:30
※NHK総合/ NHKプラス同時・見逃し配信


書籍情報

『あんときのRADWIMPS「⼈⽣ 出会い」編』
発売日:2⽉15⽇
著者:渡辺雅敏
定価:本体 1,700 円+税
四六判簡易フランス装・320 ページ(予定)
出版社:⼩学館
定価:本体 1,700 円+税


『3.11 10年 そしてこれから』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/music/programs/444374.html

『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』特設サイト
https://radwimps.jp/10years10songs

RADWIMPS OFFICIAL WEBSITE
http://radwimps.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人