OMI(三代目JSB・登坂広臣)、新曲を語る!「これまでグループでもソロでも表現していないような楽曲」

■OMI(三代目JSB・登坂広臣)、新曲「Can You See The Light」を3月12日に配信リリース! 5月12日には、新作EP『ANSWER… SHADOW』を発表!

OMI(登坂広臣/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が、5月12日に新作EP『ANSWER… SHADOW』をリリースする。
※「OMI」の「O」はストローク符号付きが正式表記

自身がプロデュースするプロジェクト「CDL entertainment」を2月に本格始動させ、ソロアーティストの名義をHIROOMI TOSAKAからOMIに改めた登坂。

新作EPは、 アーティストとして生きていくなかでの心の葛藤や孤独などを“影”と表現したコンセプチュアルな作品に仕上がっている。

そして、3ヵ月連続デジタル配信第2弾「Can You See The Light」が 3月12日に全世界配信されることが決定。同日20時にはこの曲のミュージックビデオがYouTubeでプレミア公開される。

「Can You See The Light」は、2月にデジタルリリースされた「ANSWER… SHADOW」から続くストーリーを描いた作品。前作とは真逆の世界観が描かれ、暗闇の中にもわずかに見える希望の光にフォーカスが当てられた。

楽曲プロデュースにはUTAを迎え、時代やジャンルにとらわれずに、ビート感やフレージングの細部まで綿密にこだわった、これまでの登坂作品にはないあらたな一面が見られる楽曲に仕上がっている。

ミュージックビデオでは前作の儚い世界観から、わずかに見える希望へと向かう姿を、光や照明の作り方で表現。前作からあらたな象徴として掲げたアルテミス像の演出に変化を加えるなど、物語の細部にまでこだわったアート作品になっている。

なお、「Can You See The Light」のジャケット写真とコンセプトビジュアル、EP『ANSWER… SHADOW』のジャケットアートワークも公開された。

■OMI コメント
「Can You See The Light」は、『ANSWER… SHADOW』というEPのなかの1曲。『ANSWER…SHADOW』は、202年1月にリリースをした『Who Are You?』というアルバムに対しての、約1年の時を経ての答え=アンサーにあたる作品となっていて、『Who Are You?』が光の強い世界観を表現していたのに対して、『ANSWER… SHADOW』では、自分の心の中にある影を表現しています。
そんなEPのなかの1曲である「Can You See The Light』」は、『ANSWER… SHADOW』が表現する影のなかでも、僅かな光であったり、この先の作品に向けての1曲という立ち位置です。
これまでグループでもソロでも表現していないような、リズム感はあって踊れるけど、どこか儚さ、切なさがあり、一方でどこか希望が見えるような楽曲となっています。作っていく段階で見えてきた理想とする絵を、監督と綿密に打ち合わせをして今回の作品に落とし込みました。大変な撮影も多くありましたが、そのぶん自分が思い描いたミュージックビデオが出来たのではないかと思います。


リリース情報

2021.02.20 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ANSWER… SHADOW」

2021.03.12 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Can You See The Light」

2021.05.12 ON SALE
EP『ANSWER… SHADOW』


「Can You See The Light」配信リンク
https://orcd.co/omi_canyouseethelight
※3/12(金)00:00から有効

「Can You See The Light」MV
https://www.youtube.com/c/HIROOMITOSAKA_JSB3
※3/12(金)20:00からプレミア公開

OMI OFFICIAL WEBSITE
https://www.hiroomi-tosaka.com

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
https://www.jsoulb.jp/


DIGITAL SINGLE「Can You See The Light」

[初回生産限定盤A/CD+DVD]

[初回生産限定盤B/CD+DVD]

[通常盤/CD]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人