安田レイ、『THE FIRST TAKE』でH ZETTRIOとともに代表曲「Brand New Day」を渾身のパフォーマンス

■「あの場にいた全員の、一度しかないチャンスにかける熱い気持ちは、それはそれは静かだけど熱くて、なんだか神秘的で……。音楽ってすごいですね」(安田レイ)

YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』第98回に、日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』挿入歌「Not the End」が話題の安田レイが初登場した。

安田レイは、13歳で音楽ユニット“元気ロケッツ”に参加。その後、20歳を迎えた2013年にデビューを果した。

ドラマやアニメ主題歌、CMタイアップ曲など、話題の楽曲を次々とリリースし、『第57回輝く!日本レコード大賞』では新人賞も受賞。これまでにリリースしたアルバム3作すべてがiTunesのJ-POPチャートでTOP10入りを果たしており、パワフルで確かな歌唱力と楽曲の世界観を表現する歌声で、さらなる活躍が期待されている。

そんな安田レイと、独特のグルーヴ感と圧倒的なライブパフォーマンス、人々を魅了する斬新なアイデアで注目を集めるピアノジャズトリオ、H ZETTRIOとのスペシャルコラボレーションが『THE FIRST TAKE』で実現した。

H ZETTRIOは、リオデジャネイロ・オリンピックの閉会式で、安倍晋三首相(当時)のマリオの演出で楽曲が起用されたことでも話題を呼んだ。

安田は、“無重力奏法”と称されるH ZETT M(p/青鼻)のテクニカルなピアノと、それを支えるH ZETT NIRE(b/赤鼻)とH ZETT KOU(ds/銀鼻)によるキレのあるリズムセクションとともに、代表曲「Brand New Day」を『THE FIRST TAKE』だけの特別なアレンジで披露している。

『THE FIRST TAKE』は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。一昨年にローンチし、チャンネル登録者は387万人(※3月5日時点)を突破。さらに動画総再生数が8億8,000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

グローバルチャンネルとしての注目度も高く、最近では、J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』とコラボレーションしたラジオレギュラー番組『THE FIRST TAKE MUSIC』の放送がスタート。さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や、次なる才能を探す一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルだ。

■安田レイ コメント
普段のレコーディングやライブとはまた違った、新感覚の緊張感でした。あの場にいた全員の、一度しかないチャンスにかける熱い気持ちは、それはそれは静かだけど熱くて、なんだか神秘的で……。きっとあの日のあの瞬間にしか見られない景色だったと思います。真っ白な世界にいろんな景色や匂いを感じて、この出口のない日々に少しの光を感じました。音楽ってすごいですね。そんな一瞬を噛み締めながら歌わせていただきました。

■H ZETTRIO コメント
ファーストテイクということで、すぐに終わってしまいましたが演奏するごとに様々な「Brand New Day」の形があるような気がしました。安田さんの伸びやかな歌声とともにどこまでもいけそうな、とても楽しいセッションでした。


リリース情報

2021.02.07 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Not the End」

2021.02.24 ON SALE
SINGLE「Not the End」


『THE FIRST TAKE』YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Instagram(@the_firsttake)
https://www.instagram.com/the_firsttake/

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Twitter(@The_FirstTake)
https://twitter.com/The_FirstTake

安田レイ OFFICIAL WEBSITE
https://www.yasudarei.net/

H ZETTRIO OFFIIAL WEBSITE
http://worldapart.co.jp/hzettrio/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人