King & Prince、『with』表紙に4回目の登場! オフィシャルカレンダーのスペシャルカットも独占公開

■森七菜、ブレずに持ち続ける信念を語る!「撮影現場では、お芝居のアプローチでやってみたいアイデアがあれば絶対に1回は監督に見てもらいます。自分がイキイキできる道を探すことを諦めたくはありません」

『with』4月号が、2月26日に発売される。表紙を飾るのは、King & Prince。彼らが『with』表紙に登場するのは、今回で4回目となる。

■読者からのアツいラブコールを受けて、表紙&カバーストーリーにKing & Princeが登場!『with』に登場するたびに多くの反響が届き、編集部でもその存在感の大きさが毎回話題となる超人気アイドル、King & Prince。グループでの表紙への登場は、デビュー3年目にして早くも4回目となるが、今年創刊40周年を迎える『with』の歴史のなかでもこのスピード感は異例。King & Princeの圧倒的な人気の高さを物語るカバー記録となっている。

今号では、高いビジュアル力や洗練された空気感、そしてチームワークといった彼らの魅力を、できるだけシンプルな形で伝えるべく特集を企画。テーマはストレートに「好き。」。ミニマムな切り口で浮かび上がる“King & Princeの輝き”に、こだわりビタースイートなテイストで届ける12ページとなっている。

ソロページでは、ドキッとするほどの距離でメンバーの表情にクローズアップ。ページをめくるたびに、まるでメンバーに見つめられているかのような気分に浸れる美ビジュアルなKing & Princeが登場! そしてペアでの撮影では、「オトナ感」を意識。仲がよく、笑顔の絶えないメンバーたちだからこそ、“しっとり” “エモーショナル”なコンビカットを楽しめる。2人組の撮影時には少し照れた様子を見せていたメンバー。数パターンあるコンビカットのうちのひとつは『DREAM BOYS』での名演が大きな話題となった、岸優太と神宮寺勇太の“Wゆうた”コンビ。まずは互いに向き合ったカットからスタートすると、コンビネーションばっちりに真剣な眼差しを交わし合い、撮影は順調に進行。途中、カメラマンからのリクエストでポーズを変えていくなか、神宮寺が岸のあごを指でちょんっとつつくと「ふふふ」とさすがに岸も照れ笑い。それでも少しすると「OKですっ」とうなづいて、再びふたりで様々な表情を見せた。

座談会では「互いを好きと感じた最初の瞬間」にスポットをあててインタビュー。メンバーの絆が感じられる“イイ話”が多数繰り出されつつも、たびたび爆笑が起こったロング座談会。仲が良いだけではなく、笑いのなかにも互いのリスペクトが感じられるトークとなった。

King & Princeへの「好き。」の気持ちが止まらなくなる12ページだ。

そして同号には、3月5日に迫った『King & Prince 2021.4-2022.3 オフィシャルカレンダー』の裏側に迫った「King & Prince カレンダースペシャル 後編」も6ページにわたって掲載。大好評だった『with』3月号の前編に続き、メンバーが撮影のエピソードを語る座談会はもちろん、今回はオフショットを大放出! 「オフショット祭」と称して、約60カットものビハインドショットを公開している。カレンダー本編で見せるクールな佇まいや、モードなムードの裏側で無邪気な笑顔に溢れていた、現場の空気をギュギュッと閉じ込めて紹介! この6ページに掲載されているオフショットはカレンダーに収録されているオフショットとは異なり、『with』だけで楽しめる独占公開のものばかり。カレンダーとあわせて見ると2倍以上(!?)楽しめる、愛おしいわちゃわちゃ感満載で届ける。

笑っていても、静かにたたずんでいても、そこにKing & Princeがいるだけで新しいストーリーが始まると感じさせる特集、そしてカレンダースペシャル。『with』4月号でじっくりと楽しもう。

■映画『ライアー×ライアー』主演、森七菜インタビュー!
「生まれ変わっても、また私に生まれたい」そんなテーマでインタビューを行った『with』4月号。女優・高畑充希、タレント・長濱ねる、歌手・Little Glee Monster、女優・森七菜、サッカー選手・永里優季、スタイリスト・大草直子の計4名と1グループの、今をときめく女性たちにそれぞれの生き方について迫っていく。

今回ピックアップするのは、女優の森七菜。昨年は初主演ドラマ『恋あた』で圧倒的な演技力を証明、歌手デビューも果たすなど、19歳ながら着々と自分の可能性を広げている彼女。そこには、多忙な日々でもブレずに持ち続けている信念がある。

嘘がつけない性格。意見がぶつかったり、少しでも自分にとって疑問が残ってしまう場合、必ず一度立ち止まる。

「撮影現場では、リハーサルで試してみて自分が“いいな”と感じたお芝居のアプローチを優先したいと思っています。そのほうが、きっと画面に映る自分もイキイキしているはずですし。我を貫くつもりはまったくないのですが、やってみたいアイデアがあれば絶対に1回は監督に見てもらいます。自分がイキイキできる道を探すことを諦めたくはありません」

まだ、19歳。自分の意見を貫くことには難しさもあるはず。走り出した彼女の原動力は、「昨年から一気に初主演ドラマや実写初主演映画をやらせていただき、真ん中に立たせていただく機会が増えました。まだまだ『誰この子?』という声がたくさんあると思いますが、今年は、皆さんの『?』を、納得や感動の『!』に変えていく1年にしていくことが目標です」そう話す森七菜。期待に応え、自分の存在を証明することが大きなモチベーションになっているという。

プレッシャーを原動力に変えて突き進む彼女。インタビューではそんな森七菜に10のQuestionも。いちばんのご褒美は大トロ、ゲソ、穴子! など、彼女らしさ全開の回答にもきゅん!

■仕事も毎日もときめくテクが盛りだくさん! 梅澤美波×こんまり書籍『JoyatWork』着まわし
新人でもベテランでもない20代後半。仕事には慣れてきたけど、まだまだ余裕があるわけではない『with』読者世代が“ときめく働き方”をするにはどうしたらいい?

今回は、そん悩みに応えた着まわし企画が実現!

ストーリーのベースとなったのは、片づけコンサルタントとして世界規模で片づけブームを巻き起こしている“こんまり”こと近藤麻理恵の書籍『Joy at Work』。

日々のタスクをこなすだけで精一杯! 仕事にときめく余裕なんてない女性を演じるのは、梅澤美波。

day1ではバタバタと仕事をしていた主人公が、こんまりの書籍『Joy at Work』に出会ったことをきっかけに、イキイキしながら仕事に取り組む姿をさすがな演技力で魅せた。

今回はその演技力が伝わる撮影裏話をお届け! 片づけられない主人公が、day4では部屋の大掃除を実行! 撮影で使ったダンボールはもちろん空でとっても軽いのに、まるで大荷物が入っているかのように「う〜〜〜おも〜い(汗)もう持てませんっ!」と熱演。その様子は本誌でチェック!

■サヨナラからコンニチハ、希望のファイブスターズ HiHiJetsが語るエモについて!
HiHiJetsと『with』の繋がりを紐解くと、まずはファンからも大きな反響があった伝説の企画「トトトトト」で、高橋と作間が登場。当時、その場にいなかった他メンバーに寄せる熱い思いをたくさん聞かせたのが、とても印象的だった。スタッフ内で彼らは本当に仲良し男子校グループみたいな感じだねと話題に。

その後、割と時間を空けずにHiHiJets5人揃って『with』誌面に舞い戻ってきたのが去年……。言わずもがな、世界中が大変な中での誌面登場ということもあり、少しでも前向きな企画にしたいと考えていた編集者の前に現れたメンバーたちは、想像をはるかに上回るポジティブパワーに満ち溢れていた。

どこまでも明るい! とにかく明るい。こんな明るい方たち、久々にお見かけしました(笑)と思わず編集後記に書いてしまうほど。

そして、今回、再び『with』に降臨!

今月の企画は、前回同様に底抜けの明るさを見せてくれつつも、卒業シーズンの出会いと別れをテーマにしたということもあり、なんとなくエモさも共存する企画に。明るさの中に、時折混ざるエモさがたまらなく彼らの美を際立たせている。

実際、この3月に高校を卒業するメンバーの猪狩や作間もいれば、ひと足先に卒業した高橋や、今年成人式を迎えた井上と橋本もいる。年齢は異なるが、それぞれが卒業を振り返り、語ってくれた話は、どれもピュアな輝きに満ちていた。各メンバーの、甘酸っぱい卒業に関わる思い出や、別れと出会いに関するインタビューは、読み応えたっぷりの内容に。

この冬から春にかけて、彼らはいくつものこと、何人もの人に「サヨナラ」を告げた。でも、同時にそれ以上のたっぷりの出会いを通して、また大きく成長するのだろう。そんな明るい未来をこれでもかというくらい感じさせてくれる企画になっている。


書籍情報

『with』2021年4月号
発売日:2月26日(金)※首都圏基準
表紙:King & Prince
価格:690円


with online
https://withonline.jp/

『with』公式Instagram(@with_mag_official)
https://www.instagram.com/with_mag_official/?hl=ja


(C)2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人