スキマスイッチ、約1年を経て開催されたツアーファイナルで感無量。「ファイナルです。やっとファイナルです!」

■「コンサートをやることが、正しいかどうかわかりません。でも、みんなの笑顔を見て、間違いじゃなかった気がしています」(スキマスイッチ)

2月21日、『スキマスイッチTOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2 FINAL in KUMAMOTO supported by uP!!!』が熊本城ホールにて行われた。

このライブは本来、前年2月28日に予定されていたもので、新型コロナウイルスの影響によりずっと延期になっていたが、約1年の歳月を経て開催されることになった。今回は配信も同時に行われ、ファイナルの模様は全国のファンと共有された。

開演時刻の19時、大橋卓弥、常田真太郎を含む9人が舞台に現れた。1年前と同じメンバーが、当時と同じ赤の衣装で定位置に着く。

「ファイナルです。やっとファイナルです!」(大橋)
「忘れ物を取りに熊本へ」(常田)

と語るように、冒頭から感無量の空気に包まれる。

今回の公演は通常と少し変わった部分があった。それはこのツアーが1年以上前に行われたもので、すでに映像作品としてリリース済という点である。つまりセットリストや曲順などはほぼネタバレした状態なのだが、それでも観客を引き込んでいくのがスキマスイッチである。いま歌いたい曲を、あらたなアレンジで披露する『POPMAN’S CARNIVAL』のコンセプトに則って、質の高い演奏を聴かせていく。

中でも「冬の口笛」「雨待ち風」といった楽曲は、やっと実現した熊本での時間を慈しむように、いつも以上に優しいトーンで歌われた。また、「星のうつわ」は圧巻のダイナミズムを表現し、ライブのひとつのクライマックスとなっていた。後半はアップテンポの楽曲を続け、「全力少年」では声を出せない客席とコール&レスポンスの代わりに手拍子レスポンスで一体感を創り出した。

「今もすべてが片付いたわけじゃないし、こうやってコンサートをやることが正しいかどうかわかりません。でも、みんなの笑顔を見て、間違いじゃなかった気がしています」。MCでは、まだコロナ禍の続く中での公演に葛藤があったことも告白。そうした状況を受け、彼らはアンコール最後の曲を「未来花(ミライカ)for Anniversary」で締めた。何気ない日常の尊さを歌ったうたが、深く心に入り込んでくる。

「本当に長い間、ツアーを応援してくださってありがとうございました」。そんな言葉と共に、足掛け3年に及んだスキマスイッチのツアーがここに幕を閉じた。

なお、このライブは、2月23日8時から3月1日23時59分まで、アーカイブ視聴が可能。見逃した陣はぜひチェックしよう。

TEXT BY 清水浩司
PHOTO BY 岩佐篤樹

<セットリスト>
POPMAN’S carnivalのテーマ2
ふれて未来を
ユリーカ
Revival
アイスクリーム シンドローム
時間の止め方
冬の口笛
雨待ち風

青春
きみがいいなら
星のうつわ
キレイだ
スフィアの羽根
パーリー!パーリー!
全力少年
Ah Yeah!!
(encore)
メロドラマ
パラボラヴァ
未来花(ミライカ)for Anniversary


リリース情報

2020.10.14 ON SALE
Blu-ray&DVD『スキマスイッチ TOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2 THE MOVIE』


チケット申し込みはこちら
https://up.auone.jp/articles/id/82941?ref=os

スキマスイッチ OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人