森七菜&神尾楓珠出演、ドコモ『ahamo』TVCM公開! 音楽は、YOASOBIの新曲「三原色」

■「撮影現場ではYOASOBIさんの曲がたくさんかかっていて、楽しく撮影できました」(森七菜)「Z世代は誰もが聴いています。こういう形ですが、共演できるのはすごくうれしい」(神尾楓珠)

NTTドコモ(以下、ドコモ)が、ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できるあらたな料金プラン『ahamo(アハモ)』を、3月26日からスタート。

サービス開始に先立ち、森七菜と神尾楓珠が出演する新TVCM『ahamoはじまるよ』篇15秒、30秒が、本日2月24日より全国でオンエアされる。

『ahamo』は、デジタルネイティブ世代に寄り添い、一緒に成長していくことをコンセプトにした、ニューノーマル時代のスタンダードとなる料金プラン。ユーザーに新料金プランの驚きや喜び、楽しさを伝えるため、デジタルネイティブ世代を代表して森七菜と神尾楓珠をCMキャラクターに起用。思わず目が惹きつけられるグラフィカルな映像の中で、森はチャーミングな笑顔を、神尾は色気のある笑顔を披露し、デジタルネイティブ世代にフィットする「オシャレ、カッコいい、憧れ」をコンセプトとした世界観を表現している。

映像を盛り上げる楽曲は、デジタルネイティブ世代に圧倒的な支持を集める音楽ユニット、YOASOBIが書き下ろし。新しい春に向けて背中を押す、YOASOBIの楽曲にも注目だ。

■CMソング、YOASOB「三原色」について
CMで流れるのは、YOASOBIが書き下ろした新曲「三原色」。小説をベースとするエモーショナルな歌詞や、デジタルを駆使した楽曲制作で知られるYOASOBIらしいドラマチックなメロディが、森七菜と神尾楓珠のナチュラルな表情、そしてカラフルな映像と融合することで、『ahamo』の世界観が強調されている。

森七菜&神尾楓珠 インタビュー
――CMの撮影を終えた感想をお聞かせください 。
森:楽しかったです。撮影現場ではYOASOBIさんの曲がたくさんかかっていて、そのテンポに乗りながら楽しく撮影できました。
神尾:楽しかったです! 監督がボクの普段の感じを尊重してくれて、それを撮影に反映してくださったのでやりやすかったです。

――以前、ドラマで共演してから、お互いの印象は変わりましたか。
森:(神尾さんは)こんなにクールだったっけな~と思いました(笑)。大人になるってこういうことか……って思って。22歳になると……なるほどな、と思いました。
神尾:オーラあるなぁ……と思いました。でも、話すと“森七菜だな”と思いました(笑)。

――CM楽曲はYOASOBIの書き下ろしです。同じ“Z世代のYOASOBIをどう思いますか。
森:めちゃくちゃ好きです! 全部好きで、さっきもどの曲が好きか話をしてたんですけど選べないけどコレ! みたいな。迷うくらいすべて素敵だなと思います。
神尾:Z世代は誰もが聴いています。こういう形ですが、共演できるのはすごくうれしいです。

――Z世代として、「大人になったな」と感じたエピソードがあれば教えてください。
森:手持ちのバッグを持てるようになったことでしょうか。いつも肩掛けのバッグだったんです、すぐなくしちゃうんで。最近(手持ちのバッグを)持てるようになって、大人になったなって。
神尾:20歳になって一人暮らしを始めたときに自立したというか、自分一人で生活するというのが、大人になった第一歩なんじゃないかなと思います。実家で洗濯とかしたことがなかったので、洗剤の量とかわからなくて。Z世代だから、ネットで調べて解決しました(笑)。

――『ahamo』CMキャラクターとしての意気込みと、Z世代の皆さんへのメッセージをお願いします。
森:これから『ahamo』と一緒に新生活を始めて、見えている未来をシンプルに真っすぐに、一緒にめざしていけるように、いいご案内ができるように頑張ります。
神尾:今回は若者代表としてCMを撮ってるんですけど、『ahamo』は若者にも優しいプランになっているので、それをボクたちが伝えられたらいいなと思っています。


『ahamo』公式サイト
https://www.ahamo.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人