松坂桃李、映画『あの頃。』でべース演奏シーンに大苦戦&その理由に納得!

■「(原作者の)劔(樹人)さんは、“適当で大丈夫です”とおっしゃってくださるんですが、実際には全然適当ではないので(笑)」(松坂桃李)

松坂桃李主演、映画『あの頃。』(2月19日公開)より、メイキング写真が解禁された。

本作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)の映画化作品。

ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を演じるのは、『娼年』(2018年)、『新聞記者』(2019年)などの話題作で、様々な役柄に果敢に挑み続ける松坂桃李。藤本美貴の魅力を熱く語る、プライドが高くてひねくれ者のコズミン役には『今日から俺は!!劇場版』での今井役が記憶に新しい仲野太賀。石川梨華推しで、リーダー格のロビ役に山中崇、痛車や自分でオタクグッズを制作する西野役に若葉竜也、CDショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役に芹澤興人。そして、ハロプロ全般を推すイトウ役に、本作が映画初出演となるお笑いコンビ、ロッチのコカドケンタロウ。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。

メガホンをとるのは、『愛がなんだ』(2019年)、『mellow』(2020年)、『his』(2020年)など次々に話題作を発表している今泉力哉。脚本は『南瓜とマヨネーズ』(2017年)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018年)などで監督・脚本を手がけてきた冨永昌敬。また、ネット音楽シーンから頭角を現した新進気鋭の音楽家、長谷川白紙が劇伴を担当している。

そしてこのたび、松坂桃李のベース演奏シーンのメイキング写真が公開。“あらかじめ決められた恋人たち”のベーシストとして活躍している本作の原作者・劔樹人が、松坂に直接ベースの弾き方を教えている。

松坂はこれまでにも、ピアニストなどの役柄を演じてきているが、「左利きなのですが、右利きで演奏しないといけなかったので大変でした。劔さんは“適当で大丈夫です”とおっしゃってくださるんですが、実際には全然適当ではないので(笑)」と練習の際のエピソードをコメント。

劇中ではバンド演奏とあわせて、歌唱シーンも披露しており、松坂の貴重な姿を観ることができる。なお、劇中で松坂が弾いているベースは、劒が実際に使っていたものとのことだ。


映画情報

『あの頃。』
2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷 ほか 全国ロードショー
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山崎夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)
製作幹事:日活 ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(C)2020『あの頃。』製作委員会


映画『あの頃。』公式Twitter
@eiga_anokoro

映画『あの頃。』作品サイト
https://phantom-film.com/anokoro/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人