Uru「ファーストラヴ」MVに、窪塚洋介の息子が出演!「(父に)“楽しんで”と言って送り出してもらいました」

■「MVに出たいという夢が実現できて、とてもうれしいです。堤幸彦監督、そして僕の父も出演している作品ということで、とてもワクワクしていました」(窪塚愛流)

Uruが2月10日にリリースしたニューシングル「ファーストラヴ」のミュージックビデオに、窪塚洋介の息子、窪塚愛流が出演していることが発表された。

「ファーストラヴ」は、2月11日公開の映画『ファーストラヴ』のためにUruが作詞・作曲を手がけ、“タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからない”として映画と同名のタイトルを冠した1曲。

ミュージックビデオは、北川景子演じる由紀が、ひとり思い悩んでいた中学生の頃を回想するという、映画『ファーストラヴ』の後日談ともいえるアザーストーリー。今回がミュージックビデオ初出演となる北川景子と、堤幸彦原案・監督による完全撮りおろし映像となった。

菊地麻衣演じる中学生時代の由紀が川沿いを俯きながら歩き、ふと顔を上げると通りすがりのひとりの男の子がこちらを振り返り、見つめている。窪塚洋介演じる我聞の若き日を彷彿とさせる、その男の子が優しく微笑みかけるその笑顔に、硬くこわばっていた由紀の表情も思わず綻んで――。

その男の子こそが、映画で由紀の夫・我聞を演じた窪塚洋介の息子、俳優・モデルの窪塚愛流(あいる)だ。思春期の淡い記憶と現在が交錯するエモーショナルな仕上がりに、大きな反響が巻き起こっている。

映画の物語ともリンクする淡い思い出が映し出されたミュージックビデオ、そして映画本編の両方を堪能して、窪塚洋介・愛流のクロスオーバーを味わおう。

Uruにとって通算10枚目となるシングル「ファーストラヴ」には、「ファーストラヴ」を表題曲に、同作映画の挿入歌「無機質」、そしてカップリングに現在ストリーミングチャートを席捲中の優里「ドライフラワー」をピアノアレンジでカバーしたバージョンと、最新シングル「Break」をバラードアレンジにしたセルフカバーを収録。

さらに、初回盤には、昨年開催された『Uru Online Live 2020「あなたと私」』より、「今 逢いに行く」「あなたがいることで」の2曲のライブ映像と、昨年10月にリリースされた両A面シングル「Break」「振り子」のミュージックビデオがブルーレイディスクで付属する。

窪塚愛流 コメント
初めてこの曲を聴いたときに、気持ちが揺さぶられ、心を何かにつかまれるようで感動しました。ミュージックビデオに出たいという夢が実現できて、とてもうれしいです。堤幸彦監督、そして僕の父も出演している作品ということで、とてもワクワクしていました。今回、(堤監督から)ひとつひとつていねいに指導していただき、父とは真壁我聞という役がどんな人生を送ってきたのかを話して、「楽しんで」と言って送り出してもらい撮影に臨みました。


リリース情報

2021.2.10 ON SALE
SINGLE「ファーストラヴ」


映画情報

『ファーストラヴ』
2月11日(木・祝)全国ロードショー
出演:北川景子
中村倫也 芳根京子
板尾創路 石田法嗣 清原翔 ・ 高岡早紀
木村佳乃 窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:『ファーストラヴ』製作委員会
制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
配給:KADOKAWA
(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会


映画『ファーストラヴ』作品サイト
firstlove-movie.jp

Uru OFFICIAL WEBSITE
http://uru-official.com


[初回生産限定盤/CD+BD]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人