ももクロ・百田夏菜子が、尾上松也とデュエット!「男性の方と声を重ねる機会があまりないので、すごく新鮮でした」

■映画『すくってごらん』より、“バレンタイン特別映像”公開!「好きになってくれはったんですね?」という吉乃(百田夏菜子)の言葉に動揺する香芝(尾上松也)!

ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子がヒロイン役を務める、尾上松也、映画初主演作『すくってごらん』(3月12⽇公開)の特別映像が公開された。

映画『すくってごらん』は、とある失敗で左遷された、プライドは高いがネガティブな銀行員・香芝誠が、都会から遠く離れた地で出会った「金魚すくい」を通じて、思いもよらない成長をしていく物語。香芝を演じるのは映画初主演の尾上松也。彼がひと目ぼれする美女・吉乃を、初のヒロイン役となる百田夏菜子が務める。

原作は世界初の金魚すくいマンガにして、『このマンガがすごい!』にもランクインした傑作マンガ『すくってごらん』(大谷紀子/講談社)。メガホンをとったのは、長編デビュー作『ボクは坊さん。』で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。原作と同じ奈良県を舞台に「和」の世界と斬新な映像表現を融合させ、大胆かつ優雅、そして華麗なるエンターテインメントを誕生させた。

今回公開されたのは、香芝誠と生駒吉乃の切ない恋心を描いた特別映像。

左遷の地で仕事一筋で生きていくと決めたはずが、吉乃への想いが溢れる香芝。映像は、そんなふたりのデュエットシーンから始まる。電話ボックスの外にいる香芝と、中にとじこもっているかのような吉乃が見つめ合い、手のひらを重ねながら歌う曲は「鼓動の理由」。

百田はこのシーンについて「男性の方と声を重ねる機会があまりないので、すごく新鮮でした。松也さんの声と自分の声が重なるのも、実際にやってみないとどうなるかわからなかったですし、合わさったときに、こんなふうにひとつの声になるんだとすごく感動しました」と振り返る。

やがて香芝が吉乃の手をとって外へ連れ出すが、幻想的でロマンチックなだけでなく、切なさを感じさせるのは、メロディはもちろんだが、王寺昇(柿澤勇人)を見つめ涙を流す吉乃、それを見てしまう香芝の姿や、王寺を睨みつける香芝から、3人の関係が見え隠れするからだろう。

一方、現実では「好きになってくれはったんですね?」という吉乃の言葉に動揺する香芝。彼女のピアノを弾く姿や出会ったときからの表情のひとつひとつに反応し、想いが募っていくが、その想いは届くのだろうか? 吉乃の想いはいったい、どこにあるのだろうか?

吉乃がピアノで弾いている曲は「小赤」。百田自身が演奏した音が使われており、初披露となる。香芝が吉乃の演奏に見惚れてしまう、という説得力があるアレンジが重要だったため、ほぼピアノを触ったことのなかった百田にとっては難しい曲となったが、真壁幸紀監督は「そこに妥協しなくて、心から良かったなと思います」と見事な演奏をみせた百田に称賛の言葉を贈っている。

そのあとに続く「この世界をうまく泳ぐなら」は、2曲目の「小赤」とメロディは同じ。この曲は本編では香芝と吉乃、王寺昇の3人が歌うが、今回の映像では香芝と吉乃の歌唱部分が使用されている。香芝のソロ部分の“語れ そっと 恋を”という歌詞部分もポイント。 「小赤」とのアレンジの違いと詞に注目してみよう。

最初は敬遠していた金魚すくいを楽しむ香芝と、それを見つめる吉乃。吉乃は振り向いてくれるのか? Be my valentine(私の特別な人になって)……で終わる本映像。はたして香芝と吉乃の恋のゆくえは?

映画本編では、そんな恋模様を、シリアスなシーンだけでなく、あるときはポップに描き、あるときはコメディにまで昇華。同じメロディでアレンジが違う曲が多くあり、詞や曲調の変化から物語をよりいっそう感じとれるようになっている。

音楽を担当したのは、東方神起やAAA、Every Little Thing含め数多くのアーティストに楽曲提供してきた音楽プロデューサーの鈴木大輔。 映画1作まるごとの制作は今回が初めてだったが、大きな役割を担い、結果、音楽が眩いばかりの存在感を見せる作品となっている。


映画情報

『すくってごらん』
3月12日(金)TOHOシネマズ日比谷 他全国公開
出演:尾上松也 百田夏菜子
柿澤勇人 石田ニコル
矢崎広 大窪人衛 清水みさと 辻本みず希 北山雅康
鴨鈴女 やのぱん 竹井亮介 川野直輝 笑福亭鶴光
監督:真壁幸紀
原作:大谷紀子『すくってごらん』(講談社「BE LOVE」所載)
配給:ギグリーボックス
(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (c)大谷紀子/講談社


映画『すくってごらん』作品サイト
sukuttegoran.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人