朝ドラから大河へ! ディーン・フジオカ、再び「五代友厚」役に抜擢

■ディーン・フジオカ、NHK 大河ドラマ『青天を衝け』に出演決定!「時を超えた不思議な縁を感じております」

ディーン・フジオカが、2月14日から放送スタートするNHKの大河ドラマ『青天を衝け』に出演することが決定した。

主人公・渋沢栄一と同時代を駆け抜けた実業家、五代才助(友厚)役として大河ドラマ初出演を果たす。

ディーン・フジオカは、かつて、アジアで人気俳優の地位を確立していたが、日本で注目を集めるきっかけとなったのが、2015年に放送されたNHKの連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役。

実業家として奮闘する主人公のあさを支えたキーパーソンで、出演当時は視聴者に“五代様”と親しまれ、人気が急上昇。志半ばに早逝すると、「五代ロス」と呼ばれる社会現象まで起きた。

朝ドラと大河で同じ人物を演じることは珍しく、話題を集めることは必至。渋沢栄一の盟友である “五代様”の再来が、『青天を衝け』にどのような新しい風を巻き起こすのかに注目だ。

【薩摩藩士・五代才助 (友厚)とは?】
薩英戦争で捕虜となるも釈放される。長年の長崎遊学から世界情勢に通じており、貿易による富国強兵を唱えて渡英。留学中にパリ万国博覧会の情報をいち早く得て、薩摩藩としての参加を実現し、幕府の威信を落とす。このとき、幕府側の一員として参加していたのが栄一だった。のちに「西の五代、東の渋沢」と称される実業家となる。

ディーン・フジオカ コメント
大河ドラマに初めて出演させていただけることを、とても光栄に思います。そして、連続テレビ小説『あさが来た』の時と同じ五代友厚役を再び演じる機会をいただいたことを、心からうれしく思うとともに、時を超えた不思議な縁を感じております。 日本の近代史において「西の五代」が「東の渋沢」とどう関わり、大阪経済復興に身を捧げたのか。その力強い生きざまや、成し遂げた偉業について、視聴者の皆様と共にさらなる理解を深めていけるよう「五代さん」を全身全霊で演じます。


番組情報

大河ドラマ『青天を衝け』
2月14日(日)スタート
毎週日曜日 NHK総合 20:00~/BSプレミアム・BS4K 18:00~
再放送:毎週土曜日 NHK総合 13:05~


リリース情報

2020.12.11 ON SALE
DEAN FUJIOKA
DIGITAL SINGLE「Follow Me」

2021.03.10 ON SALE
DEAN FUJIOKA
SINGLE「Take Over」


大河ドラマ『青天を衝け』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/seiten/

DEAN FUJIOKA OFFICIAL WEBSITE
http://www.deanfujioka.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人