森内寛樹(MY FIRST STORY)、『Mステ』で披露したMISIA「愛のカタチ」のカバー歌唱に大反響

■森内寛樹、ソロデビュー作『Sing;est』絶賛発売中! MISIA「アイノカタチ」、あいみょん「君はロックを聴かない」など、女性アーティストの楽曲を原曲キーで歌い上げる歌唱力は圧巻!

1月20日にアルバム『Sing;est』でソロデビューを果たした、MY FIRST STORYのフロントマン、Hiroこと森内寛樹(もりうちひろき)。

アルバム『Sing;est』が、iTunesリアルタイムチャートをはじめ数々のチャート上位を席巻するなか、本日2月5日に満を持してテレビ朝日系『MUSIC STATION』に出演。収録曲「アイノカタチ」をテレビ初披露した。

森内寛樹が『MUSIC STATION』に出演するのは今回が初めて。トップバッターでの出演となった森内は、司会のタモリから番組出演の心境を聞かれると、「昔から観ていた番組だったので、とてもとても楽しみにしています」と意気込み、MISIA「アイノカタチ」をカバーすることに関しては「初めて歌わせていただきます。原曲キーで、かなり高いのですがちゃんと歌い上げたいと思います」とコメントしたあと、いよいよパフォーマンスへ。

今回、テレビ初披露となった「アイノカタチ」は、歌い出しから安定の歌唱を見せたと同時に、サビの高音では原曲キーでていねいながらも力強く歌い上げ、「ありがとう」という最後の歌詞とともに笑顔でステージを後にし、初出演を無事に終えた。

SNS上では、森内寛樹の歌唱を観た視聴者から絶賛の声が寄せられ、今後のMY FIRST STORYでの番組出演にも注目が集まった。

なお、森内寛樹は、2月8日21時から放送のTBS系『CDTVライブ!ライブ!』2時間スペシャルに出演。デビューアルバム『Sing;est』収録曲より複数曲披露する。こちらも要チェックだ。

森内寛樹のデビューアルバム『Sing;est』は、MISIAの「アイノカタチ」や、あいみょん「君はロックを聴かない」など、日本中で愛されている楽曲を森内が敬意を込めてカバーした作品。すでにiTunesアルバムチャート1位をはじめ、各チャート上位を席巻しており、話題となっている。

タイトル『Sing;est』は、歌手である“Singer”、最上級の意味を持つ“est”、そして文章の途中で切り、説明を続けるときに使用する符号“Semicolon(セミコロン)”をつけて、タイトルに“No.1ボーカリスト”の意味が込められている。

計10曲の収録曲はどれも普段から森内自身が歌っている楽曲で、女性アーティストの楽曲を原曲キーで歌い上げる歌唱力は圧巻。まさに“ひと聴き惚れ”間違いなしのアルバムに仕上がっている。


リリース情報

2021.01.20 ON SALE
ALBUM『Sing;est』


番組情報

TBS『CDTVライブ!ライブ!』
02/08(月)21:00~


『CDTVライブ!ライブ!』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/cdtv_livelive/

森内寛樹 OFFICIAL WEBSITE
https://sp.universal-music.co.jp/moriuchi-hiroki/singest

MY FIRST STORY OFFICIAL WEBSITE
https://myfirststory.net/


[UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤/CD+トールサイズケース+24P PHOTOBOOK+三方背スリーブケース)]

[通常盤/CDのみ]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人