上白石萌音以下、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』【岡山編】の出演者12名が明らかに!

■「顔を見合わせて、岡山ことばのセリフを交わせる日が、今から待ち遠しいです」(上白石萌音)

2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』より、上白石萌音がヒロインを務める【岡山編】の出演者12人が発表。朝ドラ初出演の松村北斗(SixTONES)、村上虹郎、YOUら豪華キャストが勢ぞろいした。

『カムカムエヴリバディ』は、「安子」「るい」「ひなた」の三世代の女性たちが紡いでいく、100年のファミリーストーリー。連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろす、オリジナル作品だ。

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋で、女の子が生まれた。名前を安子(上白石萌音)という。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸せが続くことを願っていたが、やがて戦争の足音が近づくなか、様々な試練が安子に舞い降りる。

しかし、ラジオ放送開始からまもなく始まるラジオ英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていく――。

なお、安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪、るいの娘、三代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都からスタート。昭和から平成、そして令和へ。三世代のヒロインたちは、その時代時代の試練にぶちあたり、時に世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。そして、2人の傍らにも、ラジオ英語講座があった。

今回発表された【岡山編】の出演者は、以下の12人。また音楽担当として、金子隆博も発表された。

<キャスト>
上白石萌音/橘 安子(たちばな やすこ)/ヒロイン
松村北斗(SixTONES)/雉真稔(きじま みのる)/雉真繊維の社長千吉の長男
村上虹郎/雉真勇(きじま いさむ)/千吉の次男
甲本雅裕/橘 金太(たちばな きんた)/安子の父
濱田 岳/橘算太(たちばなさんた)/安子の兄
西田尚美/橘 小しず(たちばな こしず)/安子の母
鷲尾真知子/橘 ひさ(たちばな ひさ)/安子の祖母
大和田伸也/橘 杵太郎(たちばなきねたろう)/安子の祖父
小野花梨/水田きぬ(みずた きぬ)安子の幼なじみ
浅越ゴエ(ザ・プラン9)/水田卯平(みずた うへい)/「水田屋とうふ」の店主
段田安則/雉真千吉(きじま せんきち)/雉真繊維の社長
岡田結実/雉真雪衣(きじまゆきえ)/雉真家の嫁
YOU/雉真美都里(きじまみどり)/千吉の妻

<コメント>
■上白石萌音
あまりにも素敵で心強い顔ぶれに、何度もキャスト表を読み直しては心を躍らせています。皆様のお顔やお声を想像しながら脚本を読むと、ただでさえ愛おしくてたまらなかった登場人物たちに体温が宿り、物語がいっそう鮮やかに色付くのを感じます。顔を見合わせて岡山ことばのセリフを交わせる日が、今から待ち遠しいです。胸をお借りして、たくさん勉強させていただきます。出来たての和菓子のように温かくて幸せな空気感を、ぜひ楽しみにお待ちください。

■松村北斗(SixTONES)
このたび、初めて朝ドラに参加させていただくことが決まり、本当にうれしいです。キャラクターとして演じる稔と、僕自身は大きく違います。しかし、台本を読んだ段階から、この役を満喫できる確信がありました! 皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです。

■村上虹郎
脚本を読ませていただいて、朝ドラってこんなにまっすぐでまぶしいのかと、そのエネルギーに面食らってます。朝ドラに参加させていただくのは初めてなので、各話のキュッとした尺とリズムをすぐにつかめるものなのか、未知の世界ですが、それも含めて楽しめたらなと思います。

■岡田結実
作品に参加してほしいというお声をかけていただいて、素敵なスタッフさんたちと仕事ができることが、泣くほどうれしかったあのときを忘れません。そして、キャスト陣の皆様の名前を聞いたときに、その世界のひとりとして生きられることが、もうすでに幸せです。雪衣が雪衣として、そこに生まれた意味を感じながら、必死に食らいついていきたいと思っています。そして親子三世代で紡いだ物語『カムカムエヴリバディ』を観た方の心の中が温かくなるように、踏ん張ります。

■金子隆博(音楽担当/a.k.aフラッシュ金子)
お話をいただき、胸が高鳴りました。
藤本有紀の作品だということ。
キーワードは「ジャズ」や「英語講座」「時代劇」だということ。
朝ドラでジャズ! それを自分が担当できる。これは一生に一度の大仕事だなと感じました。
時代背景の1920年代から現代までの100年は、質の高い音楽が多々作り出され、変貌し、また回帰した100年です。
素晴らしい先輩音楽家たちに敬意を払い、絶妙の距離感で物語に寄り添い、楽しいエンターテイメント作品となって視聴者の皆様に届けられるように、楽しく曲作りしたいと思います。
余談ですが「縁」って本当にあるんだなぁと思う。
初代ヒロイン(安子)と同じ日(3/22)に生まれたということ。その日はNHKの「放送記念日」だということ。
カムカムを英語で書いてローマ字読みすると「米米」だということs。

■制作統括・堀之内礼二郎
◇出演者発表にあたって
100年にわたる朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。その始まりの物語で、戦前の岡山の商店街で、幸せに伸び伸びと育ったヒロイン・安子が出会う、人間味溢れた愛らしい登場人物たち。そのひとりひとりに命を吹き込んでくださる最高のキャストをお迎えできました。
また、音楽の金子隆博さんは、『夫婦善哉』というドラマで脚本の藤本有紀さんとタッグを組まれました。素敵な皆さんと一緒に作るカムカムワールドを目のあたりにする日が、今から楽しみでなりません。
「戦前の岡山の物語」と聞くと、自分とは関係ない遠い昔のどっかの話、と思われるかもしれません。でも、日常の生活が厳しく制限されたり、甲子園を初めとした大きな催し物が中止になったり、もちろん過酷さの違いはあるものの、戦前・戦時中の世の中の状況は、かつてないほどに、現代の私たちにとって身近なことのように感じられます。
「こんなはずじゃなかった」という思いが溢れた世の中で、安子たちは迷い苦しみながらも前を向き、自分が今できることに真摯に取り組んでいきます。そのひたむきな姿を見て「この物語は自分の物語だ」と感じてほしいと願っています。今回ご紹介した皆さんとなら、きっとできると信じています。
ぜひ、この楽しい物語の世界に、カムカムエヴリバディ!!


番組情報

2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
NHK総合:毎週月曜〜土曜08:00〜[再]12:45〜
BSプレミアム・BS4K:毎週月曜〜土曜07:30〜[再] 毎週月曜〜金曜11:00〜
作:藤本有紀(オリジナル作品)
制作統括:堀之内礼二郎 櫻井賢
プロデューサー:葛西勇也 橋本果奈
広報プロデューサー:齋藤明日香
演出:安達もじり 橋爪紳一朗 深川貴志 松岡一史
収録予定:2021年春頃から 岡山・大阪・京都 他


詳細はこちら
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/443022.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人