映画『ファーストラヴ』より、北川景子と窪塚洋介の心あたたまる“夫婦”シーン公開

■「僕が窪塚洋介で泣いたのは、ほぼ初めてかもしれません(笑)」(堤幸彦監督)

映画『ファーストラヴ』の本編映像が解禁された。

「動機はそちらで見つけてください」――アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』。

予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマは、2018年に発表されるや大きな話題を呼び、これまで恩田陸『蜜蜂と遠雷』や東野圭吾『容疑者Xの献身』など数々の映像化話題作が受賞してきた第159回直木賞を受賞。累計発行部数35万部を超えるベストセラーとなった。

そんな“稀代の問題作”とも称された傑作サスペンスミステリーが、日本映画界を代表するキャスト・スタッフで完全映画化。2月11日に全国公開となる。

主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇り、映画『スマホを落としただけなのに』の大ヒットも記憶に新しい北川景子。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀(まかべ ゆき)を演じる。原作のキャラクター設定に合わせ、自らの発案で大胆にも髪の毛を30cm以上カットしたことでも話題になった。

さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉(あんの かしょう)に中村倫也。父親殺しの容疑者・聖山環菜(ひじりやま かんな)には芳根京子。そして由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞(まかべ がもん)に窪塚洋介。

その他、木村佳乃、板尾創路、高岡早紀などの演技派から、石田法嗣、清原翔といった気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集い、迫真の演技で物語をよりリアルにエモーショナルに紡いでいく。

監督は『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ『TRICK』シリーズや『SPEC』シリーズなど数々のスタイリッシュなサスペンスで熱狂的なファンを生み出してきたヒットメーカー、堤幸彦。北川景子と初タッグを組む。脚本は『八日目の蝉』(NHK)や『彼女がその名を知らない鳥たち』の浅野妙子。

主題歌「ファーストラヴ」を歌うUruの歌声も、作品に彩りを与えている。

■妻・真壁由紀(北川景子)を、優しくあたたかく見守る夫・我聞(窪塚洋介)。夫婦の関係性と安心感が伝わる本編映像を解禁
今回解禁となったのは、窪塚洋介演じる我聞が、愛する妻・由紀(北川景子)を優しく包み込む様子が伝わる本編映像。

写真館を営むカメラマンの我聞が、公認心理師である妻・由紀の帰宅を待ちながらキッチンで料理を作っている。帰宅した由紀に「お帰り」と我聞が優しく声をかけると、キッチンからの良い匂いにつられた由紀はすぐ横に立ち、「もしかして得意のポトフ!?」とうれしそうに満面の笑顔を見せながら、女子大生による父親殺害事件の取材について語り始める――。

公認心理師として日々人間の心の問題と向き合い、多忙な日々を過ごしていても、我聞のような夫が優しく見守り寄り添ってくれているからこそ、家ではつかの間のリラックスした表情を見せられる夫婦の関係性と安心感が伝わるシーンとなっている。

北川は「全体的に大変なシーンが多い中、窪塚さんとの夫婦のシーンは私の心のよりどころでした。窪塚さん自身が我聞さんのようにあたたかくて器の大きな方だったので、由紀の気持ちが想像しやすかったです」とコメント。

窪塚も「我聞は無駄なものが一切ない人物。僕がこれまで演じてきたのはどちらかと言うと、無駄なもので構成されているような(トリッキーな)役が多かったので、そういう意味では新鮮だったし、“何もしない”ことのほうが実は大変だったりするのかなと勉強になりました」と振り返る。事件が起こっている“外の世界”での躍動ではなく、由紀の心と家庭という“内の世界”を支える役柄でしっかりと存在感を示す窪塚の演技は、本作の見どころのひとつだ。

そんな窪塚の強烈な魅力を引き出してきた“盟友”である堤監督も、「窪塚さんとは長い付き合いですが、ご存知のとおりトリッキーなキャラで歩み続けてきた人です。でも、そんな彼が今回は完全な善人という驚くべきポジションにいた。おそらく我聞という人間はこれまで波乱万丈な人生を送ってきていますが、彼の写真を見れば、ものすごく優しい視線がそこにあるのがわかります。僕が窪塚洋介で泣いたのは、ほぼ初めてかもしれません(笑)」とまたあらたな一面に心を揺さぶられたことを明かしている。

ふたりが織りなす夫婦の愛が、事件の真相へと迫る由紀の心の拠り所となり、<ファーストラヴ>に秘められた真実が紐解かれていく。


映画情報

『ファーストラヴ』
2月11日(木・祝)全国ロードショー
出演:北川景子
中村倫也 芳根京子
板尾創路 石田法嗣 清原翔 ・ 高岡早紀
木村佳乃 窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:『ファーストラヴ』製作委員会 制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
配給:KADOKAWA
(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会


リリース情報

2020.10.28 ON SALE
SINGLE「Break / 振り子」

2021.2.10 ON SALE
SINGLE「ファーストラヴ」


映画『ファーストラヴ』作品サイト
firstlove-movie.jp

Uru OFFICIAL WEBSITE
http://uru-official.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人