モン吉がソロ3rdアルバムで再び応援歌をうたう!「自分なりのポップスをフルスイングでやる」

取材中、何度も「フルスイングで……」という言葉を口にしたモン吉。それだけ、最新アルバム『モン吉3』の制作は、何をやるにしてもフルスイングだったということだろう。一曲一曲丁寧に向き合って完成させた本作について語ってもらった。

【インタビュー】
モン吉

自分なりのポップスをフルスイングでやる

──3rdアルバム『モン吉3』が完成しました。前作『モン吉2』から3年ぶりのリリースですね。

モン吉 良い曲を作って、良いライブをすることしか考えてなかったんですけど、こんなに期間が空くとは思わなかったです(笑)。もうちょっと早く出す予定だったんですけど、コロナの影響もあり、ゆっくり作らせてもらいました。

──ピュアなラブソング「君が好き」、まっすぐな応援歌「夢のつづき」など、FUNKY MONKEY BABYS(ファンキーモンキーベイビーズ)を想起させるような楽曲も収録されていますね。

モン吉 普段はテーマを決めずに作るんですけど、今回はスタッフと話し合いをした時に「ファンモンっぽいアルバムを目指してみるのはどうか?」という話になって。振り返ってみると、一作目、二作目には応援歌が入ってなかったんですよ。やらない! って決めてたわけではないんだけど、言われてみたらないなって。

──今回は“応援歌を作る”というスイッチが入ったと?

モン吉 いや、そういうわけでもないんですけどね(笑)。「夢のつづき」はsoundbreakersの大野裕一さんのトラックで、それが明らかに応援歌にぴったりだったんですよね。元々オケ先行で作ることが多いんですけど、「夢のつづき」のトラックを聴いた時に、すぐに応援歌をやってみようと思ったので。

──なるほど。モン吉さん自身の音楽的なモードや、「こういう音でやってみたい」というところから曲作りが始まることはないのですか?

モン吉 そこは難しいところですね。ポップスに落とし込めるのであれば、自分が普段聴いているようなインストを試してもいいんですけど、そうならないんだったら、やらないほうがいい。ファンモンの時からそうですけど、いちばん得意なのはポップスなんですよ。今回も自分なりのポップスをフルスイングでやろうと思ってました。

 

ファンモンを目指しながらも、経験を重ねた今だから出来た曲もある

──それがファンモンらしさに繋がるのですね。1曲目の「RUNNIN’」にはコアなダンスミュージックの要素もありますが、しっかりポップスになっていて。

モン吉 「RUNNIN’」は個人的にも好きですね。プログレッシブ・ハウスが前から好きで、それを自分なりにやってみようと思って。ファンモンのときにもお願いしたことがあるShingo Nakamuraさんに頼もうとしたら、Togashiさんというトラックメイカーを紹介してくれて。こういうジャンルはマネして作っても難しくて、本職の人に頼んだほうがいいんですよね。トラックをもらった時にメロディと一緒に“走り出せ”という最初の言葉が出てきた感じです。そこまで明るい音ではないから、歌詞まで暗くなっちゃうと沈んじゃうので。

──“こんな未来になったらいいな”で始まる「WONDER DAY」も前向きな歌だなと。

モン吉 これはもうヒップホップをやろうと思って。90年代っぽいトラックだし、“古き良き”という感じでやるのも良いのかなと。この曲、フロウを先に決めたんですよ。英語でも日本語でもない言葉で適当にラップして、その響きに合った言葉を当てはめて。そういうやり方はインディーズの頃、よくやってたんですよ。

──原点回帰的な曲なのかも。そしてレゲエテイストの「ONENESS」は強いメッセージが込められていて。

モン吉 そうですね。右の人と左の人がお互いを叩き合ったり、ベジタリアンの人が肉を食べてる人を小バカにしたり、ネットの中って非難の言葉が多いじゃないですか。自分は「どっちも正解だし、認め合うのがいいんじゃない?」と思っていて、それをそのまま書いた感じです。今までに書いたことがない気がしますね、こういう歌詞は。“ファンモンっぽいアルバム”と言いつつ、この曲だけは違うかも。

──(笑)。「チャイルドキッド」は、子どもの頃の思い出がテーマですか……?

モン吉 いや、自分の子どものことですね、これは。今5歳なんですけど、ホントに生意気になってきて(笑)。普段の様子をそのまま歌詞にしているし、子どもたちに飛び跳ねながら聴いてほしいなというイメージもありました。これもファンモンの頃では出来なかった曲かも。

 

画的にも面白いことができる、配信ライブでの正解を探していきたい

──そして、「ROLLIN」は思わずタオルを回したくなるようなアッパーチューン。

モン吉 まさにタオルソングですね。実はコロナになる前に作った曲で、タオルを回す気満々だったんですけど、こういう状況になってしまったので、ライブでやれるのはまだ先になりそうですね。それまでは家や車の中で聴いて、盛り上がってもらえたらなって。

──気鋭のラッパー・Nillnicoをフィーチャーした「LOOP MAGIC feat.NillNico」、ラブリーサマーちゃんとのデュエットソング「君の面影 feat.ラブリーサマーちゃん」も収録。バラエティに富んだアルバムになりましたね。

モン吉 そうですね。アルバム全部、ツルッと一周できると思うし、飽きずに聴いてもらえるのもファンモンっぽいのかなと。次はどうなるかわからないですけどね。「LOOP MAGIC」みたいに最新のジャンルをポップスに落とし込む曲を作ってみたい気持ちはあるけど、一曲一曲、そのときにやりたいことを続けていくだけなので。あと、配信ライブは続けたいと思ってます。この前初めてやって、「嫌いじゃないな」と思ったんですよ。MV撮影とテレビとライブが混ざってるというか、画的にも面白いことができるし。生のライブは状況によって左右されますけど、配信ならライブはできるじゃないですか。そのなかで正解を探していきたいですね。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


プロフィール

モンキチ/1979年2月17日、東京都八王子市生まれ。2004年1月に地元・八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。2006年にシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。2013年6月、東京ドームにて、同グループを解散。2016年3月にソロ第1弾楽曲「桜ユラユラ」を配信限定シングルとして、同年8月10日には1stソロアルバム『モン吉1』をリリース。2017年12月13日に2ndアルバム『モン吉2』をリリースし、ワンマンライブツアー『猿旅2018』を開催。

モン吉 OFFICIAL WEBSITE
https://monkichi.jp/

モン吉 OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/fmb_monkiti

モン吉 OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/fmbmonkiti/


ライブ情報

SARUTABI2021~MEGURU~
02/06(土)福岡・DRUM SON
02/13(土)大阪・アメリカ村 FANJ twice
02/21(日)宮城・仙台MACANA
03/06(土)香川・高松DIME
03/19(金)愛知・ell.FITS ALL
03/26(金)東京・Shibuya WWW
※全日程、猿の部・旅の部という形での2部制ライブ。

https://monkichi.jp/feature/sarutabi2021


リリース情報

2021.01.27 ON SALE
ALBUM『モン吉3』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人