大滝詠一『ロンバケ』夢のコラボポスター企画が大好評! 第2弾は、漫画家・久米田康治

■「“大滝詠一”を知ったのは、実は音楽より先に<ナイアガラトライアングル>と書かれたサイン色紙だったのです」(久米田康治)

大滝詠一が1981年3月21日に発表したアルバム『A LONG VACATION』の発売40周年を記念して、2021年3月21日に『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』がリリースされる。

通称『ロンバケ』と呼称される本作品は、音専誌『レコード・コレクターズ』2010年9月号の特集「日本のロック・アルバム・ベスト100(1980年代編)」で第1位に選ばれるなど、日本の音楽シーンに燦然と輝く名盤。2020年までに累計200万枚以上のセールスを記録している、まさに金字塔とも言える傑作アルバムだ。

昨今では、永井博によるイラストもあわせて“シティポップ”のマスターピースとして海外でも高い評価を受けている本作。アルバム発売40周年を記念して、大滝詠一や、アルバム『A LONG VACATION』と縁のある4人のイラストレーター・漫画家が『ロンバケ』ジャケットをモチーフにイラストを描く、コラボレーションポスター企画も好評実施中だ。

その第1弾では、イラストレーター本秀康とのコラボレーションが実現。そして、このたび、第2弾として人気漫画家・久米田康治による作品が発表された。

映画化も決定した、久米田康治原作の人気TVアニメ『かくしごと』のエンディングテーマに、大滝詠一の代表曲「君は天然色」が起用。この縁で、今回のコラボレーションに参加が決定した。

コラボレーションポスターは、全国のCDショップの店頭や、大滝詠一オフィシャルサイト、SONY MUSIC 公式SNSなどで展開。今後、2月と3月にさらに1作品ずつ、計4人による『ロンバケ』コラボポスターのデザインが公開される。

久米田康治 コメント
最初の出会いは一枚のサインだったのです。
“大滝詠一”を知ったのは、実は音楽より先に<ナイアガラトライアングル>と書かれたサイン色紙だったのです。
なぜか小学校の友達に大滝さんの親戚がいて、それを頂いたのです。
そのときは有名なミュージシャンとしか認識していなかったのですが、中学高校とどハマりして聴きまくったものです。
レコード屋さんの店員からしたら、マクロスのサントラと『EACH TIME』を同時に買う珍しい客だったのかも知れません。
というのも、当時アニメはまだ隠れて観るものとして虐げられていた傾向があり、お洒落最先端のニューミュージックとは趣味があまりに乖離していて、久米田少年は分裂気味ととられかねなかったと思います。
時を経て『かくしごと』アニメのエンディングに使わせていただいたことにより、分裂していた人格がひとつになれた気がします。
本当に感謝しかありません。

80’s
ヘインズの白いTシャツにコンバースの踵を潰し海に繰り出し、大滝詠一を聴けば、お世辞にも綺麗ではない三浦海岸でも、その風景は鈴木英人さん、永井博さんの描く憧れの西海岸のワンシーンに脳内変換できたものです。


リリース情報

2021.03.21 ON SALE
ALBUM『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』【完全生産限定盤VOX】
(4CD+Blu-ray+アナログレコード[2枚組]+カセットテープ+豪華ブックレット+復刻イラストブック+ナイアガラ福袋)

2021.03.21 ON SALE
ALBUM『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』【通常盤CD】

2021.03.21 ON SALE
ALBUM『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』【アナログ】


『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』 特設サイト
https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/LV40/

大滝詠一 OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/EiichiOhtaki/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人