三代目JSB・岩田剛典、音楽プロデューサー・松尾潔の初小説『永遠の仮眠』の表紙カバーに登場

■「デビューをきっかけに知り合ったダンス好きの大学生が、10年後には、誰もが知る俳優として、私のデビュー小説の表紙カバーに登場する。この事実こそ物語の名に値するのかもしれない」(松尾潔)

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が、『永遠の仮眠』(松尾潔・著)の表紙カバーに登場する。

第50回日本レコード大賞をはじめ、数々の受賞歴を持つ日本を代表する音楽プロデューサーの松尾潔。2月17日、初小説となる『永遠の仮眠』を新潮社より発売する。

音楽プロデューサーとシンガーの邂逅を通じ、音楽業界の内実を克明に描いた今作。その表紙カバーに、松尾がデビュー曲をプロデュースした三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典を起用。その表情に注目だ。

■松尾潔と岩田剛典の関係、起用の理由
岩田は、2010年に三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとしてデビュー。グループのメンバーを決めるオーディションで審査員を務めたのが松尾だった。デビュー当時、まだ大学生だった岩田との交流は、松尾に強い印象を与えた。

本書のストーリーでも主人公の悟は新人発掘オーディションの審査員をし、デビューさせたシンガー・義人のプロデュースをする。作中の重要な人間関係とふたりの関係性には共通項があった。

デビュー前からお互いを知る深い関係性と、作品との共通項から、表紙カバーで「登場人物の憂いや不安を演じてほしい」と切望し、真っ先に松尾の頭に浮かんだのが、岩田だった。

■岩田剛典 コメント
主人公である音楽プロデューサーとシンガーがスタジオで交わす会話は、本当にリアル。派手ではない、地味な会話の積み重ねで、信頼関係は培うから。自叙伝のような感覚で読みました。

■今市隆二 コメント
松尾さんが小説を書かれると聞いて胸が躍りました。三代目 J SOUL BROTHERSのデビュー曲「Best Friend’s Girl」は松尾さんプロデュース。松尾さんが手掛ける歌詞は技術的な部分はもちろん、時にはストレートな言葉を使い、物語をしっかり心に届けてくれます。今回の小説では松尾さんが生きてきた証を感じました。物語の登場人物の運命がどうなっていくのか、ぜひ楽しんでください。多くの方に『永遠の仮眠』が届くことを願っています。

■登坂広臣 コメント
松尾さんがこのたび、初めて小説を発表されるということで、非常に楽しみにしていました。僕らのプロデュースをしていただいた楽曲の歌詞なども改めて読み返し、さらに松尾さんの描く世界観や思いなど、今作を通して強く感じることができました。

■松尾潔 コメント
◇表紙カバーに岩田剛典起用に関して
デビューをきっかけに知り合ったダンス好きの大学生が、10年後には、誰もが知る俳優として、私のデビュー小説の表紙カバーに登場する。この事実こそ物語の名に値するのかもしれない。

■担当編集者 コメント
著者の松尾潔さんは、音楽プロデューサーのトップランナーですが「音楽業界のリアル」は小説だからこそ表現できるものでした。これまでの松尾さんとアーティストとの関係性は本書の中に、否応なしにあらゆる形でにじみでています。業界内にしか知られていないヒットドラマと主題歌の利害が複雑に絡み合う現実も、小説だからこその膨らみをもたせて描かれており、音楽という巨大産業の裏側をこれほどリアルに描いた作品は他にありません。
「僕たちは、つねに何かを取り戻し続けなければならない」という想いのもと書かれた本書は、コロナ禍でたくさんの想いが失われている現在、まさにこの社会的喪失を予期していたかのようです。
本書に登場する、すでに名声を得た主人公の音楽プロデューサーは初期衝動や夫婦の絆を、一度は栄華を極めたシンガーは初心を、取り戻そうともがきます。歩んできた道に悔いがあっても、これから先の人生をどう進むか次第で、過去をも変えられるという強い物語性には誰もが心を揺さぶられます。


書籍情報

『永遠の仮眠』
松尾潔・著
発売日:2月17日
造本:四六判(288ページ)
本体定価:1,700円(税別)
(C)新潮社


『永遠の仮眠』詳細はこちら
https://www.shinchosha.co.jp/book/353841/

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
https://jsoulb.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人