JUJU、『THE FIRST TAKE』で名曲「やさしさで溢れるように」を一発撮りパフォーマンス

■オリジナルのプロデュースを務めた亀田誠治(b)と、当時、録音を共にした斎藤有太(p)を迎え、JUJUのボーカル×ベース×ピアノによる初の編成で一発撮りを敢行!

YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』の第82回として、JUJU「やさしさで溢れるように / THE FIRST TAKE」が公開された。

『THE FIRST TAKE』は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。昨年にローンチし、チャンネル登録者が316万人(※1月7日時点)を突破、さらに動画総再生数が6億8,000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

グローバルチャンネルとしての注目度も高く、また最近では、J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』とコラボレーションしたラジオのレギュラー番組『THE FIRST TAKE MUSIC』の放送が始まり、さらに配信専門レーベル『THE FIRST TAKE MUSIC』の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション『THE FIRST TAKE STAGE』を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルだ。

第82回は、唯一無二の歌声を持つシンガーJUJUが初登場。自身の代表曲でもあり、2020年大晦日に放送となった『第71回NHK紅白歌合戦』での歌唱も話題となった「やさしさで溢れるように」を披露している。

今回『THE FIRST TAKE』で披露するにあたり、オリジナルのプロデュースを務めた亀田誠治(b)と、2009年のオリジナルリリースの際に録音を共にした斎藤有太(p)を迎え、ボーカル・ベース・ピアノによる初の編成で一発撮りを実施。

“どんなことが起こるかわからない世の中でも、どんなことが訪れたとしても、あなたを包むすべてがやさしさで溢れる2021年になりますように”という想いが込められたパフォーマンスに注目だ。

JUJU コメント
真っ白の空間で一回だけ歌ってくださいと言われることは人生で初めてですし、亀田誠治さんと斎藤有太さんと3人編成というのも今回初めてだったので、緊張はありつつもとても贅沢な時間を頂いたなと思います。
2021年がどんな年になるかはわからないけれど、この曲が伝えたいメッセージそのまま、みなさまを包むすべてがやさしさで溢れる2021年になりますように…。

ありがとうございました!!


リリース情報

2020.09.30 ON SALE
SINGLE「奏(かなで) / LA・LA・LA LOVE SONG」

2020.10.21 ON SALE
ALBUM『俺のRequest』


『THE FIRST TAKE』YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Instagram(@the_firsttake)
https://www.instagram.com/the_firsttake/

『THE FIRST TAKE』OFFICIAL Twitter(@The_FirstTake)
https://twitter.com/The_FirstTake

『俺のRequest』特設サイト
https://www.jujunyc.net/Request4/

JUJU OFFICIAL WEBSITE
http://www.jujunyc.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人