「すげー男心くすぐる」「着々と、沼」。Da-iCE × BLUE ENCOUNT共同制作の新曲「Revolver」にコメント殺到

■早くもライブでの実演が熱望される、Da-iCE×ブルエン新曲「Revolver」

ダンス&ボーカルグループDa-iCE(ダイス)が年越しカウントダウンライブ『Da-iCE COUNTDOWN LIVE 2020-2021』のアンコールでサプライズ初披露した、人気ロックバンド・BLUE ENCOUNTと共同制作した楽曲「Revolver」のライブ映像を早くも公開した。

「Revolver」は、昨年8月より続いた6カ月連続リリースのラストを飾るニューアルバム『SiX』に収録される新曲で、作曲をBLUE ENCOUNTの田邊駿一(vo、g)とDa-iCEの工藤大輝、作詞を工藤大輝、編曲・演奏をBLUE ENCOUNTが担当。攻撃的なROCKナンバーをDa-iCEがパフォーマンスすることで、まさにロックバンドとダンス&ボーカルとのコラボレーションが実現した一曲となっている。

公開直後からSNSなどでは、

「ブルエンとDa-iCEとかもう神でしかない!!」
「初めて聞いた時最高にブルエン節聞いてて感動した……ぜひブルエンとのコラボで生バンドで聴きたい!」
「生歌でこんなブレずに歌えてほんと日本の宝」
「レベチのひと言に尽きる……」
「LIVEの時とカメラワーク違うから新鮮!」
「ベストアルバム的なオリジナルアルバム最高じゃん!聴きごたえ観ごたえ充分!ぜったい買う!」
「Da‐iCEとBLUE ENCOUNTとか好き×好きすぎて最高です!!!」
「心の底からDa-iCEもっとみんなに知ってもらいたい!」
「まじでかっけぇぇぇの笑。なんていうか、自分が男子で同性からみてもかっこいいってなる感じの!」
「すげー男心くすぐる!」
「着々と、沼。(ワンピと極主婦道かで知ってはや2カ月どっぷりハマってしまった)」

など、Da-iCEファンだけでなく、ブルエンファンや男性やあらたなファンからの歓喜の声で溢れている。

なお、元々親交のあった工藤大輝と田邊駿一は今回のコライト制作に対し、以下のようなコメントを発表している。

【BLUE ENCOUNT 田邊駿一(vo、g)コメント】

「Revolver」が生まれたきっかけは、大輝くんと何の気なしにスタジオに一緒に入ってみようというところから始まって出来上がった曲です。 パッションが合ったというか Da-iCEが降りてきたというか(笑)。

ロックバンドだけの趣向というよりは、ダンス&ボーカルグループの曲をロックバンドが作るとどうなるかということも考えながら作ったので、どんなパフォーマンスになるのか、楽しみで仕方ありません。生音のバンドサウンドで踊ってもらえるのかという心配と同じぐらい期待もあるので、いつか一緒にセッションや共演ができたらうれしいです。

その時は「DREAMIN’ ON」も演奏します! それか……ダンサーとして出演させてください(笑)。

【Da-iCE 工藤大輝 コメント】

ロックテイストの楽曲はこれまでもありましたが、ロックバンドのアーティストの方にアレンジ含めた生演奏までしていただくのはDa-iCEとしても初めてのことなので、あらたな一面を見せられたと思っています。

今回、BLUE ENCOUNTの皆さんが「Revolver」のレコーディングをしているスタジオにお邪魔もさせていただいたのですが、そういった経験も初めてのことだったので、良い刺激にもなりましたし、何よりも一緒に楽曲を作ることができて本当に楽しかったです。

歌詞については、FPSやTPSのゲームから着想を得て、人生とかけて書き上げました。(今回のアルバムは)“6”がテーマなので、6発の銃弾という意味で“Revolver”とさせてもらいました。いつかBLUE ENCOUNTの皆さんとこの楽曲で共演させていただける日が来たら良いなと思っています。ライブでのパフォーマンスをお楽しみに。


リリース情報

2021.01.20 ON SALE
ALBUM『SiX』



Da-iCE /「Revolver」Live Movie
https://youtu.be/Cc-_9oHouj0

Da-iCE OFFICIAL WEBSITE
https://da-ice.jp

Da-iCE OFFICIAL YouTube
https://www.youtube.com/c/DaiCECH

Da-iCE STAFF Twitter
https://twitter.com/Da_iCE_STAFF

Da-iCE_STAFF Instagram
https://www.instagram.com/da_ice_staff/


BLUE ENCOUNT

アルバム『SiX』ジャケット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人