星野源、東京事変、あいみょん、ミスチル……。超濃厚内容で2020年を締めた12月のミュージックステーション

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム『月刊 レジーのMステ定点観測』。

12月のMステは11日の2時間スペシャル、そして25日の6時間を越える大型特番『MUSIC STATION ウルトラSUPERLIVE 2020』の2回ということで、放送回数は少ないもののMステ的には非常ににぎやかな月となりました。

前後編でお届けする今回、まずはクリスマスのビッグイベントの模様を振り返ってみたいと思います。

 

『ウルトラSUPERLIVE 2020』のさすがMステ!だったポイント

17時に始まって23時を回ったころに終了した25日の『ウルトラSUPERLIVE 2020』。エンディングでタモリが「6時間を越えるとは聞いていなかった……」とぼやいていましたが、かなりのボリューム感の放送となりました。最近のMステはVTR企画などが多く、番組としての密度がどうにも薄く感じることが多いのですが、この日はアーティストのパフォーマンスがぎっしり詰まった構成。また、“今年の顔”的な存在も的確に揃えていて、中だるみの少ない充実した内容だったと思います。

たくさんの見どころがありましたが、2020年を象徴する……という意味で言うと、瑛人「香水」、DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」、あいみょん「裸の心」の並びが良かったです。DISH//の北村匠海と瑛人が同じ年という意外? な事実が判明したり、「猫」の作詞作曲を手がけたあいみょんがその後のパフォーマンスへの期待を語ったり、トークパートも見ごたえがありました。

また、コロナ禍においてSNS上を活気づけた「うちで踊ろう」を披露した星野 源のステージも素晴らしかったです。この日東京事変としても出演した長岡亮介やOKAMOTO’Sのハマ・オカモトらを従えたスーパーバンドとともに、リラックスしたムードながらもハイクオリティなパフォーマンスを見せてくれました。

星野 源が4年前にリリースされた代表曲「恋」を今のモードにアレンジし直して演奏していたのに対して、楽曲も含めて自分たちの最新の状況を見せるのに振り切っていたのがMr.Children。先日リリースされたばかりのアルバム『SOUNDTRACKS』収録の「Birthday」「Documentary film」を瑞々しく響かせました。

Mr.Childrenや星野 源らと同様に大みそかの紅白出演を控えているBABYMETALも、17時台という早めの時間帯の放送ではありましたが画面越しにもその迫力が伝わってくるパワフルなパフォーマンスを披露。SU-METALの歌はどこまでうまくなるんだろう? なんてことを考えてしまうくらい、メタルサウンドに乗る彼女の声の伸び方はいつ聴いても気持ちいいです。

そんななか、最も印象に残ったのは、先日亡くなった筒美京平の追悼といった意味合いも込められた小沢健二のステージでした。この日披露された筒美京平との共作曲「強い気持ち・強い愛」は、冒頭に昨年リリース「彗星」の歌い出し“そして時は2020 全力疾走してきたよね”を盛り込み、さらには筒美京平やタモリ、小沢健二の複数の楽曲でドラムを叩いてきた東京スカパラダイスオーケストラの青木達之(1999年に亡くなっています)の名前を挙げ、「困難の2020年から2021年へ」「来年こそは!」というメッセージで締める……という過去、現在、未来を繋ぐ素晴らしいものでした。

2017年の「流動体について」で日本での音楽活動を改めて本格化させた小沢健二は、それ以降たびたびMステでインパクトのあるパフォーマンスを展開してくれていますが、この日のステージはそういった一連のMステ出演のなかにおいてもトップクラスに素晴らしいものだったのではないでしょうか。

アーティストのパフォーマンスにフォーカスする形で6時間を乗り切ったこの日のMステは、「なぜこのVTR企画?」といった疑問を差し挟む余地の少ない見ごたえのあるものでした。一方で、やっぱりこの辺は……? という部分もあったりもしたので、[後編]ではあの国民的グループのラストの話題と合わせてそういった点にも触れていきたいと思います。

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2020年12月11日放送分 出演アーティスト】
Little Glee Monster「Dear My Friend feat. Pentatonix」
AI「Not So Different Remix feat. Awich」
秦 基博「泣き笑いのエピソード」
福山雅治「革命」
King & Prince「I promise」
LiSA「炎」
嵐 メンバー本人が厳選した11曲

【2020年12月25日放送分 「ウルトラSUPER LIVE2020」出演アーティスト】
[Alexandros]「風になって」
E-girls「Follow Me」「Merry × Merry Xmas★」「北風と太陽」
AKB48「予約したクリスマス」「言い訳Maybe」
A.B.C-Z「終電を超えて~Christmas Night」
櫻坂46「Nobody’s fault」
ジャニーズWEST「週刊うまくいく曜日」
Jr.EXILE「WAY TO THE GLORY」
SixTONES「ST」
SEKAI NO OWARI「silent」
Sexy Zone「NOT FOUND」
DA PUMP「Fantasista~ファンタジスタ~」
東京スカパラダイスオーケストラ「ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平」
日向坂46「アザトカワイイ」
BABYMETAL「Distortion (feat. Alissa White-Gluz)」
aiko「ハニーメモリー」
いきものがかり「ブルーバード」
コブクロ「卒業」
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「FEARS」
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「RISING SOUL」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「You & I」

●ジャニーズトンチキ名曲メドレー●
関ジャニ∞「∞SAKAおばちゃんROCK」
関ジャニ∞×NEWS×Sexy Zone×ジャニーズJr.「デカメロン伝説」
Sexy Zone「バィバィDuバィ~See you again~」
NEWS「チュムチュム」

Perfume「Time Warp」
マカロニえんぴつ「恋人ごっこ」
三浦大知「Antelope」
milet「Who I Am」
小沢健二「強い気持ち・強い愛」
KAT-TUN「僕らの街で」
関ジャニ∞「Re:LIVE」
Kis-My-Ft2「ENDLESS SUMMER」

●クリスマスメドレー●
AI「ハピネス」
CHEMISTRY「My Gift to You」
BoA「メリクリ」

Superfly「覚醒」

●「題名のない音楽会」×ディズニー名曲メドレー●
高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「いつか王子様が」
Toshl×石丸幹二「美女と野獣」
Toshl×高嶋ちさ子×石丸幹二「星に願いを」

NEWS「ビューティフル」
乃木坂46「Route 246」
HIKAKIN & SEIKIN「光」
Foorin「パプリカ」
Hey! Say! JUMP「ナイモノネダリ」
Uru「あなたがいることで」
瑛人「香水」
KinKi Kids「新しい時代」
King & Prince「I promise」
King Gnu「三文小説」
ゴールデンボンバー「女々しくて」
DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」
NiziU「Make you happy」
ビリー・アイリッシュ「bad guy」
V6「It’s my life」
LiSA「紅蓮華」
Little Glee Monster「足跡」
あいみょん「裸の心」

<カバーソングメドレー>
JUJU「奏(かなで)」
広瀬香美「Pretender」
宮本浩次「First Love」
森七菜「スマイル」

久保田利伸「Boogie Ride」「LA・LA・LA LOVE SONG」
東京事変「青のID」「閃光少女」
Toshl 視聴者が選ぶ“カバーしてほしい女性アーティストの冬うた”
福山雅治「虹」「革命」
星野源「うちで踊ろう」「化物」「恋」
嵐 スペシャルメドレー
EXILE「RED PHOENIX」「Choo Choo TRAIN」
Mr.Children「Birthday」「Documentary film」
MISIA「THE GLORY DAY」
LiSA「炎」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人