宇野実彩子(AAA)、『Uno Museum』に降臨!「私だらけなので、フォトスポットはちょっと恥ずかしい(笑)」

■「フォトブックの写真から、ポジティブなパワーを受けとってください」(宇野実彩子)

宇野実彩子(AAA)初のファンブック『Uno Book』の世界に飛び込める展覧会『Uno Museum』が、東京・渋谷マルイと大阪・心斎橋オーパにて絶賛開催中だ。

ハワイの大自然の中で撮影した開放感のある姿と、東京の街中で撮り下ろした大人な魅力溢れる宇野実彩子の、2つの顔を特大パネルで楽しめる『Uno Museum』。

未公開カットの展示や、一緒に写真を撮れるフォトブースも多く設けられており、ファンにはたまらない空間となっている。

実際に『Uno Museum』を堪能した宇野実彩子からのコメントも到着。

宇野実彩子 インタビュー
Q:『Uno Museum』を観てみた感想はいかがでしたか?
特大パネルはすごい迫力で、こんなに素敵に展示していただけて、とてもうれしかったです。ハワイでの写真も、東京での写真もとても色鮮やかで、写真のパワーが1枚1枚から感じられるなと思いました。どこを見渡しても写真に囲まれていて、本の中に飛び込んだような世界なので、楽しいスペースに仕上がっていると思います。

Q:展覧会を観ていて、特に懐かしく感じたカットはありましたか?
今、ハワイにはなかなか行くことができないのが現状なので、行ったときのことをより強く思い出した気がします。本当に気持ちよかったし、行けないからこそ、いっそう懐かしく感じました。写真の大きさも相まって、ポジティブなパワーがあるスペースになっているので、ハワイの雰囲気を感じつつ、パワーチャージしながら写真を観てもらえたら嬉しいです!

Q:ハワイの写真からは一転、東京での写真はいかがでしたか?
ナチュラルな私と東京での仕事モードな私という2面性が、この空間を作ってもらったことにより、いっそうわかってもらいやすくなっているんじゃないかな。メイクもこの大きい写真だと、よりぐっと近くで見ることができたりもするので、そういった部分もじっくり観て、楽しんでもらえたらいいなと思いました。

Q:フォトブースもたくさん用意されていますが、自分と撮ってみた感想は?
私だらけなので、フォトスポットはちょっと恥ずかしいですが…(笑)、なかなか催しものができない中で、こうやってミュージアムをやってもらえる、開催していただけることにも感謝がいっぱいですし、皆さんの思い出に残るものになればいいなと思っています。会ったような気分になってもらえるんじゃないかな。

Q:ミュージアムへ来てくださるファンの皆さんへメッセージをお願いします。
フォトブースで一緒に撮影して思い出を残してもらって、SNSに載せてもらえたら、私も見に行けるし、そういった交流で繋がることができたらいいなと思っています。今、私がここに来て、みんながまた同じ場所に来て…会えたような感覚にもなってもらえると思うので、ぜひ遊びに来てくれたらうれしいです。フォトブックの写真からポジティブなパワーを受けとってください。


イベント情報

『Uno Museum』
12/08(火)〜27(日)東京・渋谷マルイ5階特設会場
12/15(火)〜27(日)大阪・心斎橋OPA9階 OPAギャラリー


リリース情報

2021.12.24 ON SALE
DIGITAL SINGLE「きみとぼく」

2021.01.06 ON SALE
MINI ALBUM『Sweet Hug』


配信情報

MISAKO UNO Year-end Party 2020 & Premium Live ~離れていても ギュッとHUGしてSWEETな夜~
12/28(月)20:00~21:15

MISAKO UNO after party ~あともうちょっとだけHUGしませんか?~
12/28(月)21:30~22:30


『Uno Book』の詳細はこちら
https://unobook.jp/

「きみとぼく」配信リンク
https://avex.lnk.to/unomisako_kimitoboku

『MISAKO UNO Year-end Party 2020 & Premium Live ~離れていても ギュッとHUGしてSWEETな夜~』の詳細はこちら
https://www.openrec.tv/ppv/misakouno_20201228

宇野実彩子 OFFICIAL WEBSITE
https://avex.jp/uno/

AAA OFFICIAL WEBSITE
https://avex.jp/aaa/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人