眞栄田郷敦×渡邉美穂(日向坂46)出演、新春ドラマ『星になりたかった君と』主題歌を“神はサイコロを振らない”が書き下ろし

■「神サイの『夜永唄』という曲がすごく好きで、ドラマの台本を読んだときに、ぴったりじゃないかな、主題歌にならないかなと思っていたので、すごくうれしかったです」(眞栄田郷敦)

神はサイコロを振らない(通称、神サイ)が、2021年1月4日・5日と2夜連続で放送される日本テレビ新春ドラマ『星になりたかった君と』で主題歌を務めることが決定した。主題歌「クロノグラフ彗星」は、神はサイコロを振らないにとって初のドラマ主題歌となる。

『星になりたかった君と』は、第1回令和小説大賞で大賞を受賞した、遊歩新夢の『星になりたかった君と』が原案のラブストーリーで、今回、実写ドラマ化。人生につまずき迷い続ける秀星(しゅうせい)と、心臓病で入退院を繰り返し将来が見えない那沙(なさ)。星に魅せられたふたりの運命的な出会いから始まる物語だ。

ドラマ放送直後から、あらたなシーンを盛り込み、地上波放送版とは違った展開やエンディングが楽しめる、Huluオリジナルストーリー『星になりたかった君と~もうひとつの物語~』も配信されることも話題だ。

主人公・秀星を演じるのは、2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビュー。続いてドラマ『ノーサイド・ゲーム』『私の家政夫ナギサさん』(ともにTBS)など話題のドラマでフレッシュな存在感を見せてきた眞栄田郷敦。本作で満を持して、地上波ドラマ初主演を果たす。ヒロイン役で、日向坂46の渡邉美穂が出演することも話題となっている。

「世界はひとつなのか、それとも全く違う世界があるのか」

運命に翻弄され、あるいはそれに逆らい、複雑に絡まったふたりの時間が動き出していく。星と恋と未来と運命――会いたい人に、ただ、ただ、会いたくなるラブストーリーに、神サイが色を添える。

楽曲タイトルの「クロノグラフ彗星」はドラマの中で象徴的なキーワード。薮内省吾監督は、「主人公の鷲上秀星(眞栄田郷敦)の”愛と勇気”のテンションを見事に表現してくれている楽曲となりました。秀星と那沙の、次元を超えて想い合う気持ち、もしかしたらふたりは何度も何度も出会いを繰り返しているかもしれないという不思議な運命、未知なるパラレルワールドの謎。そうしたすべての要素が『クロノグラフ彗星』には詰まっています。僕は、この曲を、あらゆる秘密が混じり合っている“祈りの曲”として主題歌で使用させていただきました。エンディングでかかるこの曲のカタルシスを感じてほしいと思います」とコメント。ドラマのストーリーとともに神サイが歌う主題歌「クロノグラフ彗星」にも期待がかかる。

さらに、眞栄田郷敦が出演する「クロノグラフ彗星」のミュージックビデオの制作が決定。先日撮影が行われた。「世界はひとつなのか、それともまったく違う世界があるのか」という、ドラマの世界観であるパラレルワールドをミュージックビデオでも表現。

神サイの演奏シーンはもちろん、ドラマ本編映像も使用。眞栄田郷敦と神サイメンバーの運命が交錯していくシーンもあり、1曲を通して見どころ満載のミュージックビデオになっている。ミュージックビデオは、ドラマ放送初日の1月4日に公開予定となっている。

神はサイコロを振らない「クロノグラフ彗星」は、1月4日にデジタルリリース。本日より、Apple MusicのPre-add、SpotifyのPre-saveがスタートとなっている。

■眞栄田郷敦 コメント
このたび、初主演を務めさせていただいた作品の主題歌を、僕がもともと好きだった神はサイコロを振らないの皆さんに書き下ろしていただきました。
神サイの「夜永唄」という曲がすごく好きで、ドラマの台本を読んだときに、ぴったりじゃないかな、主題歌にならないかなと思っていたので、すごくうれしかったです。
「クロノグラフ彗星」を初めて聴いたときには、撮影したドラマシーンを想像してぴったりハマっていると思いました。
ミュージックビデオの撮影中に生で曲を聴かせていただいたときには、鳥肌が立ちました。気に入って、ずっと口ずさんでいます。
ミュージックビデオにも、ドラマのパラレルワールドのような世界観が入っているので、観ていくうちに想像が膨らんで面白い演出になっていると思います。ぜひ、観ていただきたいです。

■薮内省吾監督 コメント
MVのテーマは”パラレルワールド”です。
『星になりたかった君と』のもうひとつのテーマが”パラレルワールド”なので、それを踏襲しています。
我々がオリジナルと思っているこの世界は、実はパラレルワールドの可能性があるという物語です。
そしてこのMVには“胡蝶の夢”のテーマも盛り込んでおり、柳田さんがMV中で見た夢は、果たして本当に夢だったのか? 夢の中で誰になっていたのか? という視点も作っています。
もっと言えば、このMV自体がドラマのパラレルワールドを表現しているので、ドラマを観た人は現実と虚構の不思議な世界観を感じることができると思います。
現実世界とパラレルワールドの臨界点で鳴り響いている音楽が、この「クロノグラフ彗星」なのです。
最後に、ドラマ『星になりたかった君と』に出てくる“クロノグラフ彗星”とは、次元と次元を結ぶ彗星の名前であり、その彗星の座標を発見すればパラレルワールドの入り口へと導かれる、という設定になっています。

■神はサイコロを振らない・柳田周作 コメント
台本がクシャクシャになるほど何度も読み、この物語の世界で生きるひとりになったつもりで、今回書き下ろしさせていただきました。“運命” “幻” “宇宙” “未来”など、ドラマを構成する上で重要なキーワードを歌詞に落とし込んでいくなかで、気がつけば“神はサイコロを振らない”というバンドの在り方そのものとうまく重なり合い、楽曲とドラマの親和性も含め素晴らしい作品に仕上がったと自負しています。


番組情報

日本テレビ 新春ドラマ『星になりたかった君と』
2021年
01/04(月)24:59~25:29
01/05(火)24:59~25:29
原案:遊歩新夢 『星になりたかった君と』
出演:眞栄田郷敦 渡邉美穂(日向坂46) 板垣瑞生 高月彩良 嶋田久作
監督:薮内省吾
脚本:武井彩
プロデュース:植野浩之
プロデューサー:横山祐子 梶原富治(Robot)
制作:南波昌人
制作プロダクション:Robot
製作・著作:日本テレビ
主題歌:神はサイコロを振らない「クロノグラフ彗星」(ユニバーサルミュージック)
(C)NTV


配信情報

Huluオリジナルストーリー『星になりたかった君と~もうひとつの物語~』
2021年
01/04(月)25:29〜
01/05(火)25:29〜

【STORY】
関東一帯でたびたび起きる大規模な通信障害。それは偶然か必然か……。
天文学者になることを夢見ながら、人生に思い悩む大学休学中の鷲上秀星(眞栄田郷敦)と、心臓を患い余命いくばくもない琴坂那沙(渡邉美穂)。他人に心を開くことがないふたりは、いつも星に魅せられていた。ある日、同じプラネタリウムを見にきていたところで偶然出会い、ふたりの運命は交錯していく。
「私は星になりたい」そんな那沙に少しずつ惹かれていく秀星。徐々に心を通わせていく中で、秀星はある事実を知ることになる。
そして、秀星の祖父・貴生(嶋田久作)が密かに研究しているパラレルワールドの理論の完成も間近に迫る頃、那沙の病状が悪化、姉の詩織(高月彩良)は手術をする決断を迫られ……。
そんななか、謎の青年ナユタ(板垣瑞生)が那沙の前に現れる。


リリース情報

2020.11.27 ON SALE
神はサイコロを振らない
DIGITAL EP『文化的特異点』

2021.01.04 ON SALE
神はサイコロを振らない
DIGITAL SINGLE「クロノグラフ彗星」


『星になりたかった君と』番組サイト
https://www.ntv.co.jp/hoshikimi/

「クロノグラフ彗星」配信リンク
https://kamisai.lnk.to/chronoPR

神はサイコロを振らない OFFICIAL WEBSITE
https://kamisai.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人