レコ大、「特別賞」「特別国際音楽賞」からUru、NiziU、松田聖子、BTSの出演が決定!

2020.12.23

■「特別功労賞」を受賞した服部克久さんと筒美京平さんの追悼企画も!

年末恒例の『第62回 輝く!日本レコード大賞』が、TBSにて12月30日17時30分から22時までの4時間半にわたって、東京・渋谷の新国立劇場から生放送される。なお、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われる。

先日、2020年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など、各賞受賞者および楽曲が発表。番組の司会には、安住紳一郎TBSアナウンサーと女優の吉岡里帆が決定している。

そしてこのたび、今年度に話題となり注目され受賞した「特別賞」「特別国際音楽賞」からアーティストの出演および歌唱曲が決定した。

「特別賞」からは、Uruが今年1月期のTBS 日曜劇場『テセウスの船』の主題歌で話題となった「あなたがいることで」と最新曲「振り子」の2曲を、NiziUは世界配信累計1億回再生を突破したプレデビュー作のリードトラック「Make you happy」を披露。松田聖子は名曲「SWEET MEMORIES」の日本語バージョンを国内初披露するほか、最新曲「風に向かう一輪の花」も歌唱する。

そして、「特別国際音楽賞」を受賞したBTSは、全米ビルボードチャートNo.1を獲得した「Dynamite」と「Life Goes On」を韓国からパフォーマンス。
※先月肩の手術を受けたSUGAは、治療に専念するため今回のステージには出演しません

また、日本の音楽界、レコード大賞に多大なる貢献をし、今年惜しまれつつも亡くなり「特別功労賞」を受賞された方々の中から追悼企画を送る。

服部克久さんは息子の服部隆之指揮で、昭和時代に人気を博した音楽番組『ザ・ベストテン』から「ザ・ベストテンのテーマ」をバンド演奏で披露。

筒美京平さんは、手がけた名曲の数々を、TBSに残る秘蔵映像とともに振り返る。

年末の音楽の総決算となる『第62回 輝く!日本レコード大賞』は12月30日17時30分から放送。当日に決定する「最優秀新人賞」「レコード大賞」はどのアーティストになるのか。「特別栄誉賞」を受賞した嵐の活動休止前「レコ大」初パフォーマンスにも注目だ。

■『第62回 輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者&受賞曲
【優秀作品賞】
「I’m Here」 三浦大知
「愛をください~Don’t you cry~」 純烈
「足跡」 Little Glee Monster
「香水」 瑛人
「世界中の隣人よ」 乃木坂46
「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」 DISH//
「離れていても」 AKB48
「母」 氷川きよし
「Fantasista~ファンタジスタ~」 DA PUMP
「炎」 LiSA
※曲名50音順

【新人賞】
真田ナオキ
Novelbright
豆柴の大群
Rin音
※50音順

【特別栄誉賞】

【特別賞】
Uru
鬼滅の刃
NiziU
松田聖子
米津玄師
※50音順

【特別国際音楽賞】
BTS

【特別功労賞】
梓みちよ
小林信吾
ジャッキー吉川
筒美京平
服部克久
弘田三枝子
前田俊明
丸山雅仁
※50音順

【最優秀歌唱賞】
福田こうへい


番組情報

TBS『第62回 輝く!日本レコード大賞』
12/30(水)17:30~22:00 ※生放送
総合司会:安住紳一郎(TBSアナウンサー)吉岡里帆
ナレーション:ジョン・カビラ


『第62回 輝く!日本レコード大賞』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/recordaward/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人